前の記事 » 
次の記事 » 

東大受験対策を本気で考えるなら

  公開日:2018/03/28

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の片野です。
この記事では、東京大学を目指す方に向けて、東大の入試問題について簡単に解説します。

東大合格に必要な学力とは?

東京大学の入試において必要とされる学力は、
「他人が知らないことをより多く知っている」ということではありません。

ここが、大きく誤解されていることです。
文系教科に限って見てみても、「必要な知識の細かさ」だけに注目して見るのなら、一橋大学や早稲田大学、慶応義塾大学の方が、ずっとずっと「難しい」問題が入試で出題されているのです。

東大の入試問題で問われる力

では、東京大学ではどんな問題が出題され、どんな力が試されるのでしょうか?
それは大きく2つ。

【1】 誰もが知っている知識を元にして、誰もができなければならない問題を解決できる力
【2】 誰もが知っている知識を元にして、誰も見たことがない問題を考察できる

もうお気づきですね。

誰もが知っている知識が大前提にあるのです。

四谷学院「東大合格の方法論」

四谷学院では、「科目別能力別授業」と「55段階個別指導」のダブル教育を実施しています。

四谷学院の55段階の1stステップでは、「誰もが知っている(はずの)知識」を、本当に理解して身につけるための学習を行います。

そして、四谷学院の東大クラス授業では、「解答を自分で生み出す力」を指導していきます。
さらに「発想する力」を、助力なしに実践する場が55段階の2ndステップ以降です。

詳しくは、四谷学院ホームページの特設ページ「東大に本気で合格したいあなたへ」で熱く語っています。
東大を第一志望校にしているあなた!ぜひご一読を。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報 受験生としての心構え  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ