MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  法政大学を目指す方へ

法政大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真法政大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。法政大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

先輩の声法政大学に合格した先輩の声

山本くん
法政大学法学部合格 山本くん
中学英語の文法すら、まともにわからなかった。基礎事項をしっかり学習した結果英語の偏差値が43→ 55にアップ!苦手意識が強かった英語が楽しくなりました。

現役の時は英語の偏差値が50を超えたことが無く、中学英語の文法事項すらまともに覚えていませんでした。四谷学院を選んだ一番大きな理由は、55段階があったことです。他の予備校ではどうしても飛ばしがちな中学レベルの基本事項をしっかりと学習でき、当時中学の英文法すらまともにわからない僕にはピッタリだと思い入学を決めました。

実際に55段階を受けて感じたのは、先生が中学レベルの質問でも親切に答えてくださり、間違えたところは丁寧に一つひとつ教えてくださるということです。そのとき「本当に中学レベルの基本事項からやってくれるんだ、四谷学院を選んで良かった」と思いました。成績が伸びた一番大きな理由は、英語の苦手意識が払拭されたことです。それまでは基本事項がわからないために苦手意識が生まれ、「日本人が英語なんて覚えなくていい」などと言って現実逃避をしていました。その結果、受験で最も大きな配点を占める英語が足を引っ張り、現役時受けた大学は全落ちしてしまいました。しかし、この55段階個別指導で中学レベルの基本事項をしっかりと学んだことで苦手意識も払拭され、英語を学ぶことが楽しいと思うようになりました。難しいと思ったところも視点を変えたら実は簡単ということにも気づき、違いがよくわからない選択肢も教えて頂いた消去法を使えば難なく解けるようになりました。その結果、現役時には43だった英語の偏差値は55にまで伸びました。これは現役時には考えられなかったことです。四谷学院には明るくて面白い先生が沢山いて授業を受けていてとても楽しかったし、テキストの内容をわかりやすく教えて頂いたので、一人でやるときの数倍効率よく吸収できました。

合格はネット合否判定で確認しました。自分が受かったことが信じられず、何度も何度も確認しました。受験した日の英語がとても難しく、受かっているか不安だったので、受かった時は天にも昇る心地でした。大学では世界の様々な政治制度と言語を頭に入れ、将来はグローバル企業で働きたいです。多言語習得は難しいとは思いますが、それを将来への投資だと思って頑張ります。

蔵野さん
法政大学キャリアデザイン学部合格 蔵野さん
マーク模試の英語は120点→180点!55段階をやっていたおかげで部活を引退したときにはすでに基礎ができていた。がんばって本当に良かったです。

私が四谷学院で勉強を始めたときにはまだチアダンス部で活動をしていました。それでも55段階とその予習復習をやっていたおかげで、部活を引退して本格的に受験勉強に取り組み始めたときには、すでに最も大切な基礎ができ上がっているように感じました。55段階は、先生に直接答案の良い点悪い点を指摘していただけるので、どの科目でも自分の解き方の特徴を理解することができ改善につなげられました。その結果マーク模試の英語は120点から180点にまで上がり、判定も4月のE判定から8月にはB判定にまで上がりました。また自信をなくしがちな受験期に55段階の先生にできるようになったところを褒めていただけることは本当に受験勉強の励みになりました。毎週の55段階の時間が楽しみだったほどです。そして担任の先生は勉強方法や成績の伸び具合、進路選択まで本当に親身になって相談に乗ってくれたので、不安が解消され精神的にとても支えになりました。

合格したときは本当に信じられなくて、何度も何度も見直して涙が止まりませんでした。今すぐ担任の先生やお世話になった先生に報告したい!と思って急いで四谷学院へ向かいました。受験期は不安なことも多かったけれど、本当に頑張って良かったとこんなにも心から感じたのは人生で初めてでした。

後輩たちへ。学校帰り、四谷学院に行くと受付の先生方がいつでも明るく挨拶してくれたので「今日も頑張ろう!」と思えました。55段階や担任の先生も親身になって相談に乗ってくれるので四谷学院にいれば、受験勉強は全く心細くないです。自分と四谷学院の先生方を信じて頑張ってください!

佐橋くん
法政大学国際文化学部合格 佐橋くん
受験勉強をしたことのない状態から総合点を152点も伸ばして逆転合格!55段階には成績向上に必要な要素が詰まっていました。

僕は受験勉強を全くしたことのない状態で四谷学院に入学しました。四谷学院に入学した理由は、高校の先輩に勧められたからです。何をすればいいのかわからない僕を担任や55段階、クラス授業の先生方が引っ張ってくださり、成績は徐々に伸びていきました。

四谷学院といえば55段階ですが、このシステムは自分のレベルとペースに合わせて進められ、さらに1対1で先生からアドバイスをいただけるなど、成績向上に必要な要素が詰まっていると感じました。先生方はみんな優しく、質問や相談にはとても真剣に向き合ってくれました。次の授業が始まってしまいそうなときには、アドバイスを手短に済ませるのではなく、「放課後にまたおいで。」などと言ってくれる親身な先生方ばかりでした。自習室もしっかり規則が決められていて、集中しやすい環境でした。おかげでセンター試験の総合点が152点も伸び、D判定から逆転できました。特に去年6割しかとれなかった英語は、約50点も伸びて170点をマークしました。

合格を知ったときは、「良かったぁ」「やっと終わった」「これで自分も大学生か」などたくさんの感情が一度に押し寄せて来て、肝心な「やったー!!」が薄かったのを覚えています。大学ではたくさんの友達を作り、またアルバイトや留学など様々な体験をして見聞と経験を広げたいです。

先生やスタッフの方々、たくさんのアドバイスと励ましをいただき、本当にありがとうございました。後輩の皆さん、辛い事もあると思いますが、そんな時は先生やスタッフの方々と話してみてください。話した後は気分がとても楽になっているはずです。

大竹くん
法政大学経済学部合格 大竹くん
部活も学校行事も忙しく、総合偏差値48.5、E判定からのスタート。先生が丁寧にわかりやすく教えてくれたおかげで総合点を297点→419点に伸ばして合格!

私は部活が厳しく引退も遅かったので、周りに比べて勉強し始めるのが遅かったです。夏休みに入ってから実績のある塾を探し、四谷学院に入学しました。しかし、私は文化祭で劇の主役を演じることになったので、夏休み中は週4で学校に行って練習しなければならず、勉強時間を確保するのがとても大変でした。そんな中55段階は、自分の予定に合わせて時間割を組めるので無理なくできましたし、もし予定が入っても振替をすればしっかり受けられたので良かったなと思います。

クラス授業はそれぞれの科目がレベルごとに分かれているので、進むスピードが遅いとも早すぎるとも思わず、とても良いペースで勉強できました。自分の学力がついてきたら、上のクラスに上がるためのレベルアップテストもあったので、自分の実力に合わせた授業が受けられると思います。私は夏休み終わった時点での勉強時間が少なく、模試の結果も散々でとても焦りを感じていましたが、わからないところを55段階やクラス授業の先生に聞きに行くと、とても丁寧でわかりやすく教えてくれ、学力が急激に伸びました。担任の先生に模試の結果を見せると、これからどう勉強していくかなどを一緒に考えてくれ、とても助かりました。おかげで、総合偏差値48.5からのスタートで判定はもちろんEだった私が、総合点を297点から419点にまで伸ばして法政大学に合格することができました。

私は元々勉強が得意でない上に、本当に勉強が嫌いでしたが、成績が伸びるととてもやる気が出ました。みなさんも基礎を固めて成績が伸びれば、勉強が楽しくなると思います。頑張ってください。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ