【大学入試 数学】2023年京都大学入試問題 注目の問題を解説!発想の柔軟性が問われる!

最終更新日:2023/08/29


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の数学担当、鈴木です。今回は、2023年度の京大入試から、注目すべき数学の問題をとりあげて解説してみようと思います。
京大志望の方もそうでない方も、一緒に解いてみましょう。

2023年京大入試 数学の問題

次の式の分母を有理化し、分母に3乗根の記号が含まれない式として表せ。

【文系用問題より 第1問 問2】

文系用の問題です。
京大文系数学では例年大問5題が出題されますが、今年度は第1問が問1と問2の無関係な問題で構成されていました。上の問題は第1問の問2にあたります。
問題を解く上で必要な知識はn乗根の意味だけですから、数学Ⅱ「指数関数・対数関数」を学習した高校1年生2年生なら取り組むことができます。

解説

「有理化」と言われれば、次のような変形を思い浮かべますよね。

なので、この問題でも
「分子と分母になにか同じものをかけて、分母から根号を消せばいいんだな」
と思う…のですが、さて何をかければいいのだろうと考えると、ちょっと見当がつかないですよね。3乗根がうまく消せる展開式が思いつければいいのですが、入試本番という時間の限られた状況ではなかなか厳しかったのではないかと思います。

ここで、発想の柔軟性が問われます。「有理化するために分子と分母に何か同じものをかける」のは、あくまで「分母から3乗根を消す」ための手段であって目的ではありません。うまい手段が思いつかないのなら、最終的な目標から解答を逆算すればよいのです。分母に含まれている3乗根は

で、

ですから、有理化した後に残っているのもこれらだろう、と予想できますよね。

解答

まとめ:2023年京都大学入試問題 注目の問題を解説!

京都大学の数学では、今回紹介したような「類題を解いた経験がないであろう問題」がしばしば出題され、解法暗記に頼らず自力で解法を導き出す力が要求されます。
京都大学の数学を攻略するために、パターンを暗記するだけでは得られない本質的な数学力をしっかりと鍛えておきましょう。

四谷学院ではプロの講師が各大学の特徴と傾向を解説し、合格に向けた道筋を示してくれます。
各大学の特徴をおさえて、得点力を磨いていきましょう。
お近くの校舎やオンラインで個別相談会を実施していますので、まずはお気軽にご参加ください。


大学受験合格ブログ編集部

このブログは、大学受験予備校の四谷学院の「受験コンサルタントチーム」「講師チーム」「受験指導部チーム」が担当しています。 大学受験合格ブログでは、勉強方法や学習アドバイスから、保護者の方に向けた「受験生サポート」の仕方まで幅広く、皆様のお悩みに役立つ情報を発信しています。

合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報 教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ