MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  弘前大学医学部医学科を目指す方へ

弘前大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真弘前大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。弘前大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声弘前大学医学部医学科に合格した先輩の声

宮下さん
弘前大学医学部医学科合格 宮下さん
テキストや講師の指導が素晴らしい上に、担任の適切なアドバイスのおかげで無駄な講座を取らされるようなことがなく、自分の状況に合わせた学習ができました。

私は医学部志望にもかかわらず数学に苦手意識があり、四谷学院では数学を中心とした理系科目の対策をするために入学しました。私にとって予備校はあくまでも学校での勉強の補填であったのですが、四谷学院の担任の先生は、このような私の状況に合わせて適切な講座を勧めてくださったので、たくさんの講座を無駄にとらされるようなことはありませんでした。

また、55段階指導では、本当に初歩的な内容から進めていくのですが、自分では大丈夫だと思っていたところにたくさんの穴があることが分かり、そのような基礎がしっかり固まったことで応用問題も少しずつ解けるようになり、苦手な数学も楽しくなっていきました。テキストも良問ぞろいだったので、解法の辞書のように使うこともできる秀逸なものでしたし、講師の先生方も素晴らしく、先生の質に関して不満を感じることは本当に一度もありませんでした。

さらに、四谷学院では、いつでも快適に使える自習室があるのも良かったです。全ての席には仕切りがあり、デスクが広く椅子もフカフカで疲れにくいので、集中して勉強に取り組むことができました。家では集中できない時も、四谷学院に行けば、みんなが真面目に勉強しているので、良い意味での緊張感があり、学習が捗りました。

こうして、担任の先生や講師の先生方、受付スタッフのみなさんが生徒一人ひとりに対してしっかりと向き合ってくださったおかげで、無事に合格を勝ち取ることができました。合格を報告した時は、担任の先生をはじめ、受付のスタッフのみなさんまでが一緒になって喜んでくださり、とても嬉しかったです。本当に、四谷学院には感謝しています。ありがとうございました。

崔さん
弘前大学医学部医学科合格 崔さん
55段階で全単元の穴を埋めたら今年はセンター試験600点台から738点にまで伸ばして医学部に合格!四谷学院には一緒に頑張れる仲間がいた。

現役の時は個人経営の塾に行っていたのですが、生徒数も少なく、あまり周りの気迫を感じることができませんでした。一応自習室はあるけど、とにかく自分次第で、モチベーションを上げてくれるような仲間はいませんでした。その点、四谷学院は自習室環境が最高で、真剣に勉強している友達がたくさんいました。疲れてきても他の子たちもみんな21時まで残っているから私も最後まで頑張ろう!と良い刺激をもらえました。

四谷学院のことは友達のお姉ちゃんが前に通っていて、知っていました。基礎からやりたかったのと自分から質問にいくのが苦手だったので55段階にひかれました。実際にやってみると、全単元すみずみまで穴を埋めることができ、先生にも気軽に質問できたのが良かったです。本当に55段階のおかげで穴がなくなりました。また、55段階はテスト形式だから適度に緊張感を毎日保てたのも良かったです。私は数学や物理に苦手意識があったのですが、2学期に入って数学のクラステキストの予習復習をやっていて、見たことがない問題でもひらめくようになり伸びたと実感しました。センターの過去問を解いていたときもできる問題が増えていて、1年前との違いを感じました。現役では600点台だったセンターは今年は738点にまで伸びました!

また、担任の先生は何かと私のことを気にかけてくださり、志望校も先生に一緒に決めていただきました。自分ではやはり情報力に限界があります。受験は情報戦の部分もあるのでプロの先生と大学選びをすることで、より合格の可能性を広げられると思います。将来は地域医療に携わる医師になりたいと思っています。より一生懸命勉学に励み、患者さんに寄り添える医師になれるよう頑張ります。

斎藤くん
弘前大学医学部医学科合格 斎藤くん
個別に指導を受けられる55段階と、全科目レベルに合ったクラス授業で志望校判定はC→Aまで伸びました!

現役の頃は医学部合格に到底届かない学力しかなく、受験結果としても不合格で自分に自信を持てず、自分は本当に医学部に合格できるのかとても不安に思っていました。そこで、僕はさまざまな予備校を巡る中で四谷学院を選択しました。なぜなら四谷学院では他の予備校と同様のクラス授業だけでなく、55段階の個別指導を行っていたからです。

クラス授業はある科目を体系的に学ぶことができる点ではとても有効ですが、苦手分野の克服は講義形式の授業だけでは不可能です。その点、55段階指導は苦手なところやよくわからないところを先生に直接聞いて個別に指導を受けることで、個々人の学力を最大限に伸ばせるシステムです。それに、55段階の先生方はいつでも気軽に質問に応えてくださるので、とてもありがたかったです。もちろん、四谷学院独自の科目別能力別の時間割制度も全科目が自分のレベルに合った授業を受けられるので、とても良かったです。他の予備校だと自分の志望校のコースに入ると、苦手科目は自分の学力とかけ離れたレベルの授業となりがちですが、それでは成績アップは無理です。背伸びすることなく、自分の身の丈に合った授業を受ける方が結局は近道なのです。

また、四谷学院はどのテキストでも標準的な良問がたくさんそろっていますが、受験で求められているのは標準的な問題を確実に解く力なので、志望校合格のためのテキストとしては最良であったと思います。おかげでC判定だった模試はA判定まで伸びて国立医学部合格を果たせました。

今年は弘前大学の倍率が上がったことで不安もありましたが、合格できて本当に良かったです。これからは地域医療に貢献できる臨床医になるべく、必要なスキルを身につけていきたいと思います。1年間、ありがとうございました。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ