MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 松尾くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[国公立理系]

松尾
松尾 (私立渋谷教育学園幕張)
  • 東京大学理科二類
  • 慶應義塾大学理工学部

少人数でクオリティの高いクラス授業と直接添削指導が受けられる55段階指導。ダブル教育のおかげで試験終了と同時に合格を確信!

映像授業や大人数の授業ではダメ。少人数授業にひかれ四谷学院に入学。

現役時代はどこか予備校に通っていましたか?

はい。映像授業の塾に通っていました。でも、先生が遠くにいる感じがしてあまり授業に身が入っていませんでしたね。一応、聞くだけの授業でも自動的に先には進んでいくので、何となく「これで大丈夫だろう」と思っていたのですが、今思うとそれは錯覚でした。

では四谷学院を選んだ決め手は?

さまざまな予備校を検討したのですが、他の大手予備校のような大人数の授業は自分に合っていないと思いました。その点、四谷学院は少人数で生徒の面倒見が良いと聞いたので、入学を決めました。

生徒一人ひとりを把握したうえで最適なアドバイスをしてくれた。

実際に四谷学院の授業を受けてみてどうでしたか?

期待通りの少人数授業で先生との距離が近いので、先生が生徒一人ひとりの良いところも悪いところもきちんと把握した上で、常に最適なアドバイスをしてくれるのが良かったです。

特に良いと思った授業はどの科目でしたか?

物理の先生が特に好きでした。要点がとてもわかりやすい講義だったし、自然現象についての興味深い話なんかもしてくれて、楽しくて面白い授業でした。

知識ではなく知恵を絞る良問が新しい閃きを導いてくれた。

テキストについてはどうでしたか?

四谷学院のテキストは本当に良問ぞろいでした。東大の試験は“知識”だけで解く問題ではなく、“知恵”を絞って解く問題が出るわけですが、四谷学院のテキストにはそういう部分を鍛えるために必要な問題がしっかり網羅されていて、新しい閃きを導いてくれました。

55段階の添削指導で東大二次対策は万全!

55段階の方はどうでしたか?

55段階で特に有効だったのは英作文の実戦演習でした。こればっかりは自己採点では対策不可能なので、自分の答案をプロの先生に直接添削指導してもらえるのは本当にありがたかったです。

東大の二次対策としては一番肝心なところですよね?

はい。東大の場合は白紙の解答用紙の中で、いかに的確に答案を書けるかが合否の分かれ目になりますから、55段階で本番さながらの演習をたくさん積み上げて、それをプロの先生に見てもらうことで、本番への自信につながりました。

本番での手ごたえはどうでしたか?

試験が終わった瞬間に合格を確信できました。この1年でやってきたことがしっかり形になって出せたので、文句なしに最高の出来だったと思います。

努力が実りましたね!では最後に、今後の抱負を聞かせてください。

今は薬学に興味があるのでその分野に進みたいと思っていますが、「国際社会に貢献したい」という思いも強いので、将来的には薬学研究の中で国連やNPOなどに関わる仕事に就きたいですね。

△このページのトップへ