前の記事 » 
次の記事 » 

騙されていませんか?予備校の合格者数には嘘がある

  公開日:2018/02/17
最終更新日:2019/05/31

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは。スタッフの岡本です。
この時期になると浪人を決めて、予備校を探し始める人が増えてきます。

予備校を探すうえで、あなたならどういうポイントを重視しますか?

  • 通いやすさ
  • 自分に合っている
  • 実績
などなど。

大学に通うための受験。
その受験を乗り越えるための予備校を選ぶだけで、色々悩んじゃいますよね。

予備校の実績とは?

予備校の実績と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

大学進学率

一つは、予備校の実績=大学進学率と考える人がいます。
ですが、大学に進学したとはいえ、それが行きたくない大学とかだったら、それは実績なのでしょうか?

例えば、「大学進学率、驚異の100%!」と謳いながら、「第一どころか第二・第三志望ですらない大学にとりあえず合格した人ばかり」という実状だったらどう思います?
実績とは言えないですよね。
生徒一人一人が、本当に行きたい大学に行けてこその実績です。

合格者数

他には、有名大学(東大・京大・早慶など)にどのくらい合格したか。
いわゆる合格者数=予備校の実績と考える人もいます。

「この予備校は、東大合格者数が100人も!」
「あの予備校は、毎年のように安定して早慶合格者が出ている!」

そういう理由で、その予備校に通うという選択肢に飛びつく人が多いんです。

有名大学の合格者数が多いから実績がある?

実際に東大を目指している人が、東大合格者数が多い予備校を選ぶ気持ちはまだ分かります。(その選択自体も要注意なのですが、それは後で説明しますね)
ですが、東大を目指していない人が、「東大=すごい」「すごい大学に受かっている人が多いから自分も通おう」というのは、大きな過ちです。

自分が行きたいと思ってない大学の合格者数なんて、いったい何の意味があるのでしょう。
よくよく考えればわかります。何の意味もありません。

その合格者数、嘘かもしれません

そもそも、この「合格者数」という概念も霧のようにあやふやなものです。

「え?なんで?
合格者数なんだから、合格した数のことでしょ?
これ以上ないほど具体的なのでは?」

そう思うのも無理はありません。
実はここに、合格者数のマジック、大量の合格者数を謳えるカラクリが隠されているのです。

「合格者数=合格した生徒数」という考えは決して間違っていません。
重要なのは、「生徒」の方です。
つまり、何をもってその予備校の「生徒」と考えるのか?

予備校3つを例に見てみましょう。

予備校①
毎日登校している生徒の中で、実際に合格した生徒数
(通学している人=生徒)
予備校②
夏期講習を受講したことがある生徒の中で、実際に合格した生徒数
(講習のみ受けたことがある人+在籍生=生徒)
予備校③
模試を受験したことがある生徒の中で、実際に合格した生徒数
(模試を一度でも受験したことがある人+在籍生=生徒)

1は1でも意味が違う

ここまで見ると、もう「生徒」って何なのか分からなくなりますよね。
この考え方だと、実際は予備校①に通っているはずの人も、予備校②の講習や予備校③の模試を受けると、三つの予備校の生徒としてカウントされてしまうんです。

もちろん、その生徒が東大に合格したら、どの予備校でも「東大合格者1名」として扱われます。
それはさすがに嘘でしょ~と思いたくなるかもしれませんが、ホントの話です。

その証拠に、多くの予備校が我先にと公開している「東大合格者数」を全て合計してみてください。
なんと、実際の東大合格者よりも数が多くなるんです。

合格率も同じです。
母数である生徒の数自体が嘘なんですから、言うまでも無いですね。

予備校を探すときは、卒業生の体験記を読み、実際に足を運び、自分に合う予備校を探しましょう。四谷学院の体験記は、実際に1年間四谷学院に通って合格を勝ち取った先輩たちの生の声なのできっとあなたのこれからの勉強を助けるヒントがたくさん書いてあるはずです。参考にしてみてくださいね。

四谷学院では、実際の過去の卒業生の体験記も見せつつ、みなさんに合った勉強法を一緒に考えていくための説明会を毎日実施しています。

四谷学院には、あなたの学力を飛躍させる独自の方法論があります。
詳しくはホームページをご覧ください。

合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報 四谷学院について  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ