栃木で塾を探している方へ|大学受験に成功した先輩にインタビュー!学力を伸ばす方法 CASE 01【大学受験予備校 四谷学院】

  公開日:2020/08/05
最終更新日:2020/08/08

※この記事は約4分で読めます。

筑波大学に合格した四谷学院の先輩

このブログでは、栃木県在住で学習塾・予備校・オンライン授業をお探しの学生・保護者の皆様に、役立つ情報やヒントになる情報をお伝えします。

ずっと行きたかった大学に合格できた!

今回ご紹介するのは、栃木県下野市にある県立石橋高校に通っていたさんの合格ストーリーです。

さんは大学受験予備校の四谷学院に入学。
現役時代は86点しか取れなった英語を克服し、ずっと行きたかった筑波大学への合格を果たしました。

【滋賀】筑波・情報・知識情報・図書館

驚異的な伸びを実現した理由

彼女がそれほどまでの驚異的な伸びを実現した理由は5つあります。

1. 自分の理解度に合った授業を受けられたこと
2. 自分では気づけないミスをプロの先生に正してもらえたこと
3. 「採点者目線」で答案の書き方を教えてもらえたこと
4. 「記述力」を身につけられたこと
5. 入試直前まで指導が受けられたこと

合格者インタビュー

 実際に、お話を聞いてみました。


他の予備校ではダメだと思った

Q. なぜ四谷学院を選んだんですか?

理数系科目は解けるけど英語は大嫌いで基礎から苦手と、得意科目と苦手科目の差が激しかったからです。

他の予備校や塾からたくさんパンフが届いたり、「筑波大のコースがありますよ」という電話もよくきていましたが、私の場合は科目ごとにレベルを分けて勉強しないといけない、それには四谷学院がいいだろうなと思ったんです。

自分では気づけないミスを正してもらえた

Q. 実際の授業を受けていかがでしたか?

やっぱり科目ごとにレベルが分けられていて良かったです。

背伸びしないで自分の理解度に合った授業を受けらました。

Q. では、55段階はどうでしたか?

1 対1でプロの先生に見てもらえるのが良かったです。自分では気づけなかった凡ミスや癖をその場で正してもらえ、自分では通じると思っていることも、先生に見てもらうとそうでなかったり。

おかげで高3の6月には86点しか取れなかった英語が、浪人時のマーク模試では132点まで上がりました。そして二次試験までには日本語訳も英作文もスラスラ書けるまでになりました。

得意だった理数系科目も「ここをこうやって書くと採点する人は『いいな』って思うよ」とか「点数を引かれにくくなるよ」という細かいところまで教えてもらい、さらに点数が伸びました。

四谷学院では入試直前まで学力を伸ばせた

Q. 成績アップに一番効果的だったことはなんですか?

55段階をフル活用したことです。

特に2月中も55段階を受けられたのが良かったです。入試直前期まで不安なことを質問して解消できたので、最後まで学力が伸びました。

Q. 合格したときのことを教えてください。

私の学部は定員が10人減り、センターも失敗したためかなり落ち込んだまま合格発表を迎えました。

ないだろう、あるわけない、と思いながら画面を見ていて、自分の番号が目に入り5度見くらいしてしまいました。

その後は笑い泣きしました。

この一年かけた労力とお金が無駄にならなくて本当に良かったです。

四谷学院の先生方、ありがとうございました。心から感謝しています。

【滋賀】筑波・情報・知識情報・図書館 ピース


誰でも才能を持っている

四谷学院には「特待生制度」がありません。

それは、「ダブル教育」という独自のシステムで生徒の学力を伸ばすことができるから。

もともと成績が優秀な生徒を集めて合格実績をあげる「特待生制度」は必要ないのです。

四谷学院が大切にしているのは、「誰でも才能を持っている」ということです。
あなたの今の学力がどうであれ「あなたは才能を持っている」んです。

誰でも才能を持っている

そしてその可能性を最大限引き出せるように、クラス授業はあなたに「そういうことだったのか!」という発見をさせ、その発見によって理解できる内容が一気に広がる授業になっています。

55段階はプロによるマンツーマンの対話指導で、理解の「穴」をつぶし、自分で解答を作り上げる力を育てます。

人それぞれやり方や考え方が違うように、学習塾や予備校もそれぞれやり方や考え方が違います。

せっかくお金をかけるなら、自分が成長できる授業を受けたいですよね。

あなたはどんな学習塾が、一番自分の役に立つと思いますか?どんな学習塾が、あなたに合っていそうですか?

あなたが1年後、「やったぞ!」「良かった!」と言えるような選択をしてください。

 

※四谷学院指定寮もご用意しています

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる    

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ