MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  一橋大学を目指す方へ

一橋大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真一橋大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。一橋大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声一橋大学に合格した先輩の声

坂下
一橋大学経済学部合格 坂下
現代文と数学の偏差値が20以上アップ!
基礎と応用の両方を学べるダブル教育で、「最も点のとれる方法を瞬時に見抜く」力を得られました。
ずっと行きたかった大学に合格、本当に良かったです。


合格発表が楽しみなくらい、試験結果に自信あり!

合格おめでとうございます。入試本番の感触というのは、いかがでしたか?

現役のときは発表前から不合格だと思っていたのですが、今回は発表が楽しみなくらい手応えがありました。

合格できる自信があったのですね!

はい。自分の課題だった英語と数学が、二次試験でとても良くできたので。

その成功理由は何でしょう?

55段階での基礎固めです。現役時は基礎の複雑な部分で点を落とすことが多かったのですが、そうしたときも基礎に戻るのでなく、解説を眺めて「なぜわからないのか」悩んでいました。でも今年は、55段階で基礎を学んでから授業を受けたことで習得度が全く違いました。

基礎→実戦の理想的なステップで数学の偏差値が20アップ!

坂下くんは55段階とクラス授業を上手に使ってくれていたんですね。

そうですね。特に数学は55段階で基礎を再確認し、問題に数多く触れ、実戦的なクラス授業で「時間内に解く」感覚をつかむようにしていました。

クラス授業はどんな点が“実戦的”でしたか?

まず、テキストです。特定の大学の問題だけだとどうしても傾向が偏ってしまいますが、四谷学院のテキストはさまざまな分野をカバーしていました。いろんな分野の組み合わせに対応できるので、総合的に学力が向上し、入学前47だった偏差値が67まで上がりました。

偏差値が20も上がるためには何が重要ですか?

最初のステップとして55段階とクラス授業で演習量を積み、ある程度の典型問題を解けるようになったのですが、実際の入試というのは、そうした典型問題と難しい問題とが混じっているので、「自分が着実に解ける問題」を見つけ出す必要があります。

どうしたらわかるのでしょう?

問題を見たとき、どの分野の解法を使うべきかすぐに判断できるものと、できないものがあるんです。解けそうな問題パターンというのは以前に似たような問題に出合っていて、55段階でその際に組み合わせを考えている。だから分野をまたいだ問題に多く触れておけば、着実に点数を稼ぐことができます。

現代文も偏差値23アップ!四谷学院なら総合的に学力を上げられる。

なるほど。現代文も偏差値が50→73とすごい伸びですが、こちらも総合的学習の成果ですか?

はい。現代文も同じです。多くの大学の問題に触れたことで対応力が上がり、型にはまったものでなく、内容をしっかり理解したうえで解答ができるようになりました。それが数値にも出たと思います。

最後に、この1年間を振り返っての感想をどうぞ。

一番行きたかった大学に合格できて、浪人して良かったです!自分に合った勉強法、そして多くの知らなかった知識を得ることができ、この経験を大学生活にしっかり活かしていきたいと思います。

河野
一橋大学法学部合格 河野
記述模試で偏差値70、一橋模試ではB判定まで上昇!
生徒と向き合い、一人ひとりの理解度を見てくれるダブル教育なら着実な成績アップが見込めます。
夢に向かって後押ししてくれた四谷学院に感謝です!


クラス授業と55段階の両方が中学からの夢を後押ししてくれた!

一橋大学法学部の現役合格、おめでとうございます!

ありがとうございます!僕はいろいろと考えることが好きで、中学生のときから弁護士になりたいと思っていました。だから合格したときには「え、本当!?」となって、でも親にも「努力が報われたね。おめでとう」と言われて、とても嬉しかったです。

素晴らしい夢の第一歩を踏み出せましたね!河野くんが四谷学院を選んだ理由は何ですか?

クラス授業だけでなく、55段階があることです。大人数の講義というのが好きでなくて、質問に行きづらい雰囲気とか、生徒が理解しているか先生が確認してくれないみたいなのは嫌だったんです。その点、55段階のような1 対1の授業があるのは良いなと。

文法から読解まで完璧!一橋対策のできるクラス授業。

四谷学院は他の予備校と違った?

違いました!自分が気になっていた、大手予備校の嫌なところが全くなかったんです。クラス授業はしっかり自分のレベルに合っていて、「知りたかったことを授業中にきちんと学べる」とても良いものでした。

具体的に教えてください!

英語や古文は文法をしっかり理屈つきで、わかりやすく説明してくださり、それを読解の中で確認していくという、一橋対策に必要な要素を完全に満たすものでした。だから一橋独自の特殊な二次対策もできたし、ダメダメだった古文もセンターで満点をとれたんです。

疑問点を、全て理解に。点数がとれる実践的な55段階。

満点とはすごいですね。55段階の方はどうでしたか?

55段階は、クラス授業で学習した内容を実際に解いて確認できるだけでなく、自分が疑問に思っていることを先生に直接何度でも説明してもらえるので、あやふやな点が解消されて「しっかりとした理解」につながりました。

特に良かった科目はありますか?

現代文です。今までは何となく解いていたのですが、先生の指導のおかげで根拠を探しながら読むようになって、解き方が変わりました。目の付けどころや読解の細かなテクニックを教えてもらい、運ではなく、安定して着実に点がとれるようになりました。

記述模試で偏差値70。一橋模試でもB判定をマーク!

その成果でしょうか。秋の記述模試では、総合偏差値70をマーク。一橋模試でもB判定を出していますね!

そうなんです。あと他に、学習環境が良かったことも挙げられるかと思います。四谷学院の自習室は朝から晩まで使うことができ、長時間張り詰めた空気の中で勉強できたことは自分のレベルアップにとって、とても重要な要素でした。朝型生活にも慣れましたし、成績向上だけでなく生活習慣まで変えてくれた四谷学院には、感謝の思いでいっぱいです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ