MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 深谷くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[国公立理系]

深谷
深谷 (高認)
  • 東京大学理科一類
  • 東京理科大学理工学部

高校中退から2年間のブランクを経て四谷学院に入学。55段階で中学レベルからスタートし、わずか1年間で模試の判定はE→Aになり、センター総合点は9割超を獲得!

中学レベルからやり直せる55段階。自分にはぴったりの予備校だった。

深谷くんは高卒認定を取得して大学受験を目指していたそうですね?

はい。僕は高校を病気で中退し、その後は自力で学習を進めようとしたのですが、何から手をつけたら良いかすら全くわからない状態で、まともに勉強に取り組んでいませんでした。

では四谷学院に入学しようと思ったきっかけを教えてください。

知人が四谷学院で高卒認定資格を取り、大学に合格したという話を聞いて興味を持ったんです。中学レベルの基礎からやり直すことができる55段階は四谷学院にしかないものなので、中退から2年のブランクがある自分にはぴったりの予備校だと思いました。

全く習ったことがない範囲でも、丁寧な解説でしっかり理解できた。

実際に55段階をやってみてどうでしたか?

55段階は、はじめは中学レベルの本当に初歩的なところからスタートできるので、無理なく自分のペースで進めていけるのが良かったです。それに、先へ進むとだんだん難しい範囲に入っていくのですが、全く習ったことがない範囲があっても、先生が生徒のレベルに合わせてきめ細かく丁寧に解説してくださるので、疑問点を残すことなく一つひとつの範囲をしっかり理解していくことができました。

東大の合格判定はE→Aに。成績が伸びるほど勉強が楽しくなる。

55段階が進んでいくと成績も順調に伸びていきますよね?

そうですね。成績が伸びるほど勉強がどんどん楽しくなっていき、いつの間にか授業の予習復習や、問題を解くこと自体が面白いと思えるようになりました。その結果、E判定だった東大の合格判定はAまで伸びて、センター試験本番では総合点で90%超えを達成できました。

ダブル教育は最高の学習システム。計画通りにこなしていくだけで、東大の難問でも解けるようになる!

わずか1年でそこまで伸びた一番の要因は何だったと思いますか?

やっぱり四谷学院の学習システムが良かったからだと思います。僕の場合、クラス授業の予習復習をしっかりこなし、55段階をコツコツと計画通りに進めていくだけで、いつの間にか東大二次試験の難問でもスラスラ解けるようになっていました。本当に、ダブル教育は最高の学習システムだと思います。

合格発表はWEBではなく、現地まで見に行ったそうですね?

はい。父と一緒に見に行きました。掲示板で自分の番号を見つけたとき、もちろん自分自身すごく嬉しかったのですが、父は泣きながら大喜びしてくれました。今まではいつも心配ばかりかけていた両親に喜んでもらえて、四谷学院で頑張ってきて本当に良かったと思いましたし、自分自身、全力を尽くした達成感に包まれました。後輩のみなさんも、努力すればその分結果がついてくるので、後悔が残らないように頑張ってください!

△このページのトップへ