MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  設備・環境  >  専属寮・指定寮

専属寮・指定寮

充実した生活環境。仲間と一緒に志望校合格へ!

四谷学院では、親元を離れて通学される高卒生のために、3つの専属寮(四谷校/札幌校)と、各地の指定寮をご用意しています。

指定寮はこちら

四谷学院専属寮 <四谷・札幌>

専属寮4つの安心

栄養管理された食事
食事例(夕食)朝・夕は栄養士によって管理された美味しい食事を提供します。一人暮らしの場合、移動・買い物・調理・片付けなどで年間約1,000時間かかると言われていますが、寮なら全て勉強時間に充てられる上に、栄養バランスも満点です。
食事例(夕食):とんかつ・根菜の煮物・サラダ・お新香・ごはん・味噌汁・バナナ
暮らしやすい環境・セキュリティも充実
セキュリティについて寮は駅から近く、近隣にはスーパーやコンビニ、商店街など買い物に便利な商業施設もあり、暮らしやすい環境です。また防犯カメラやセンサー、オートロックなどを完備し、セキュリティを強化しています。
入居したその日から勉強できます
すぐに生活できる部屋居室に家具・机・イス・寝具・冷暖房などがあらかじめ用意されていますので、衣服や洗面道具などの身の回りのものと、勉強道具を持ってきてもらえれば、その日から生活がスタートできるようになっています。
経験豊富な寮長・寮母が常駐
経験豊富な寮長寮母親元を離れて初めての環境でのひとり暮らしは、体調面・精神面でも不安が大きいもの。四谷学院の寮なら、寮長・寮母が常駐して毎日様子を見守っていますので、小さな変化も見逃しません。万一の怪我や体調不良の際もすぐに対応でき安心です。

充実した寮生の1日

専属寮の寮生の1日スケジュール

寮の様子寮生は全員四谷学院生なので、一体となって勉強に励むことができます。一人暮らしは思った以上に勉強以外のことに時間が割かれます。1年で志望大学に合格するために、四谷学院専属寮をご利用ください。

※入寮申込みは入学手続き(高卒生コース)を済ませてからの受付順となっています。毎年早い時期に締切になりますので、お早めの手続きをお勧めします。お問い合わせは四谷校札幌校までお電話ください。

男子青雲寮 (四谷)

青雲寮
名称青雲寮(せいうんりょう)
所在地〒132-0034
東京都江戸川区小松川4-75-2
交通四谷駅⇔JR総武線平井駅
(乗車時間約20分)
平井駅より徒歩10分
定員男子36名
建物鉄骨造・4階建・平成2年完成
室内設備冷暖房、机、イス、本棚、収納、ベッド、布団・枕(新品リース)、3点ユニット(バス・トイレ・洗面)、小型冷蔵庫、内線電話
共同設備食堂、冷蔵庫、コイン式洗濯機&乾燥機
周辺施設 コンビニ、交番、100円ショップ、商店街
お問合せ四谷校(TEL:03-3357-8081)

※2018年度の青雲寮は定員締切のため、別途民間寮をご案内しています。ご案内希望の方は四谷校までお問合せください。

女子彩雲寮 (四谷)

彩雲寮
名称彩雲寮(さいうんりょう)
所在地 〒133-0057
東京都江戸川区西小岩1-12-3
交通四谷駅⇔JR総武線小岩駅
(乗車時間約26分)
小岩駅より徒歩6分
定員女子27名
建物鉄骨造・5階建・平成4年完成
室内設備冷暖房、机、イス、本棚、収納、クローゼット、ベッド、布団・枕(新品リース)、3点ユニット(バス・トイレ・洗面)内線電話
共同設備食堂、冷蔵庫、コイン式洗濯機&乾燥機
周辺施設 イトーヨーカドー、ドラッグストア、商店街
お問合せ四谷校(TEL:03-3357-8081)

光雲寮 (札幌校併設)

光雲寮
名称光雲寮(こううんりょう)
所在地 〒060-0808
北海道札幌市北区北8条4-1-2
交通 札幌校より徒歩0分!
JR札幌駅北口徒歩1分
定員 58名
※男女フロア別。エレベーターは自室フロアのみ停止
建物 鉄骨造・12階建・平成25年4月完成
室内設備3点ユニット(バス・トイレ・洗面)、机&椅子、ベッド&マットレス、羽毛布団・枕(新品リース)、収納棚、クローゼット、カーテン、ミニキッチン、エアコン、内線電話
共同設備コイン式洗濯機&乾燥機、食堂(冷蔵庫、テレビ)
周辺施設 コンビニ、札幌駅地下街
お問合せ札幌校(TEL:011-737-4511)

先輩たちの声

  • 大宮 北海道大学総合入試理系

    大宮四谷学院の寮は最高に過ごしやすかったです。まず、立地の良さ。校舎が開くと同時に教室に入って毎朝の授業準備ができ、移動にかかる時間も勉強に充てられて非常に効率的。生活必需品は手に入りやすいのに、繁華街からは遠いので、誘惑されにくい点も良かったです。設備や食事にも欠点がなく、勉強に必要なものだけが用意された部屋で、規則正しい毎日を過ごせます。栄養面の考えられた食事が用意されており、体調を崩したとき・精神的に疲れたときには、寮長さんが話を聞いてくれました。こうした食事や規則的な生活の基盤が安定しなければ、志望校合格はありえませんでした。これまでの反省と、今後のことについて考える。そんな成長できる、濃密な1年が人生にあっても良いと思います。僕にとってこの1年は、人生のターニングポイントになりました!

  • 田村 旭川医科大学医学部医学科

    田村寮はとても快適でした。建物がオシャレで綺麗で、セキュリティもしっかりしていて、防音機能や設備が充実。何より、「四谷学院まで徒歩2秒」なところが良かったです。大雨の日も大雪の日も、いつでも天候を気にせず登校できて、夜遅くまで自習室で勉強したり、先生に質問をしたりしても、すぐに帰れて安心でした。加えて、朝も夜もおいしいご飯を作ってもらえるのは、とても助かりました。私は食べることが好きなので、毎日のご飯がとても楽しみでした。試験前などは特に、栄養バランスのよい食事をしっかりとることで、集中して勉強に取り組むことができ、食事や精神的なものが原因で体調を崩すこともありませんでした。このような日常生活の負担が少ない一人暮らしは、とても贅沢な体験です。振り返ってみてもこの1年は、「楽しかった」という記憶しかありません!

  • 山添 京都大学医学部(人間健康)合格

    寮は受験生に嬉しい、勉強に集中できる環境でした。自宅以上に規則正しい生活ができて、「この1年が違う形だったら…」と考えると恐ろしいです。特に食事は栄養バランスまで考えて自炊するのは難しいので、プロにお任せするのが正解!寮長寮母さんは何人も寮生を育ててきているので、色々知っていて些細なことでもすぐに対応してくれるし、先輩方の成功体験を聞かせてもらえたことも、大きなモチベーションアップになりました。
    また、専属寮の利点は「帰ってからも受験仲間と顔を合わせられる」点にあります。友人の頑張りを近くで感じ、お互い励まし合うことで受験生活を乗り越えられました。私にとってこの1年は、大きな成長につながる「人生のターニングポイント」となる1年でした。皆さんも是非、四谷学院が整えてくれる最適な環境を活用してください!

指定寮はこちら

この他の設備・環境

△このページのトップへ