MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  千葉大学を目指す方へ

千葉大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真千葉大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。千葉大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声千葉大学に合格した先輩の声

工藤
千葉大学教育学部合格 工藤
「教員になりたい」と思って心機一転、再受験を決意!ブランクで高校時代の勉強が抜けていた僕でも、英語6→8割、生物5→9割、総合は100点以上アップ!正しい方法で勉強できたことが、成績が伸びた理由です。

ブランクを経た再受験。55段階がある四谷学院を選んだ。

工藤君は一度大学に通っていたんですよね。

はい。私立大学に通っていました。でもそこに進学を決めた明確な理由はなく、さぼりがちでもありました。ただ、そんな大学生活の中で「教員になりたい」という思いが強く出てきて、心機一転、再受験を決意しました。

四谷学院を選んだのはなぜですか?

55段階にひかれました。ブランクで高校時代の勉強が抜けてしまっていたので、集団授業に参加するだけの予備校は不安でした。でも四谷学院の55段階なら、基礎から自分のペースで勉強ができると思い、入学を決めました。

実際の授業、いかがでしたか?

やっぱり55段階が素晴らしいと思いました。最初は中学レベルから始まり、1級ずつ合格しながら進めていくのですが、それを続けていくといつの間にか実力がついていました。さらに、55段階はマークシート方式ではなく記述式です。自分が書いた答案を先生にその場で採点・解説していただけるので、基礎力だけでなく記述力も身につきます。また、大人数の授業では聞きにくいようなちょっとした疑問点でも質問しやすく、もちろん丁寧に教えていただけました。

自己流ではない、正しい勉強法が総合100点以上アップの理由。

成績の伸びはいかがでしたか?

総合点は100点以上伸びて、565→694点になりました。また、英語は6→8割、生物は5→9割に伸び、どちらもセンター試験本番で最高点を出すことができました。55段階で疑問点をつぶしていくことで、自己流のやり方ではなく、正しい勉強法を実践できたことが、成績が伸びた理由だと思います。

四谷学院の先生たちについては、どのような印象ですか?

そうですね、僕はクラス授業の先生にも55段階の先生にもすごく丁寧に教えていただき、どんな些細な疑問にも真摯に答えていただけたと思っています。担任の先生とは勉強の進み具合などの相談や、二次試験にある面接の指導などをしていただきました。自分は今まで面接を経験したことが無かったので不安な部分もありましたが、担任の先生が一緒に面接で話す内容を考えてくださったり、とても丁寧にアドバイスしてくださったので、自信を持って本番に臨むことができました。

四谷学院の言う通りやってみる。そうすれば大丈夫です。

今後の目標はありますか?

将来は生徒たちに信頼される良い教師になりたいと思っています。また、そのためにも大学で教師になるために必要な事をしっかり学び、吸収していけたらと思っています。

ぜひ頑張ってください!では最後に、メッセージをどうぞ!

四谷学院の先生方やスタッフのみなさんのおかげで、正しい方法で勉強し、その結果合格することができたと思います。後輩のみなさんも、まずは四谷学院で言われたことをやってみてください。そうすれば大丈夫だと、僕は思います。

佐藤
千葉大学法政経学部合格 佐藤
現役時代は毎日夜11時まで勉強したのに受験校はほぼ全滅…。そんな自分を救ってくれたのが四谷学院だった。総合点は100点以上アップ!この1年で、自分は確かに変わることができました。

毎日夜11時まで勉強したのに受験した大学はほぼ全滅…。

現役時代はどのように勉強していましたか?

高3のときは毎日朝から夜は11時まで勉強していたんですけど、なかなか結果に表れなくて。自分ではその原因がわかりませんでした。そのまま入試に臨んで全部落ちちゃって…。浪人が決まったときは、ただただショックでした。

努力が成果に表れないと勉強がつらいですよね…。四谷学院との出会いは?

浪人が決まって予備校を探しているときに四谷学院で55段階の話を聞いて。他の予備校とは明らかに違うものを感じました。入試に必要な知識が体系的にまとまっている55段階なら、自分に足りないところを見つけられるんじゃないかって。あと、授業も大人数のところが多いなかで、四谷学院は先生と生徒とのつながりを大切にしているなと感じ、ここなら変われるんじゃないかと思って入学を決めました。

先生との対話があったからこそ習った知識が記憶に残った。

クラス授業はどうでしたか?

四谷学院では自分の能力をきちんと診断して、そのうえでクラスを決めてくれました。こんなにしっかりと自分の学力に合った授業を受けられるところは他にないと思います。

自分に合う授業を受けなければ学力は伸びないですからね。先生との距離は実際どうでしたか?

入学前の印象通り近かったです。先生は生徒とのコミュニケーションを大切にしてくれてて。例えば日本史の先生は「これ覚えてる?」とか先生が自分に話しかけてくれたからこそ記憶に残ったものが多かったです。また、数学の先生などはただ授業をするだけでなく、生徒が自力で答えを導き出せるように特訓してくださる先生でした。それで今までは解けなかった問題も、解答を出せるようになりました。

弱点発見、プロの解説、記述対策…55段階には本当に助けられた。

55段階はどうでしたか?

55段階で基礎的なところにさえ穴があることに気づきました。自分の弱点を見つけられるのは、1から10まで体系的に学習できるからこそだと思います。プロの先生に直接教えてもらえるのも貴重な機会でした。入試問題に入る頃にはもう不安なところはないという状態にできました。

現役のときに失敗した要因を今年はクリアーにできたわけですね。

あと55段階は記述問題にたくさん触れられるので、国立の入試にも強くなります。本当に、55段階には助けられました。

今年は自分を変えることができた。

学力はどれくらい伸びましたか?

昨年のセンター試験の総合点は601点だったのが、今年のセンター試験では100点以上点数が伸び、千葉大A判定で合格できました。

1年で100点以上アップとは素晴らしい!

第一志望の千葉大に合格できたときは今までつっかえていたものが取れたというか、去年全敗したときの悔しさが全部消えて本当に嬉しかったです。四谷学院に来て、自分は確かに変わることができました。

藤田
千葉大学工学部合格 藤田
高3の7月まで忙しい水泳部を続けながらクラス授業と55段階をうまく使い分けて勉強した結果、数学の偏差値39→60、総合偏差値44→58までアップ!出身高校で数年に一度の千葉大理系合格者になりました!

部活を最後までやり切って現役合格もするために…

藤田くんは高3の7月まで水泳部を続け、国立大学にも現役合格。素晴らしいですね!合格の秘訣は何だと思いますか?

現役生は僕と同じく部活をやっている人が多いと思いますが、部活があっても1日1時間でもいいので苦手科目は勉強しておいた方がいいです。引退してから苦手科目をどうにかしようとしても、特に国公立志望の人はかなりきついと思います。

藤田くんは何が苦手科目だったんですか?

僕の場合は数学で、他の教科に比べてずば抜けて悪い成績でした。何を勉強したらいいかもわからない状態だったので四谷学院のクラス授業を受講して、それでできるようになった感じです。

どんなクラス授業でしたか?

すごく理解しやすい授業でした。なんでそこでその手順を踏むのかなどをしっかり教えてもらえたのが良かったです。先生も印象的でした。すごく面白い先生だったので、授業に行くのを苦に思うこともありませんでした。

苦手科目の授業が苦にならなかったのは、克服の近道でしたね。それでは55段階の授業はどうでしたか?

化学が良かったです。化学はすごく覚えることが多くてなかなか厄介な科目ですが、55段階で勉強したことで、化学の覚え方とか、どうしてその計算をするのかというのがよくわかるようになりました。できるようになったところにはスタンプを捺してもらえるので、スタンプがたくさん溜まっている友達に刺激を受けながらどんどん進めることもできました。

数学の偏差値39→60総合偏差値44→58にアップ!

成績は伸びましたか?

かなり伸びました!特に苦手だった数学は偏差値が39→60まで伸びましたし、総合偏差値は44→58まで伸びました!

苦手だった数学が偏差値21も伸びて得意科目に変わっていますね!

はい、でも千葉大はここ1、2年難化していて、入試本番は数学が難しく感じたので正直自信がありませんでした。だから合格発表で自分の受験番号を見つけたときは本当に夢かと思いました。

E判定からの逆転合格!出身高校で数年に一度の快挙!

周りの人にもすごく驚かれたそうですね。

はい!僕の高校では国公立進学者は毎年1桁くらいで、特に千葉大理系は数年に一度くらいしか合格者がいません。僕も最初、高校の担任の先生に千葉大を受けたいと言ったときは難色を示されたし、実際E判定でした。それでも諦めずに勉強し続けて、合格を知らせたときの担任の先生の驚きと祝福はとても嬉しかったです。

最高の結果になりましたね!それでは最後に、後輩のみなさんにメッセージをお願いします。

今の学力が志望校とかけ離れていても諦めないでください。部活があるうちは塾の授業を少なめにしつつも、部活のない時間で少しでも苦手科目をやるようにしてください。いま志望校がE判定でも、合格は可能です!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ