MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  岐阜大学医学部医学科を目指す方へ

岐阜大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真岐阜大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。岐阜大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声岐阜大学医学部医学科に合格した先輩の声

畑尻さん
岐阜大学医学部医学科合格 畑尻さん
完璧な基礎力とハイレベルな記述力を身につけ、E判定から夢の医学科へ!「合格で恩を返したい」と思えるほどの先生方の支えが勉強の原動力になりました。

私は現役時代、センター試験で失敗し、二次試験を受けることすらできませんでした。私にまず必要なのは、誰でも解ける問題を必ず解く力、完璧な基礎力でした。その上で、個別試験に対応できる記述力を養う必要もあったため、55段階で基礎力を上げ、クラス授業でハイレベルな難問も学べる四谷学院を選びました。

夏の終わり頃から成績はジワジワと上がり始め、秋には志望校判定がEからCに、そして共通テストの直前には合格を十分に狙える位置にまで到達することができました。それはやはり、55段階をコツコツ進め、テストを受けたら必ず復習する、というサイクルを行ったからだと思います。また、クラス授業も、こちらの躓きを全て把握しているかのようなポイントを押さえたわかりやすい解説で、予習時には手が出なかった難問も、復習時には自力で解法が思いつくほど考え方の根本が理解できるようになっていました。

そして医学科ならではの面接対策は、受験コンサルタントの先生に指導していただきました。過去に合格した四谷学院の先輩たちが残してくれたデータベースをもとに、本番さながらの空気感で面接試験を体験できました。先生には、出願に際しての複雑な手続きも不明点を気軽に聞けたり、不安に陥った時にいつも励ましていただいたり、親元を離れて寮で一人暮らしをしていた私にとって本当にありがたい存在でした。

1聞いたら10教えてくれた55段階の先生、いつも楽しく教えてくれたクラス授業の先生、そして、相談にのってくれた受験コンサルタントの先生、先生方のおかげで1年間、心が折れることなく勉強に集中し続けることができました。ずっと追い続けていた夢が叶い、先生方や両親にも合格という恩返しができて本当に良かったです。

後輩のみなさん、不安になったり、やる気を失ったりした時は目を閉じて思い出してください。あなたを支えてくれる両親や四谷学院の先生方を。その人たちに「合格」という恩返しをしたいという気持ちが勉強への原動力、また不安を断ち切る力となるはずです。合格を掴み取り、夢を叶えるために頑張ってください!

福園さん
岐阜大学医学部医学科合格 福園さん
偏差値60台前半の生物も10アップの72.2!社会はダブルスコアの92点にアップ。苦手科目だけでなく、どの科目も驚きの伸び。全ては四谷学院の55段階のおかげです。

四谷学院に入学して良かったと思う理由はたくさんありますが、やはり一番は55段階個別指導です。答案を採点してもらい、間違えた問題や、より良い解法がある問題などの解説を1対1でしていただける環境は、大人数の講義や、自分から質問するのがあまり得意ではない私にとって特に向いていたと感じています。また、たくさんの問題を解くため、自然と問題の解法が身についたり、さらにクラス授業で解き方を教わった問題の類題に出会ったりすることで記憶に残りやすかったです。数学がとても苦手で、現役のときは問題を見ても何から手をつけていいかさえわからなかった私が、55段階を進めることで「この問題はあの方法を使えばいい!」とひらめく回数が増え、問題の見え方が大きく変わったことを実感しています。現役の頃の模試は良くてD判定で、医学部なんて夢のような話だと思っていましたが、苦手な数学も偏差値50台から64へ、英語は60台半ばから72.8へ、60代前半だった理科は、化学が73.4まで、生物は10以上アップして72.2まで、地理も40点台から92点と倍以上伸びました。

合格発表で自分の番号を目にしたときは、信じられずしばらく動けませんでした。以前、医学部は無理だと自分で決めつけて他学部を目指そうと考えたときもありましたが、1年間諦めずに頑張ってきて本当に良かったです。この1年間の努力と結果を自信にし、立派な医師になって1人でも多くの患者さんを笑顔にできるよう頑張ります。

黒田さん
岐阜大学医学部医学科合格 黒田さん
二次試験、数学の成功は55段階のおかげ。部活と両立できる/先生の丁寧な解説がもらえる基礎から入試レベルまで対応/間違いのフォロー。効率良く学力UPさせる要素が詰まっていました。

四谷学院に入る前、僕は数学でなかなか点数が取れない日々を送っていました。医学部入試では必ずと言っていいくらい必須科目である数学で、です。しかし、僕はバスケ部でキャプテンをしていたので部活を休みたくなかったし、授業の予復習に追われて学校の課題や部活が中途半端になってしまうのが嫌だったため、塾に行くことを悩んでいました。そんな時、母に勧められて四谷学院のパンフレットを見て、「55段階なら自分のペースで予復習ができる上にテスト形式なので独特の緊張感も体感できるのではないか」と思い、四谷学院に入ることを決めました。

55段階を始めてみると先生の解説は丁寧でとてもわかりやすく、その場で補足の問題を出してくださることもあり、さらに理解度が深まりました。基本中の基本から難しい問題まで入っていて、テキストの勉強とテストの復習をしっかりすることで基礎力が着実に身についていきました。また、一度テストで間違えた問題は次も間違える可能性が高いです。僕も実際間違えました。でも、55段階で間違えた問題だけを集めた「フォローアップテスト」を受けることで記憶に残りやすくなり、やがて間違いもなくなりました。55段階の学習システムのおかげで二次試験本番の数学がほぼできたと言っても過言ではないと思います。

そして、塾で一番長く利用するであろう自習室。僕も最後の最後まで利用していました。普通の学校で使う机より広い机なので教科書も広げやすく、静かなので本当に集中できました。これ以上ない恵まれた環境で勉強ができていたのだなぁ、と終わってみて改めて実感しました。四谷学院を何から何までフル活用して、皆さんも合格をつかみ取ってください!

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください