MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  ダブル教育  >  科目別能力別授業

科目別能力別授業

合格に必要な知識を体系的に身につけ、理解力を高める。

55段階個別指導はこちら

科目別能力別授業早わかりビデオ

科目別能力別授業とは

四谷学院のクラス授業は、「科目」ごとにレベルチェックをした上でクラスを編成。 国語なら、現代文・古文・漢文を別々にレベル判定します。だから、科目ごとにあなたの学力に合った授業が受けられるのです。学期の途中でも学力の伸びに応じて最適な授業が受けられるよう、毎月レベル診断テストを実施しています。

科目別能力別授業とは

大学受験予備校のクラス編成は、大きく志望校別と習熟度別の2タイプに分類されます。大手予備校のほとんどにおいては、上位~難関校志望者は志望校別でのクラス編成で授業が行われることになります。これに対し、四谷学院の授業は難関校志望者であっても習熟度別クラスで授業を受けることになります。東大志望者で、総合偏差値がどんなに高くとも、苦手科目については東大クラスではなく通常の選抜クラス、場合によっては標準クラスや基礎クラスで授業をスタートすることになります。その理由は何でしょうか。

慶應義塾大学准教授である中室牧子さんの著書『「学力」の経済学』(ディスカバー・トゥエンティワン)では、ピア・エフェクト(同級生効果)という言葉を用いて、習熟度別クラスがどのような条件下で効果を挙げるかを複数の実験結果を基に解説してあります。重要なポイントは、

・優秀な生徒と一緒に授業を受けることで学習効果が高まるのは優秀な生徒に限られ、中間層や低学力層は効果が得られないか、場合によっては負の影響を受ける。

ということです。すなわち、優秀な生徒と同じ環境で授業を受けることが、中間層以下には自信の喪失につながり、学習意欲の低下を引き起こしてしまうのです。

教えるプロフェッショナル

上掲書では、正のピア・エフェクトを引き出すには「同じような学力の子供たちを同じ学級に編成する」習熟度別クラスが有効であり、指導者が習熟度別の指導法を適切に行うことで(特定の学力層ではなく)すべての学力層の生徒に対して学力の上昇との大きな因果関係をもつことが指摘されています。
四谷学院では、「行ける大学ではなく行きたい大学を」志望校として設定するよう指導し、その上で、入学段階での学力から授業スタート時のクラスが決定されます。東大を志望するから最初から最後まで東大クラス、国公立医学部に行きたい生徒はどの科目も国公立医学部クラス、といったクラス編成を、四谷学院では行っていません。それは、生徒一人ひとりに対して、適切な内容を、適切な方法で、適切な時期に指導するためには、科目別に習熟度に合わせた授業を提供するのが唯一の方法であると考えるからです。そして、上に述べたように、習熟度別クラスであれば同レベルの生徒間での切磋琢磨という正の効果が、学力向上を後押しします。毎月レベルアップの機会があるため、最初のクラス編成で「自分はずっと基礎レベルの授業しか受けることができないんだ」などとやる気をそがれることもありません。
四谷学院での体験記を読んでいただければ、多くの生徒たちが奇跡的な学力向上からの志望校合格を実現させていることにお気づきいただけるでしょう。そのことには、この習熟度別クラス編成も大きく関わっているのです。

もっと見る

教えるプロフェッショナルたちの授業だから、「わかる!」「なるほど!」の連続。一流講師陣があなたを第一志望合格に導きます!

教えるプロフェッショナル「なるほど!」「わかった!」を引き出す「目からウロコ」の授業には理由があります。大教室での一方通行な講義とは対極にあるのが四谷学院のクラス授業。あなたのレベルにぴったりのクラスで、「教えるスキル」と「指導への情熱」を持った一流の予備校講師がわかりやすく教えてくれます。教えるプロフェッショナルたちが、生徒一人ひとりの表情を確認しながら、わかりやすい授業を展開していきます。

四谷学院のクラス編成は、他予備校をよせつけないきめ細やかさ。
学力の伸びに大きな差がつきます。

授業の様子「英語は得意だけど数学は苦手」「数学IAIIBはやったことがあるけど、数IIICははじめて勉強する」「現代文は得意だけど古文は全然ダメ」など、誰でも科目間の学力差を持っているのが普通です。志望コースや総合点・教科ごとの得点でクラスが決まる予備校では、科目によって簡単すぎたり難しすぎたり、自分の学力とのギャップが生じ、学力は伸びません。
四谷学院では、「科目」ごとにあなたのレベルに合わせたクラス分けをしています。国語でも、「現代文は苦手だから基礎クラス、古文は得意だから上級クラス」のようにきめ細かくクラス分けされるので、安心して授業が受けられます。
※科目別能力別授業には一部例外として1レベル設定となっている講座もあります。

  • 他予備校のクラス編成
  • 四谷学院のクラス編成

毎月のレベル診断テストで
いつでも自分にぴったりなクラスレベルで授業を受けられます

集合写真四谷学院では入学時に「基礎力診断テスト」と「実力判定テスト」を実施して、厳正なクラス分けを行います。さらに学習を進めていく中で、自分の力がクラスレベルを超えたと思ったら、毎月1回のレベル診断テストで一つ上のクラスにチャレンジできます。いつも自分のレベルに合った授業を受けることができるから、毎回の授業に新たな発見があって、それが学習の意欲を生んでいくのです。

ちょっとした質問も遠慮なく気軽にできるアットホームな授業

質問の様子(イメージ)先生の声がマイクなしでよく聞こえる。先生の顔がよく見える。黒板がよく見える。四谷学院の授業はみんなが先生と親しくなれるからちょっとした質問でも気軽にできます。
身近に感じられる講師や励ましあえる友人がそばにいるアットホームな環境から、奇跡の難関大学合格が生まれます。

先輩たちの声

  • 相澤  筑波大学医学群医学類

    相澤クラス授業の一番の魅力はアットホームさです。先生が生徒の名前を覚えてくれるほど距離が近いので質問しやすいですし、志望校合格のために何をしたら良いかまで相談できました。超役立つプリントやお勧めの勉強方法もとてもありがたかったです。ほぼ月1であるクラスアップのテストも、モチベーションの維持に役立ちました。志望校に合格できたことはもちろん、想像していたよりもずっと楽しく浪人できたのは、先生方のおかげです!

  • 立松  慶應義塾大学文学部

    立松四谷学院のクラス授業は「科目ごと」に「能力別」なので、自分の学力のレベルにぴったり合っていましたし、何より少人数なので、先生が一人ひとりのことをしっかり見てくださり質問もしやすかったです。また授業でしかもらえないプリントもあって、それが本当にわかりやすかったです。私は最終的に総合点が100点以上アップして540点まで伸び、最後の模試では得点率90%をとることができました。

  • 村田  東北大学医学部医学科

    村田四谷学院のクラス授業は、小さい教室で先生が目の前にいるので、毎回の授業で先生とのコミュニケーションがありました。普通の予備校のような一方的な講義形式の授業ではなく、先生が生徒一人ひとりの長所や短所を教えてくれ、それを改善していく授業でした。そして自分の記述答案も細かく見てもらえ、どう書けば最善かを考えること成績が伸びました。これは難関国立の二次対策として特に大事なことだったと思います。

  • 山井  九州大学経済学部

    山井四谷学院のクラス授業は自分の学力にしっかり合っているので、置いていかれることがありません。苦手な数学は基礎クラスで苦手を解消でき、得意な英語は選抜クラスでさらに得点を伸ばすことができました。また、先生は抜群に面白く、質の高い授業を提供してくれました。授業の合間にも「ここまででわからないことない?」と聞いてくれるので、とても質問しやすかったです。

  • 眞海  京都大学農学部

    眞海他の予備校では大きな教室で先生が一方的に話すだけの授業で「受けさせられている」という感じになってしまいますが、四谷学院のクラス授業は常に先生とのコミュニケーションがあるので、ずっと深い理解を得られます。実際、成績は自分でも驚くほど伸びて、現役時代はE判定しかとったことがなかった模試でA判定を連発するようになり、総合偏差値も58.9→72.5に。正直、「こんなにも簡単に成績が伸びるものなのか」と不思議に思うくらいでした。

  • 原  北海道大学法学部

    原何といっても先生の教え方がわかりやすかったです。自分だけで勉強するより、受験のプロに習うことで効率的に勉強できました。「これさえあればセンターは乗り切れる」というような内容のプリントももらえ、本当に助かりました。この1年、成績が少しずつ伸びていく喜びと、四谷学院の先生に会いにいきたいという気持ちで頑張ることができました。

  • 河野  自治医科大学医学部医学科

    河野私は英語だけが得意で理系が全然だめだったので、例えば「医学部コースは全ての科目が同じレベル」というところだと、理系科目はついていけません。でも、四谷学院のクラス授業は科目ごとに自分に合ったレベルの授業を受けられたので、置いていかれることがなく、総合的に学力を上げることができました。四谷学院のクラス授業は、“苦手ができない仕組み”になっていると思います。

  • 難波  京都府立医科大学医学部医学科

    難波以前通っていた塾は授業内容が難しくてついていけず、クラスの人数も多すぎて質問できないのが悩みでした。でも、四谷学院では先生が生徒一人ひとりの理解度を確認しながら授業を進めてくれます。私は現代文が伸び悩んでいたのですが、先生の素晴らしすぎる授業のおかげで毎回目からウロコが落ちていました!四谷学院に入学する前はマーク模試の総合点で679点しかとれなかったのですが、本番のセンター試験では900満点中792点をとることができました。

  • 高橋  東京大学理科一類

    高橋四谷学院では集団の授業でもきちんとレベル分けがされていたので、苦手な科目や習ったことがない科目も「ついていけない」「理解できない」ということがありませんでした。また、先生方の指導力が本当に高かったです。基礎レベルの授業であっても、単に「簡単な問題や公式の説明をする」のではなく、よりハイレベルな問題を解くための布石となるような、中身の濃い授業をしてくださりました。

  • 戸田  慶應義塾大学法学部

    戸田私は中学レベルの基礎も身についておらず、中学生の頃の模試では偏差値40台をとることもありました。でも、四谷学院の先生方の指導は丁寧でわかりやすく、勉強の仕方や志望校に向けての学習アドバイス、励ましの言葉までいただき、最高の先生方に恵まれたと思います。おかげでセンター試験本番は総合で530点と9割近く得点することができ、早慶上智に現役合格できました。四谷学院で習った先生が一人でも欠けたら、この合格はなかったと思います。

  • 熊谷  一橋大学法学部

    熊谷僕が四谷学院に入学したのは、先生と生徒の距離が近くて良さそうだなと感じたからです。実際、四谷学院の授業は、初回の授業で先生が生徒の顔と名前を覚えてくれるほど距離が近かったです。おかげで疑問点を質問しやすかったし、答案の添削などもお願いでき、自分では絶対気づけない悪い癖を指摘してもらえました。僕の成績が伸び、一橋がE判定→B判定になった理由は、ここにあったと思います。

  • 渡辺  京都大学文学部

    渡辺四谷学院の先生は、わかりやすいプリントを作ってくださったり、追加の問題を用意してくださったりと、少しでも生徒の理解の助けになるように突き詰めて考えた授業をしてくださいました。また、先生との距離が近いので、疑問に思ったことをすぐ質問できるのも良かったです。おかげで模試の成績は順調に伸び、京大A判定。センター試験本番も総合得点率94.4%をとることができました。

  • 守家  東京工業大学第4類

    守家四谷学院のクラス授業は、「深い理解が得られる質の高い講義」だったと思います。テキストに載っている問題がそんなに多くないので、はじめは「これだけでいいのかな」と不安になりましたが、授業で扱う解説がテキストの問題についてだけではなく、その分野全体で使えるものだったので、初めて見る形式の問題や分野複合型の問題でも、どのような考え方をすればいいのか悩むことがなくなり、簡単に解けるようになりました。

  • 冨田  大阪市立大学医学部医学科

    冨田四谷学院のクラス授業は、どの科目も自分のレベルに合った授業を受けられるし、レベルアップテストで学期の途中でも上のクラスに上がれるので、モチベーションがわきます。また、先生方はわからないところを質問すれば、授業の後でも丁寧に教えてくださいました。このように勉強を続けた結果、D判定だった模試の成績はA判定まで伸びて、去年の雪辱を果たすことができました。

55段階個別指導はこちら

△このページのトップへ

  • 個別相談会で詳しくご説明します
    説明会の様子

    システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。

    ※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

    無料個別相談会はこちら

  • 無料でパンフレットをお送りします
    資料 資料 各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。お気軽にご請求ください。

    わかりやすいDVDつき

    資料請求はこちら資料請求はこちら