MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  北海道大学を目指す方へ

北海道大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真北海道大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。北海道大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声北海道大学に合格した先輩の声

大内
北海道大学総合入試理系合格 大内
浪人するなら上をめざしたい。将来は数学教師になりたい。思い切って理転をして化学と数学Ⅲをゼロからスタート。55段階とクラス授業を活用して理系科目のコツをつかんで化学が38点→71点で北大に理系合格!

数学教師になりたいが文系だった。

現役時は予備校に通っていましたか。

いえ、通っていなくて独学で勉強をしていました。何とか自分でやり切れると思っていて、北海道教育大を受けたのですが不合格で、二次力が圧倒的に足りないなと感じました。

はじめは北大志望ではなかったのですね。

はい。数学の先生になりたいと思っていたのですが文系で。数Ⅲがいらないので教育大を受けたんです。でも浪人するからには上をめざしたいということで北大を志望して、理転することにしました。

化学と数学Ⅲがゼロからスタート。能力別の授業が良いと思った。

では数ある予備校の中で四谷学院を選んだのはなぜですか。

いろいろな予備校を見ているうちに、四谷学院は他とは明らかに違っているなと感じたからです。

具体的には?

理転するにあたって、僕は化学と数Ⅲをやっていなかったのですが、他の予備校だと北大志望は北大コースみたいになって全部北大水準から始まるじゃないですか。でも、四谷学院では教科ごとにレベルが分かれる授業が良いなと思いました。

初めて勉強する科目がある人にはもってこいですよね。

はい。実際僕は、入学当時化学はマーク模試で38点だったんですけどセンター本番は71点とれましたし、正直これでも化学失敗したなあと思ったくらいです。

初学の化学は38点→71点に。でも特別なことはしていない。

約2倍ですね!それほど化学を伸ばせた理由は何でしょう。

特に特別なことをしたわけではないのですが、55段階とクラス授業をしっかり活用したことですかね。理科の科目ってやり方のコツをつかむことが大事なんですよね。予習をしてわからないところはとにかく先生に質問をして、解くコツを教えてもらう、というのを繰り返していました。

なるほど。ちなみに55段階はどういうところが良かったですか。

大学入試に必要な基本知識が詰まっているのと、テストを通して自分のできていない部分がわかるところです。あとは、段は入試問題になってくるので、基礎にも実践にも使えたのが良かったです。

なるほど。二次対策にも活用できたのですね。

はい。2月の入試直前はとにかくたくさん入試問題レベルである段の問題を解いて添削してもらいました。

では最後に後輩へのメッセージをお願いします。

僕は勉強の仕方がわからない状態で入学したのですが、わからないなら55段階に従ってやっていけと言う先生のアドバイスを実践することで自分の穴が見えて勉強方法が確立できました。勉強法が確立できているか否かでは同じ勉強時間でも勉強量が雲泥の差です。四谷学院の先生に頼りながら、合格した自分を想像して頑張り切ってください!

原
北海道大学法学部合格 原
55段階でたくさんの問題にあたることができたおかげで見たことがないと思う問題を減らすことができた。クラス授業では確認プリントで効率良く基礎を学べ2年の終わりまで毎日部活でも現役で北大合格!

2年の終わりまではほぼ毎日部活。

まずは合格おめでとうございます。

ありがとうございます。発表前日の夜は不安で眠れず、朝ごはんも食べられないくらい緊張していたので、自分の番号を見たときの安心感は半端なかったです!

現役で合格は素晴らしいですね。ちなみに原さんは1年生から四谷に入学したとのことですが、部活動もやっていたんですか。

はい。2年生の終わりまで吹奏楽部に所属していて、朝昼放課後はほぼ毎日部活でした。

ほぼ毎日部活…。それでも予備校に通うのはえらいですね。

学校の授業についていけなくなって。はじめは勉強のペースをつかむために入学しました。2年までは部活と両立しながらある程度学校のカバーで。3年になって受験を意識して科目選びをしました。

なるほど。受験の1年間を乗り切れた理由は何でしょう。

成績が少しずつ伸びていることの喜びと、講師の先生に会いたいという気持ちがあったからだと思っています。

先生の教え方がわかりやすくテクニックを教えてもらえた。

先生に会いたいという気持ちで頑張れるのはすごいですね。授業はどんな感じでしたか。

何といっても先生の教え方がわかりやすくて。模試や受験で使えるテクニックを教えてもらえました。

具体的に授業で印象に残っていることは何ですか。

数学のクラス授業で単元ごとの基礎的な問題だけ載せたプリントをもらったことです。もともと効率良く勉強するコツを教えてもらいたくてクラス授業をとっていたのでとても助かりました。もらったプリントを見ればセンターは乗り切れるという内容だったので、センター試験の前にも確認していました。

やるべきところが目に見えてわかり計画が立てやすい55段階。

なるほど。では55段階の授業の良かったところはありますか。

やらなければいけないことが目に見えてわかるので計画が立てやすかったところです。また苦手な分野を優先してできたり、進め方に融通が利いたのも良かったです。これも数学の話になってしまいますが、割と早く進めたので自分の志望校以外の問題まで手をつけられていろんなパターンの問題を解くことができました。おかげで模試のときに見たことないなと思う問題が減りました。

問題数をこなすのは大事ですよね。ちなみに原さんはお友達にも四谷学院を勧めてくれていたんですよね。

はい。受ける科目を柔軟に選べるよとか、自分のペースで進めていけるよと友達を誘っていました。実際に入った友達と55段階の進み具合を競い合えたのでより一層やる気になりました。

切磋琢磨できる友達の存在は大きいですね。では最後に大学生活への抱負をお願いします!

北大法学部では法律の専門的な勉強ができるので学んだ知識を社会に活かせるよう日々の授業を大切にしていきたいと思います!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ