前の記事 » 
次の記事 » 

早稲田大学を目指す人なら知っておきたい!~創造理工学部編~

  公開日:2017/12/27
最終更新日:2018/01/26

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の岩佐です。

今回は理工学術院に同じく設置されている「創造理工学部」についてお話していきます。

早稲田大学受験を目指すなら知っておきたい!~基幹理工学部編~


https://www.yotsuyagakuin.com/b_geneki/waseda-rikou-3/

創造理工学部は化学技術による豊かな社会の創造を目指す〕

創造理工学部は、現代の社会が抱える問題の具体的な解決策を科学技術の観点から研究する学部です。
設置学科は5つあります。

総合機械工学科
環境資源工学科
建築学科
社会環境工学科
経営システム工学科

基幹理工学部や先進理工学部との大きな違いは、より「現場」に近い、つまり社会や生活に直結したかたちで研究を進めていくことができる点です。

創造理工学部は入試科目に注意

創造理工学部の入試には2点気をつけなければいけないことがあります。

理科の選択科目

創造理工学部では理科2科目の受験が必要です。
また、理科2科目は『物理+化学』と指定されています。『化学+生物』や『物理+生物』では受験ができない、ということです。

空間表現(デッサン)の試験

創造理工学部 建築学科の入試では空間表現(デッサン)が課されます。

まずは英語・数学・理科の対策を行なうことが最優先ですが、どのような問題が出題されているか、過去問は必ず確認しておきましょう。
※過去の出題は、早稲田大学のホームページで公開されています。

空間表現の試験は筆記試験が行われる翌日に行なわれます。他の大学の入試とバッティングには気を付けましょう。

「得意科目選考」制度

創造理工学部の全学科と基幹理工学部(学系Ⅲ)の入試には得意科目選考という制度があります。
これは、各学科が指定する科目で、優れた能力があると判定されたときに、総合得点が合格点に到達していなくても合格となる制度です。
2017年度入試では89名が得意科目選考で合格しています。

早稲田大学創造理工学部のまとめ

創造理工学部には、特徴的な入試制度があります。
「あなたの強みが活かせる入試制度なのか」
「創造理工学部に合格するためにはなにが必要なのか」
しっかり把握した上で、受験しましょう。

四谷学院では、「受験のプロ」があなたの学習をアドバイスする「担任制度」があります。
四谷学院の担任は、進路情報はもちろん学習計画の立て方についても、受験のプロとして的確なアドバイスをしていきます。
詳しくはホームページをご覧ください。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ