前の記事 » 
次の記事 » 

今のうちに知っておこう!大学の留学のシステムとは?

  公開日:2017/11/23
最終更新日:2018/01/17

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の片野です。

大学にいってやりたいこととして「留学」を挙げる受験生は少なくなりません。
留学は自分が取得した言語を試す貴重な体験ができるだけでなく、文化・生活にも直接触れることができます。
この記事は、知っておいて損のない一般的な留学システムをご紹介します。

留学の種類

留学には、その滞在スタイルによっていくつかの種類があります。

ホームステイ
・現地のホストファミリーの家で生活します。
・地域のさまざまな行事にも積極的に参加することができます。
交換留学
・大学間協定、姉妹都市の自治体によるものが多く、大学の寮で生活します。
・日本の大学で専攻している学問を、留学先の大学でも学ぶことができます。

留学期間

留学期間は、大きく「短期」「長期」があります。
期間によって、留学の目的も異なっています。

短期留学
期間:およそ1ヵ月。
目的:現地でのコミュニケーションを通して語学力向上を目指す。
長期留学

期間:半年以上。
目的:現地の大学で授業を受けることやインターンシップ(現地での仕事体験)を目的とする。

留学中の単位

留学先の大学で単位を取得した場合、日本の大学に戻ったときに、卒業単位として認定してもらえるケースがあります。
長期留学をしても大学を4年間で卒業することは可能です。ただし、認定の上限があることも。

また、留学先が協定を結んでいない大学の場合、日本の大学を休学することになるので、留学先で修得した単位を認定してもらえないこともあります。

留学の機会は全学部の学生に均等です。
しかし制度によっては、留学先で取得した単位が日本の大学では認定されない場合も。
事前にチェックしておきましょう。

外国語学部でなくても留学できます。
学び方、学びたい内容によって留学の方法を検討しましょう。

留学の費用

留学には、留学先の大学学費、滞在費、旅費などの費用が必要です。
おおよそ以下の金額が目安となります。

短期留学;平均20~30万円
長期留学;平均100万円~

留学をサポートする大学の給付制度などを、うまく活用しましょう。

〈例〉活用できる制度
●交換留学協定を結んでいる大学に留学する
(学費は在籍している大学もしくは留学する大学、どちらか納めればよいケースがほとんどなので二重に支払う必要がない。)
●大学の制度による留学奨学金の給付
●日本学生支援機構(JASSO)による支援

留学するために必要なもの

留学に必要な資格は特にありません。

ただし、交換留学制度や奨学金制度など、大学の制度を利用して留学する場合には、学内選考をパスする必要がある場合がほとんどです。

大学によってその基準や必要な試験は異なります。どの試験でどの程度の点数・級・スコア等の提出が必要なのか、またどの程度の語学力のレベルが必要なのかも確認しておきましょう。

〈学内選考の基準例〉

・TOEFLスコア PBT 520点、iBT70点以上
・TOEICスコア 650点以上
・英検 準1級・1級
・IELTS 総合5.5以上
・面接
・これまでの学内での成績  など

大学1年生でも海外留学は可能です。
ただし、学内選考の準備に当てられる期間が短いので、積極的な準備が必要です。

四谷学院では、自分にあった大学の選び方などの情報提供も、ガイダンスや個別面談で全面サポートします。
まずはお気軽にホームページをご覧ください。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報 受験生の悩み  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ