MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  福島県立医科大学医学部医学科を目指す方へ

福島県立医科大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真福島県立医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。福島県立医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声福島県立医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

髙久
福島県立医科大学医学部医学科合格 髙久
55段階はこなしていくだけで自然と力がつく勉強法。少人数のクラス授業と合わせて受講した結果、5教科の総合得点は100点近くアップ!四谷学院のおかげで勉強が好きになりました。

クラス授業と55段階。両方組み合わせられるのが良い。

四谷学院に入学した理由を教えてください。

四谷学院を選んだのは、クラス授業だけでなく、55段階指導があるので実戦演習する機会が豊富に得られると思ったからです。また、基礎から学習して穴を埋めていくというのも私がやりたい勉強法にぴったりでした。

入学前はどんな勉強をしていましたか?

しっかりした方針もなく、ただ漠然と勉強するだけで手応えはなかったですね。苦手科目も苦手なまま。でも、四谷学院の55段階はテキストが分野ごとに整理されていて、ただそれをこなしていくだけで効率良く力がついていきました。

先生にはよく質問しましたか?

はい。55段階の先生は疑問点があると1対1で納得するまでとことん教えてくれるので本当にありがたかったです。

先生の授業が楽しくて、1時間があっという間だった。

クラス授業はどうでしたか?

クラス授業は少人数で、先生が一人ひとりを気にかけてくださるので俄然やる気がでました。授業の内容も面白かったので1時間があっという間でした。

具体的にはどういうところが面白いと思いましたか?

例えば数学なんかだと、単に問題を解くだけじゃなくて、定義から丁寧に教えてくれるので、難しいこともスっと頭に入ってくる感じなんです。だから1つの問題を教わることで、いろんな問題にも対応できるようになっていました。

予習と復習を繰り返すだけ。それだけで成績が伸びた。

成績はどのくらい伸びましたか?

授業の予習復習と55段階の演習を繰り返すだけで、いつの間にかどの教科も苦手分野がなくなり、幅広い力がつきました。模試の点数も安定するようになって嬉しかったです。結果的には5 教科の総合得点で626点→ 720点まで伸びました!

計画通り順調だったわけですね?

はい。ただ、それはクラス授業や55段階だけじゃなくて、担任の先生のサポートも大きかったです。担任の先生は勉強の進行管理をしてくれると同時に、精神面でも大きな支えになってくれました。受験のことだけじゃなくて、いろんなアドバイスをいただいたので、本当に感謝しています。おかげで根気強く頑張り続けることができました。

先生方のおかげで勉強を楽しめた。本当に四谷学院を選んで良かった!

では最後に、受験勉強を終えての感想をお願いします。

私は受験勉強はただつらくて苦しいだけのものだと思っていましたが、四谷学院のおかげで勉強がつらいと思うことはなくなりました。授業を受けるたびにどんどん勉強が楽しくなっていき、いつの間にか勉強を好きになっていました。それに、最後までモチベーションも維持することができたのも四谷学院の手厚いサポートがあったからこそです。本当に、四谷学院を選んで良かったです。これからも理想の医師になるべく大学での勉強を頑張ります!

吉田
福島県立医科大学医学部医学科合格 吉田
夏に大手予備校を辞めて四谷学院に入学。模試はE判定→B判定まで伸びて、センター得点率は昨年比10%アップ!

現役の頃、「医学部に行くんだ!」と豪語しておきながら、センター得点率は78%。国公立医学部は受験すらできず、浪人決定となりました。そして、合格実績に惹かれて某大手予備校に入学しました。

今思えば、その大手予備校の授業は楽しいものでした。いえ、正確に言えば「講師の醸し出す雰囲気」が楽しかったのです。しかし、8月に受けた模試の結果は最悪で、それからというもの、授業についていくのがだんだん苦しくなり、しっかり勉強時間を割いているにも関わらず、分からないし解けない。

あれ、テキストの問題ってまたレベルアップすんの?無理無理。そういえば質問に行ったけど先生が素っ気ないぞ。どうしよう?このままじゃマズい!

行き詰まった私は、その予備校を辞めて、9月から四谷学院に入学しました。そして、この選択こそが今年の合格の最大の要因であったと思います。理由は以下の4つです。

まず1つに、55段階では目の前の先生から1対1での対話指導が受けられるので、先生と生徒の間に双方向のコミュニケーションが成り立ちます。だから、疑問点があればきちんと納得して解決してもらえます。

2つ目は、ダブル教育のシステムのおかげで、途中入学でも自分の実力に合ったスタートラインからきっちり力を伸ばせることです。これは他の予備校では無理です。

3つ目は、四谷学院の先生はどんな質問にも、いつも親身になって丁寧に答えてくれることです。だから、「こんなこと聞いたら冷たく突っぱねられるかも。」という心配は全くありません。

そして4つ目は、どのクラス授業も少人数ならではのアットホームな雰囲気なので、変な緊張感や息苦しさがないことです。

これらの素晴らしい環境があったからこそ、模試はE→B判定まで伸びて、センター本番で自己最高の得点率88%を叩き出し、私立医も公立医も合格できました。本当に四谷学院に来て良かったです。

将来は総合診療医として、患者さんや地域の医療に貢献できるような医師になることを目標に、これからも頑張っていこうと思います。短い間でしたが、今まで本当にありがとうございました!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ