MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  広島大学を目指す方へ

広島大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真広島大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。広島大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声広島大学に合格した先輩の声

村上さん
広島大学教育学部合格 村上さん
55段階で基礎の抜けを埋めたおかげで、学校の定期試験で平均点がとれないほど苦手だった英語が偏差値67まで伸びて得意科目に!D判定から逆転して、広島大学に現役合格できました!

「実はわかっていなかった」を55段階が気づかせてくれた!

入学する前の状況はどうでしたか?

英語が苦手で、学校の定期試験では平均点さえとることができませんでした。高3になってさすがにこのままではダメだと思いましたが、何ができて何がわからないのか自分ではわかりませんでした。

そんな中、四谷学院に入学したのはなぜですか?

友達が55段階を勧めてくれたんです。私が「基礎が抜けてて、どこがわからないかもわからない」と相談すると、「55段階は中学の内容とかSVOCからやっていくから、それなら基礎からできていいんじゃない?」と言われて、入学を決めました。

実際、55段階はどうでしたか?

テスト形式で、簡単だと思っていた単元でも満点がとれないことがあり、自分のできていないところがよくわかりました。55段階の先生は、正解していても理解が浅そうなところを見抜いて教えてくれたり、関連する別の問いを出してくれたりもしました。それが意外と答えられないことが多く、「実はわかっていなかった」と気づかせてくれました。

とにかく苦手だった英語が得意に!最高偏差値は67までアップ!

気づいていない穴を先生が見つけてくれたんですね。

はい!おかげで、苦手だった英語の点数が驚くほど伸び、学校の定期テストでも平均点以上をとれるようになりました。基礎的なことから復習していったおかげで自信がつき、一番の苦手科目から得意科目に変わりました!

見事、苦手を克服できたんですね!模試の成績などもアップしましたか?

そうですね、英語は最高偏差値67まで伸びました!総合的な成績もD判定からA判定に伸びて、広島大学に合格できました。55段階はテキストも見やすくて、覚えなければいけないポイントがわかりやすかったです。各単元の最初にある、まとめのページは特に役に立ちました。

学習計画も志望校選びも全部、担任の先生が相談に乗ってくれた。

担任の先生のサポートはどうでしたか?

担任の先生にも本当にお世話になりました。模試が返却されたら先生に提出し、一緒に学習計画を考えてもらいました。点数が良くて気にしていなかった科目でも、「この分野の点数もう少し伸ばせそうだよね」などと、自分では気づけなかった点を指摘してくれました。志望校で悩んだときも親身になって相談に乗ってくれ、本当にありがたかったです。

受験のプロである担任の先生は、心強い味方でしたね。受験を振り返ってみて、感想などありますか?

なかなか成績が伸びず苦しい時期もあったし、国立一本で勝負すると決めてからは不安も大きかったです。でも合格を手にした今、自分の勉強や決心は間違ってなかったと胸を張って言えます。合格した喜びは、言葉にできないほど格別です!

本当におめでとうございます!最後に、メッセージをお願いします。

四谷学院で出会った先生方のおかげで、この合格を手にすることができたと思います。本当にありがとうございました!

小泉さん
広島大学工学部合格 小泉さん
センターが1年で120点以上アップ!!四谷学院は最高に「信頼」できる予備校。先生とテキストを信じてひたすら基礎を固めたら受験生に必要な力が身について、広大に合格できました。

センターが120点以上アップ!伸びの秘訣は「基礎の確立」

入学の決め手を教えてください。

説明会に参加したとき、自分は勉強の基礎が確立されていないと気づきました。その基礎を四谷学院なら丁寧に教えてくれること。また現役時の放任主義の塾と違って、一人ひとりに寄り添ってもらえるところが良いと思って決めました。

小泉さんは1年間で、センター得点が120点以上も上がっていますね!?

私が伸びた最大の理由は、「基礎の確立」にあると思っています。55段階はテキストで予習をしてからテストという形式なので、間違っているところはすぐにわかるし、その場で解説していただけるので内容が定着しやすいです。

解説で特に印象に残っている点はありますか?

55段階の授業はすごく丁寧で、間違えたところだけでなく、受験によく出る必要知識を基本から教えてくれました。また自分が正解した問題でも、受験生の多くが間違えるものは「なぜこの答えになったの?」と聞かれるので、あやふやな知識もしっかり自分のものにすることができました。

受験生には絶対に基礎が必要!!先生とテキストを信じて良かった。

55段階のフル活用が成績アップの鍵だったのですね。

はい。普通の授業だけだったら難しいテキストばかりをやって、入試に必要な細かい知識は身につかず、完璧な解答は作れなかったと思います。

「国立=難しいテキスト必須」と間違えている人も多いんですよね。

受験生には絶対に基礎が必要です!!「こんな簡単なこと邪魔くさい。もっと難しい問題やりたい」と思ってしまうことも私はありましたが、もう一度しっかり“簡単な問題”について考えてみてください。実は定義などがあやふやだったり、問題形式が変わると解けなかったりします。

確かにそういう声は多いです。

だから困ったときには基本に戻れるよう、しっかり基礎を確立させておきましょう。現役のときは、先生が言ったことも自分の考えにすり替えて難しいテキストばかりやっていましたが、四谷学院の先生を信じて最後までテキストをやり込んだら、合格することができました!

本気で受かりたい?それなら、四谷学院を信頼して!

55段階にそこまでの信頼を置いてくださって嬉しいです。

合格した今、心の底から「頑張って良かった!!!」と思っています。早い時期から55段階を進めておくことは、とても重要。プライドを捨てて本当に受かりたい!と思ったら、四谷学院は信頼できる先生のいる予備校です。

本当におめでとうございました!!最後に将来の展望をどうぞ。

私の学科は機械やエネルギー・輸送・材料と分かれていますが、どの分野も楽しそうなので、専門の勉強をしてから一番興味をもった学科に進みたいです。材料強度や、歯車のかみ合わせを学ぶ研究室などにも興味をもっています!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ