MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  福井大学医学部医学科を目指す方へ

福井大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真福井大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。福井大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声福井大学医学部医学科に合格した先輩の声

水嶋
福井大学医学部医学科合格 水嶋
センター模試の得点率は約9割で第一志望の判定はE→Bまで上昇。四谷学院を勧めてくれた親に感謝。

『不合格』。私の目の前にその文字が怪しげな光を纏いながら立ち塞がっていた。自分なりには勉強を頑張っていると思いながら高校3年間を過ごしていたのだが、それが間違いであったということをありありと目の前に突きつけられてしまったのだ。絶望と後悔が私を苛んだ。兆候はいくらでもあったのだろう。しかし、私には気付けなかった。そんな自分が嫌になってしまいそうだった。

失意の中、親に勧められるがまま四谷学院に入学した。「塾なんてどこでも同じだ」と思いながら。しかし、私の予想は大きく外れた。四谷学院から指示されるがまま、課題を進めていくうちに「これならいける」という思いが心の底からふつふつと湧いてきたのだ。そう、四谷学院はただの塾ではなかったのだ。我流に流れてしまいがちな私を正しい道へ導き、正しい歩き方を教えてくれたのだ。もう怖いものは何もない。とにかく私は前へ進んだ。

成績はどんどん上がっていった。苦手な科目はもちろん、得意な科目でもどんどん穴をつぶしていくことでセンター模試では9割ほどの得点をたたき出し、第一志望の判定もE→Bになった。

そして本番、1つも危険な要因を持っていない私が恐れを抱くわけがなかった。むしろ、楽しんですらいた。もちろん、私自身も頑張ってきたのだが、それだけではこのような喜びは味わえなかっただろう。四谷学院に入学して正解であった。勧めてくれた親には感謝の念に堪えない。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ