MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  合格体験記  >  2019年合格速報「国公立理系」

2019年合格速報

今年も続々と喜びの声が届いています!

  • 国公立理系
  • 国公立文系
  • 私立理系
  • 私立文系
  • 医学
  • 歯学・薬学・農獣医・看護医療

[国公立理系]

稲田

東京大学 理科三類合格 稲田
必死にやり続けた55段階の演習量が全てにつながりました。夏に「このままいけば理三受かるよ」と言っていただき、景色が一変。四谷学院でなければ私は東大を受けてもいないでしょう。

小笠原

東京大学 理科一類合格 小笠原
去年の予備校と違い、四谷学院の数学では単なる解答解説ではなく、なぜその解法を選択するのかといった本質的なことを学べ、偏差値は65を超え安定してA判定がでるようになりました。

米谷

京都大学 工学部合格 米谷
現役時の経験から大人数授業だとモチベーションを保てるのか不安だったので四谷を選択。授業は疑問点をすぐ質問できて理解が深まり、記述模試全てA判定に。正しい勉強法を学べました。

前川

京都大学 工学部合格 前川
55段階は遅れをとっていた英語で絶大な効果を生み、クラス授業では得意の理系科目をさらに伸ばすことができました。去年はすべてEだった京大模試が、夏にB、秋にAまで伸びました。

古市

東京大学 理科一類合格 古市
英語の55段階、初めはとても基礎的ですが、理解のあやふやな箇所を多数指摘され、基礎を固めることで読解のスピードが上がり、秋の東大模試でA判定。現役合格とてもうれしいです!

佐藤

京都大学 工学部合格 佐藤
わからないところは質問、できなかったところは復習、これを55段階で繰り返すと、数学の記述偏差値が54→74、総合偏差値も70に。先生方、丁寧に教えて下さりありがとうございます!

小川

京都大学 医学部 人間健康科学科合格 小川
センターは現役時より133点UP、夏の京大模試でA判定。教科ごとの学力差に対応したクラス編成なので効果的に学力向上ができました。学習環境もとてもよく、勉強に集中できました。

花坂

京都大学 工学部合格 花坂
現役時の得点は合格点マイナス80ぐらい。四谷に入って、大半の受験生は基礎が分かっていないと痛感。一人一人を見てくれる丁寧な指導で、判定はE→Aに。授業が本当によかったです。

五十嵐

京都大学 工学部合格 五十嵐
四谷学院の授業は各々の生徒に合うような指導をしてくださり、質問もしやすく疑問点はすぐ解決できました。55と授業で抜けのない学習ができ、センターは昨年より169点伸びました。

安井

東京大学 理科二類合格 安井
現役時は数物がダメダメで全模試E判定。55段階で知識のヌケをとことん教えてもらえ、授業で問題を解くときの考え方を教わり、東大模試でB判定。基礎の徹底で成績が伸びました。

吉村

京都大学 工学部合格 吉村
55段階では解答の根拠を先生との対話の中で確認し、自分の弱点を見つけることができました。京大クラスも一方通行の授業ではなく答案も見てもらえ、総合的に学力が伸びたと思います。

溝内

京都大学 工学部合格 溝内
55とクラスの組合せで、基礎を固めつつ二次試験でも点数を取れる盤石な学力を得ることができたと思います。苦手意識のあった数学が今度は得点源となり、京大合格につながりました。

辻

北海道大学 総合入試理系合格 辻
四谷学院で正しい勉強法を続けられたことが合格の要因だと思います。センターは去年より151点UP。55段階は本当に最高のシステム、「これをやればOK」という安心感があります。

渡部

東北大学 工学部合格 渡部
55段階はやるべきことが網羅されており、やればやるほど効果が出ます。マークの得点は秋の模試→本番で105点UP。授業の先生もとても親身になって指導して下さいました。

伊藤

名古屋大学 工学部合格 伊藤
四谷に入ってビックリしたのは授業がわかりやすく先生との距離が近いこと。質問もしやすく効率よく学べ、去年はEかDだった判定が秋にはAに。合格は四谷の先生方に出会えたからです。

水川

九州大学 芸術工学部合格 水川
四谷の先生は的確なアドバイスで自分で考え自主的に勉強するよう導いてくれました。苦手だった数学が記述模試偏差値71に。「こうやって勉強する」ということがやっとわかりました。

中井

東京工業大学 環境・社会理工学院合格 中井
現役の時は表面的な暗記しかやらず、模試の判定でも全てE。55段階で各分野の根本を押えることで成績が伸び、10月の模試で東工大A判定。万全の体制で受験に臨むことができました。

西川

大阪大学 工学部合格 西川
55段階は二次直前まで利用して解答作成力を磨きました。授業のレベルもどの科目もちょうどよく力になりました。四谷学院には確立された学習システムと受験のプロが揃っています。

田畑

広島大学 生物生産学部合格 田畑
履修しておらずゼロからスタートした生物が、基礎から学ぶことで得意科目に成長。マークも6月模試→センターで総得点233UP。授業はどれもびっくりするほどわかりやすかったです。

山田

神戸大学 工学部合格 山田
センターは現役時より116点UP、志望校判定も10月記述でAに到達。四谷の授業の質は高く、難問も基礎に解きほぐして教えてもらえ、ぱっと世界が開けたようにわかりました。

髙木

北海道大学 水産学部合格 髙木
兄が通った四谷学院を私も選択。55段階はコツコツ着実にレベルアップでき、7月の模試でA判定、マークは7月→センターで83点UP。快適な学習環境が成績の伸びにつながりました。

木村

東北大学 工学部合格 木村
55段階で全科目バランスよく演習できたのが良かったです。授業は驚くほどわかりやすく本質を教えてもらうことができ、判定E→Aに。先生方の支えあって勝ち取れた合格だと思います。

竹中

名古屋大学 工学部合格 竹中
浪人を期に理転、数Ⅲ物理化学は初学でした。授業で学んだことを55で確認することでスムーズに学習でき、秋の名大模試でB判定。先生の質は文句なし、素直に実践すれば必ず伸びます。

岡部

九州大学 工学部合格 岡部
センターは去年より136点UP、英語の偏差値最高72。授業はどの科目も自分のレベルにあっており、55段階は自分では気づけない多様な視点が得られました。合格とても嬉しいです。

川島

北海道大学 総合入試理系合格 川島
高2秋から四谷学院に通い始めると、55段階の丁寧な解説と指導のおかげで英語に対する苦手意識を克服。マーク試験の点数も高3春635→センター762/900と順調に伸びました。

大澤

東京工業大学 工学院合格 大澤
55段階は苦手克服にとても適しています。英語が苦手だったのですが、55で基本的な文法から確認していくことでセンター221/250まで伸び、東工大判定もE→Aに上がりました。

炭谷

大阪大学 理学部合格 炭谷
55で基礎から丁寧に学んだことが間違いなく合格の要。授業も自分に合うやり方を臨機に教えてもらえる柔軟なもので、志望校判定もBに。学習環境も良く程よい緊張感を維持できました。

菊池

東北大学 工学部合格 菊池
四谷学院で原理から深く学ぶことで、苦手だった物理の偏差値が記述模試で69に、全科目では75にUP。授業は毎回新鮮な発見があり、55段階の指導は丁寧で至れり尽くせりでした。

平野

広島大学 工学部合格 平野
四谷に入って一番驚いたのは、数学の授業が今まで受けた中で一番論理的でわかりやすかった事。55段階での間違いの見直しを徹底すると自然と記述力がつき、広大二次も突破できました。

小野

北海道大学 総合入試理系合格 小野
センターの得点は現役時より113点UP、去年はまったく手が動かなかった北大の記述も55段階での充分な添削指導のおかげでクリア。勉強のみに集中できた素晴らしい一年間でした。

本間

名古屋大学 理学部合格 本間
現役のときは高校の授業にもついていけない状態でした。55で基礎を固めたことで自然と応用力もつき、センターは昨年より133点UPし名大模試もB判定に。ありがとうございました。

衛藤

九州大学 工学部合格 衛藤
センターは現役時より157点UP、Eばかりだった判定が秋の九大模試でA判定。四谷学院の手厚い生徒対応、授業と55段階の学習サイクルが、成績を伸ばしてくれたと思います。

遠藤

東京工業大学 情報理工学院合格 遠藤
55段階では質問へのレスポンスの速さに感動、授業は生徒の顔を見て指導して下さり記憶に強く残るものでした。判定は現役時E→Aに伸び、確固とした合格のイメージを持てました。

石井

東北大学 理学部合格 石井
理系科目には自信がなかったけど、英語は普通の授業じゃつまらないと思っていた私に、科目別にレベルわけされる四谷学院はぴったりでした。テキストも良問ぞろい。ありがとうございました!

柏木

九州大学 工学部合格 柏木
55段階で基本を固めつつ授業で様々な解法を身につけ、効率よく成績が伸びました。昨年は50前後だった数学の記述偏差値が10月の九大模試で63に。授業が面白く毎日楽しみでした。

ご紹介しているのは合格報告の内ほんの一部です!今後も続々追加予定!

  • 国公立理系
  • 国公立文系
  • 私立理系
  • 私立文系
  • 医学
  • 歯学・薬学・農獣医・看護医療

△このページのトップへ