MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  旭川医科大学医学部医学科を目指す方へ

旭川医科大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真旭川医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。旭川医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声旭川医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

菊地
旭川医科大学医学部医学科合格 菊地
現役時代はセンター得点率が72%で一度はあきらめかけた国立医学部受験。四谷学院以外では僕の合格はありえませんでした。

僕は高校生の頃からずっと医師に憧れていて、医学部に行きたいと思っていました。でも、自分の学力はとてもそのレベルに達しておらず、本番のセンター試験では得点率72%でもちろん医学部は不合格でした。不合格を知って、初めは予備校選びの前に浪人すること自体を迷いました。現役時代の受験勉強の結果として、自分の学力の低さが客観的に分かったので、「とても医学部なんか無理だ」という心境になってしまい、医学部受験自体をあきらめかけていました。そんな僕を見た母親が「もう1年だけ頑張ってみたら?」と背中を押してくれ、四谷学院に入学しました。

四谷学院では、同じコースの中でも、科目ごとに自分のレベルに合った授業が受けられるのが良かったです。というのも、僕は数Ⅲが特に苦手だったので、普通の予備校みたいに全科目同じレベルの授業だと絶対についていけなかったと思います。それから、55段階指導があることで基礎の穴をきっちり埋められるし、疑問点があれば目の前にいる先生にすぐに質問して解決できるのが本当に良かったです。また、学習面はもちろんですが、四谷学院は医学部対策のための様々な進路情報や模擬面接、小論文対策、常に受験生に寄り添ってくれる担任の先生など、ありとあらゆるサポートが充実していて本当にありがたかったです。

合格した今、四谷学院にはただひたすら感謝あるのみです。四谷学院以外では僕の合格はありえませんでした。今までずっと支えてくださったスタッフのみなさん、担任の先生、講師の先生方に心からお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございました!

梅沢
旭川医科大学医学部医学科合格 梅沢
現役時代はE判定しか出なかった医学部。四谷学院でダブル教育のシステムを活用し、高校の先生も驚きの合格を果たせました!

高校時代は、模試でE判定しか出たことがなかったので、正直浪人しても自分が医学部に合格できるかどうかとても不安でした。僕は基礎的な部分でも多くの穴があったので、四谷学院のダブル教育のシステムが自分の力を上げるのに最適だと思い、入学を決めました。

そして、入学後は55段階とクラス授業を組み合わせて勉強習慣を作っていきました。まず、クラス授業で扱う単元を55段階である程度進めておき、授業においてさらに理解を深めました。そしてその日のうちに授業の復習をして、もしちゃんと理解できてないところがあれば、次の日に55段階でしっかり説明していただきました(。55段階の先生方はどんな質問でもわかるまで丁寧に説明していただきありがとうございました。)

合格発表は、ネットで確認しました。正直自分の番号があるとは思っていなかったので、すぐには合格を信じられませんでした。何度確認しても不安で、合格通知が届いてからやっと安心できました。高校の先生にも報告しましたが、高校時代はE判定しか出たことがなかったので、とても驚いていました。

今の僕は、医学部に合格して、自分の夢である医師になるためにようやくスタートラインに立てたといった心境です。きっと大学では、より一層勉強に取り組んでいかなければならないと思いますが、地域医療の中心となる医師になるために、これまで以上に努力します!

西村
旭川医科大学医学部医学科合格 西村
去年までは大手予備校で浪人を重ねて失敗。合格の瞬間は涙と震えが止まりませんでした。諦めず四谷学院に来て本当に良かったです!

私は大手予備校で医学部を目指して浪人していましたが、3年目ということで「これで最後にしよう」と決めて予備校を変えることにしました。それまでもがむしゃらに勉強していたけれど、今振り返ると自分の間違ったやり方に固執していました。そこで、客観的に自分の成績や状況を把握しながら、個別にフォローしてもらえる予備校にしようと思い、四谷学院に決めました。

四谷学院では、クラス授業が科目ごとにレベル別なので、どの科目も自分の実力に合った授業が受けられるし、55段階個別指導ではテストをすぐに添削してもらえるので、記述力・実践力が身につきます。それに、先生方との距離が近いので、いつでも気兼ねなく質問することができ、客観的なアドバイスをいただけたことで、勉強の方針に自信をもつことができました。おかげで苦手科目の数学も克服することができて、とても感謝しています。

また、四谷学院ではそれぞれの目標に向かって頑張る友人たちと一緒に勉強できたので、楽しく充実した日々を過ごせました。スタッフのみなさんの明るい笑顔にも支えていただきました。

念願の国立医学部に合格した瞬間は震えと涙が止まりませんでした。夢を諦めず、最後に四谷学院に来て本当に良かったです!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ