MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 牧田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[国公立理系]

牧田
牧田 (私立滝)
合格大学
  • 東京大学理科二類
  • 慶應義塾大学理工学部
  • 東京理科大学理工学部

東大模試でD→A判定、国語の偏差値は76に!!ここまで親身な指導は他予備校ではありえない。自然と学習リズムを維持できるダブル教育と東大に合わせた添削で、1年間安心して勉強できました。

東大模試でD→A判定、国語の偏差値は76をマーク!!

東大合格おめでとうございます!

ありがとうございます。ただ正直受かったという実感がなく、家族に受験票と合格発表ページの写真を送って確かめてもらいました。

ご自身でも信じられないくらい力がついていたということですね。

そうですね。昨年は東大模試でD判定だったのが今年はA判定になり、国語の偏差値も76まで伸びました。

ダブル教育で自分の課題を意識でき安心して勉強に取りくめました。

そこまで伸びた理由は何でしょう?

四谷学院の良かった点は、主に2つあります。1つ目は勉強のリズムを作れたこと。前期に55段階とクラス授業、予習復習をこなすという良いリズムを身につけたことで、夏以降も自立して学習を進めていくことができました。

学習リズムはとても大切ですね。

去年は生活リズムも崩れていたし、苦手分野もよくわからないまま闇雲に勉強していたので効率が悪くて不安でした。でも今年は目標や課題をはっきり意識できたため、落ち着いて勉強できました。こうしたリズムは自分だけでは絶対に身につけられなかったし、クラス授業と55段階を両方やるのは必死に勉強することにつながって良かったです。

他予備校ではありえない、生徒&志望校に合った親身な指導。

2つ目は何でしょう?

講師との距離が近かったことです。気軽にたくさん質問や相談をすることができたのでわからないところをすぐに潰すことができたし、1人じゃないという安心感がありました。

先生が存在する意味はそこにありますからね。

講師が自分の苦手な分野に合わせた指導をしてくれたり、適切なプリントを作ってきてくれたりするのは他の予備校ではありえなかったので、本当に四谷学院で良かったなと思いました。

先生の指導は具体的にどのようなものでしたか?

自分の解き方や解答の厳密性を確かめてもらうため、55段階やクラス授業の先生に添削してもらっていました。たくさん添削していただいて、本当に感謝しています。

特に良かった科目はありますか?

英語は55段階で、英作文と和訳をやっていました。東大の英作文はさまざまなことを聞かれるので、いろいろな大学の英作文を書くことで定型文に頼ることなく、思ったことをしっかり表現する力を身につけることができました。あと漢文は、文章を読み解くというよりは日本語で表現する力が問われるので、クラス授業で日本語の書き方を添削してもらいました。

先生との距離の近さを存分に活かして対策されましたね!

はい。進路指導の先生も面談で話した自分の得意・不得意科目をきちんと把握してくださったり、度々声をかけていただいたので、この1年は安心して勉強ができました。本当にありがとうございました。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください