MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  広島大学医学部医学科を目指す方へ

広島大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真広島大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。広島大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声広島大学医学部医学科に合格した先輩の声

樋口くん
広島大学医学部医学科合格 樋口くん
模試はE判定→A判定、センター得点率91%!四谷学院のおかげで暗記型だった勉強が理解型に変わり、勉強すること自体を楽しめるようになりました。

他の予備校は大人数の授業。質問ができないのが不安だった。

入学前の状況を教えてください。

現役のときの勉強法は暗記型でした。数学や物理なども「公式を覚えて数字を当てはめて解く」みたいなやり方で、本質がわからないまま勉強を進めていたので、成績は全然伸びませんでした。模試の判定もE判定。今にして思えば受かるはずない勉強法だったと思います。

浪人が決まった後で四谷学院以外の予備校も見てまわりましたか?

はい。他の予備校の説明会にも参加したのですが、大教室での大人数授業だと先生に質問もできないし「一度置いていかれたらついていけなくなる」という不安を感じました。四谷学院を選んだのは55段階なら個別に先生に質問できるし、クラス授業も科目ごとに生徒の学力に合わせて細かくレベル分けされるので「これなら安心して勉強できる」と思ったからです。

先生に添削指導してもらわないと独りよがりの解答になってしまう。

実際に入学してみてどうでしたか?

期待以上でした。55段階は中学レベルの基礎から穴をしっかり埋められるし、先生が個別に指導してくれるので、疑問点をその場ですぐに解決できました。

個別指導ならではの利点ですよね。

そうですね。でも、質問できるだけじゃなくて、もっと良いと思ったのは、自分の答案を先生に直接添削指導してもらえるということです。問題集なんかを1人でやっていても、自分の書いた答案のどこがダメで、どう直せば良いのか、ということがわかりませんから。

特に記述問題はそうですよね?

はい。記述問題は先生に自分の答案を見てもらわないとダメです。独りよがりの解答を作って答え合わせをするだけでは無意味です。その点、55段階テストは途中計算なども省略せずに書く形式だったので、解き方のプロセスについても先生から丁寧に教えてもらえました。

本質を教えてくれる授業だから勉強することが楽しくなった。

クラス授業の方はどうでしたか?

四谷学院の授業は単に「問題の解き方」を解説するのではなく「どうしてこの公式を使うのか」「なぜこういう解き方になるのか」という本質に踏み込んだ授業だったので、目には見えないような物理法則なんかも頭の中でイメージできるようになりました。その結果、見たことがないパターンの難問が出ても「解ける」と思えるようになって…。そうなると勉強自体がすごく楽しくなりましたね。

試験本番はどうでしたか?

模試はA判定まで伸びていたし、センター得点率も91%だったので気持ち的には余裕がありました。二次試験が終わった瞬間に「イケたな」という感じでした。

では最後に、浪人生活を振り返っての感想をお願いします。

四谷学院のおかげで暗記型だった勉強が理解型に変わって、勉強の楽しさを学べた1年でした。やった分だけ成績が順調に伸びて医学部に合格できたので、「浪人した甲斐があったな」というのが今の感想です。親にも迷惑をかけましたが、その分これからも勉強を頑張って良い医師になりたいと思います。

喜多村さん
広島大学医学部医学科合格 喜多村さん
難題も実は基礎の積み重ねで攻略できます。自分1人では勉強しづらい記述問題も、先生の細やかな指導で、自信を持って解答できるようになり、数学の偏差値も83まで伸びました。

現役の時は勉強量が足りなかった上、基礎が固まっていないにも関わらず難しい問題にばかり手を出してしまったので、結局受験した3校全て不合格でした。四谷学院を選んだのは、基礎からやり直すことができると思ったからです。また、初めて来た時、雰囲気もよく、自習室も使いやすそうだったので、ここなら1年間頑張れるな、と感じました。成績が伸びたのは、正しい方法でたくさん勉強したからだと思います。基礎を固めることで、今まで難しいと思っていた問題も、基礎の積み重ねでできるものがほとんどだということが分かりました。クラス授業の良かった点は、印象に残る授業だったので様々なことが覚えやすかったことです。また、「この問題はできてほしいな」などと声をかけてくださったので、自分のやるべきことがはっきりし、やる気や集中力を上げることができました。55段階の良かった点は、記述の指導をしっかりしてもらえたことです。指導を受ける前は記述で解答する際、どこまで詳しく書けばよいか迷うことも多かったのですが、本番では自信を持って素早く解答することができました。先生は、質問しやすい先生ばかりでした。ちょっとしたことを聞いただけでも、関連する色々なことを教えてくださったので、ためになりました。テキストについては、必要なことが分かりやすく書いてあったので、勉強しやすかったです。おかげで数学の偏差値は83まで伸びました。

1年間頑張ってきたことが結果に出て、色々な方に祝っていただけたのですごく嬉しかったです。将来は、患者さんの立場に立って行動でき、頼りにされる医師になりたいです。大学では、そのために必要な知識や能力を高めることができるよう、医学の勉強はもちろん、様々な活動に積極的に参加していきたいと思います。私1人では到底合格することはできなかったと思います。1年間、本当にお世話になりました。

松田くん
広島大学医学部医学科合格 松田くん
中学時代から赤点で何からやればいいかわからなかった英語はセンター本番188点の自己ベストを更新。基礎から発展までこんなにも幅広く教えてくれる予備校は他にはありません。

全く勉強していなくて焦り始めていたころ、55段階の広告を見て説明会に参加し、先生との距離が近くて、段階に応じて教えてもらえるところが良いなと感じて四谷学院に入学しました。数学が苦手で公式すらわからず、定期テストでは内容を暗記してもすぐ忘れてしまう感じでした。英語も苦手で中学時代は学校の成績は赤点。どこから始めていいかわからない状況からのスタートでしたが、55段階では細かいところもわかりやすく解説してくれて、毎回点数が出てどこがわかっていないのかがすぐわかる仕組みなので、基本的なところから理解できるようになり、苦手だったはずの科目の勉強が楽しくなりました。受験生になってからはクラス授業も追加し、初めてのクラス授業に最初は不安でしたが、先生が丁寧に教えてくれたので楽しく受講できました。

基礎がある程度わかっている科目は発展の範囲まで教えてもらい、ここまで基礎から発展まで幅広く教えてもらえる予備校は他にはないと感じました。

担任の先生には模試の結果や、55段階のペース配分、テキストの進め方など、この教科をこれぐらいの時間で進めようと具体的なアドバイスをもらい、勉強計画を一緒に立ててもらいました。

基礎が定着した状態で、夏休み明けの9月からは発展問題に取り組みました。1冊のテキストを3周くらいやりこんで、最初は難しく感じていた問題もだんだん傾向がわかってきて、11月ぐらいには解けるようになっていました。おかげで苦手だった英語もセンタ―本番では自己ベストの188点取れました。合格を知ったときは親も四谷学院の先生方もみんな喜んでくれて嬉しかったです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ