MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  広島大学を目指す方へ

広島大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真広島大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。広島大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声広島大学に合格した先輩の声

黒田さん
広島大学文学部合格 黒田さん
春の模試で40%程度だった英語の得点率が80%に伸び一次試験の総合得点率は、50%強→78%と大幅アップ!中学生レベルからの学び直しが、苦手科目を得意にし、難関大学の問題にも取りくめる力になっていきました。

基礎からやり直せることが予備校選びのポイントだった。

現役時の受験について、学習状況や成績を教えてください。

自分は英語や数学といった主要科目を苦手としていたにも関わらず、それらにあまり時間をかけて勉強することがなく、暗記系科目を中心に取りくんでいました。結果として、やはり英語・数学がうまくいかず、合格できませんでした。

苦手科目に積極的に取りくむのは、なかなか難しいことかもしれませんね。

だから、浪人するにあたって、予備校を決める際には、基礎からしっかりとやり直してくれるようなところを選ぼうと思っていました。四谷学院の55段階ではそれができるところに魅力を感じて入学しました。本当に基礎的なことから始まっていきましたがやっていくと、自分が思っていた以上に、理解できていないことがわかりました。それでも、講師の先生方は、どんな些細な質問にも丁寧に答えてくださって、疑問を一つひとつ潰していくことができました。それから、55段階のテキストには、基礎的なことだけでなく、発展的なことまで載っていたので、最後まで使い続けることができて良かったと思います。

以前は難しかったことが簡単に感じられるようになった。

苦手意識に変化はありましたか?

55段階が終わる頃には、苦手科目が得意科目になっていました。以前は難しいと思っていたことが、次第に簡単に感じられるようになっていったんです。中学生レベルの知識から学び直して基礎的な力をしっかり固めたことが、結果的に難関大学の問題に取りくめる力になっていきました。

具体的な成績の伸びがあれば教えてください。

特に伸びたのは英語です。入学当初の模試では40%程度しか得点できませんでしたが、共通テストは80%得点できました。総合得点率は78%で、50%ちょっとだった現役時のセンター試験に比べると、大幅に伸びています。

四谷学院での勉強習慣を守り、在学中の資格取得をめざしたい。

合格を知ったときのお気持ちを教えてください。

合格発表までは、あまり落ち着かなくてウロウロしていました。ネットで合格を見たときは、嬉しいというよりも、ほっとする気持ちの方が大きかったですね。些細なことでも質問に答えてくださった先生方と、毎日の挨拶で激励してくださった受付スタッフの方々には、本当に感謝しています。

最後に、今後の抱負をお聞かせください。

大学生活を送る中でも、決して怠けたりすることなく、四谷学院で身につけた日々勉強する習慣を守りつつ過ごしていこうと思っています。歴史学の道に進みたいと考えているのですが、大学生のうちに学芸員の資格を取得することをめざします。そして、将来も歴史学に関わっていきたいです。

岩永さん
広島大学工学部合格 岩永さん
地元国立大の他、滑り止めにも全落ちしてから1年、総合140点以上アップで志望ランクを上げて広大に合格!先生との距離が近く、効果的な演習が積める四谷学院には勉強のための環境が最大限に整っていました。

四谷学院に入学する前の状況を教えてください。

現役の頃は、地元の山口大学をめざして勉強していました。勉強に対する意識が低くて、模試の結果が悪くても、何とかなるだろうと考えて、ぎりぎりまで本気になることができませんでした。結果はもちろん不合格で、滑り止めも全部落ちてしまいました。

中学レベルから広島大二次対策まで先生の丁寧な答案添削で攻略。

四谷学院を選んだ理由は何ですか?

まず、誘惑を断ち切るために山口を出ようと決意し広島の予備校を探していました。その中で四谷学院を選んだのは、基礎の見直しをできる55段階が、とても魅力的に思えたからです。実際、数学や英語は中学の内容からで、基本の確認をして土台を固め、プラスその上に積み上げていくことができます。二次試験レベルまで幅広く問題が用意されているので、演習量もしっかり確保できますし、解答の一つひとつを先生が添削してくれるので、とても効果的でした。

先生による添削指導には、どんな効果があったと思いますか?

先生の解説はとても丁寧でわかりやすかったですし、「ここをこうすると良いよ」とか「ここはこうやって解くんだよ」とか、対面で教えてもらうと、より覚えやすく、理解も深まりました。それから、広島大学の英語は、グラフの読み取りなど、要約文や英作文に特徴があるんですが、どういうところを意識して解いたら良いか、コツを教えてもらえましたし、答案の添削をしてもらうことで攻略できたと思っています。

一方通行の映像授業だけでは質問もできないし、身につかない。

対面指導だからこその効果ですね。

そうですね。クラス授業もそうでしたが、直接の方が自分には身につくなっていうのは実感しています。現役の頃、映像授業の予備校に通っていたこともあったんですが、質問はできないですし、一方的に見るだけで長続きしませんでした。四谷学院は、クラス授業さえも先生との距離が近くて気軽に質問できましたし、先生のちょっとした小話が面白くて、授業が楽に受けられてモチベーションにもつながっていました。

志望ランクを上げての合格に、嬉しくて大声で叫んでいた。

合格発表の日は、どんな様子でしたか?

結果を見ようとしてはやめて、また見ようとしてはやめて、を繰り返していたら、親から「おめでとう」って電話があって、先にネタバレされました(笑)。その後、自分でも確かめたら実感がわいてきて、とたんに嬉しくなり、大きな声でよっしゃ!って叫んでいました。センター試験から1年、共通テストは総合点が140点以上アップして、志望校ランクを上げての合格でした。勉強のための環境が最大限整っている四谷学院で、勉強時間を大幅に増やすことができた結果です。ありがとうございました。

井上さん
広島大学工学部合格 井上さん
1年で5教科総合140点近くUP!数学と化学はどちらも約30点のプラス!先生のサポートとわかりやすいテキストで基礎を固め、自信と実力がつきました。

昨年は自分ではしっかりと勉強してきたつもりでしたが、結果はまったくついてこず、受験した国公立大学は前期も後期も不合格で、浪人を決意しました。そこで「昨年と同じことをしても意味がない、基礎力を一から身につけたい」と思って四谷学院に入りました。

基礎力は簡単に身につくものではありませんでしたが、先生の力も借りながらなんとか55段階を終えたときには、自分では想像できないくらい自信がついていました。また、コロナのために四谷学院に通えず映像で授業を受けていたときもありましたが、授業再開後には先生方が映像授業の分のまとめプリントなどを作ってくださり、大変助かりました。四谷学院のテキストは、とてもわかりやすく整理されているので、頭に入りやすかったです。何度も何度も、電車やバスでの移動中などにひたすらに読み込み、ボロボロになるまで読み返していました。おかげで、昨年は苦手でセンター試験では40点ほどしか取れなかった化学が得意になり、共通テストでは73点まで伸びました。数ⅡBも50点台から89点まで伸び、総合点は140点近く伸ばし661点をマークすることができました。この成績の伸びが、第一志望合格に役立ったと思います。

合格がわかったときは嬉しかったです。自分のやってきた勉強に自信が持てました。自分は工学特別コースという最初の1年は工学部のすべての分野に触れられるコースに進むので、実際に自分の目で見て、工学部の中でどの学科を学びたいのか、じっくり考えていきたいです。

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください