前の記事 » 
次の記事 » 

ケアレスミスから逃げるな

  公開日:2017/08/08
最終更新日:2018/01/30

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の奥野です。

みなさんはテストや模試で間違えた問題があるとき、「ここはケアレスミスだな」と考えたことはありますか?

単純に日本語に訳すと「不注意な誤り」くらいの意味ですが、今日はこのケアレスミスについてお話ししていきます。

ケアレスミスを言い訳として使っていない?

冒頭のように「ここはケアレスミスだな」と考えたことがある人は、たくさんいますよね。

ですが、最近思うことがあります。
「ここはケアレスミスだな」と考えるとき、みなさんはケアレスミスを1つの言い訳のように使っていませんか?
すなわち、「ここはケアレスミスだな(だから深刻ではない、他と比べてまだ許される)」というニュアンスです。

ただの失点

確かに本当に不注意なミスというのは存在します。
例えば、マークシートで解答欄を1つずらしてマークしてしまったり、別の解答欄に書いてしまったり。
自分でも信じられないような不注意というのは、重要な場面でこそやらかしてしまったりしますよね。

ただ、特に入試本番に言えることですが、ケアレスミスとその他の間違いとで、何か差はあると思いますか?

あるわけがありません。
ケアレスミスもそのほかの間違いも、ただの失点です。
厳しいことを言うようですが、どちらも同じくらい合格から遠ざかるだけです。
(マークを1つずらしたレベルだと、ほぼ合格は不可能ですよね)

ケアレスミスも同じく分析しよう

同じ失点である以上、言い訳は許されません。

「ケアレスミスだから復習しなくていいや」
「ケアレスミスだから次は間違えないよ」
「ケアレスミスだから本当は〇点取れてる」

こう考えている人は今すぐにその考えは捨てましょう。
そう考えている人ほど、また次にも同じ「ケアレスミス」を繰り返すのです。
そしてまた同じように「ケアレスミスだから」と言い聞かせることになります。

いつまでたっても伸びるわけがないですね。
だからこそ、ほかの間違いと同じく分析と復習が必要なのです。

なぜそのような間違いが起きたのか、次からそれを防ぐには何が必要なのか。
そう掘り下げていくと、みなさんが「ケアレスミス」だと主張していたものの大半は、不注意によるものではなくなります。
きちんと原因があって間違えているのです。

本当の意味で実力を伸ばしたい人は、しっかり自分の「ケアレスミス」を見直してみましょう。

四谷学院について、詳しくはホームページでご確認ください。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 現役生の模試・テストの活用法  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ