MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  自治医科大学医学部医学科を目指す方へ

自治医科大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真自治医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。自治医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声自治医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

南方さん
自治医科大学医学部医学科合格 南方さん
現役時代はE判定ばかりだったところから医学部合格!途中で挫折しかけたときには進路指導の先生に救われました。その都度わからないことを聞ける環境がとても良かったです。合格を知った日はワクワクして眠れませんでした。

1人で勉強することに限界を感じていた。

四谷学院に入学した理由を教えてください。

自宅で1人で勉強することに限界を感じていました。それで大手も含めていろいろ予備校の話を聞きに行きました。その中で、自分は何ができていて、何ができていないのかがわからなかったのと、自分の勉強のペースを管理するのが苦手だったので、そこを埋めてもらえる予備校が良いなと思って入学を決めました。

わからないことはすぐに解消。間違いの傾向も把握してくれた。

実際の授業の感想を聞かせてください。

わからないことがあったら55段階の先生に質問できて、質問するための待ち時間もあまりなかったのがとても良かったです。わからないことがあると気になって仕方がなくなる私の性分にとても合っていました。あと先生は、私がよく間違えるポイントも覚えてくれて、その都度指摘してくれたので助かりました。また、過去に同じ志望校の子がどれくらい点数がとれていたかも教えてもらえたので背中を押されました。

クラス授業はどうでしたか?

英語の和訳が苦手だったんですが、受けてるうちにできるようになってました。どこが良かったのかと聞かれるとうまく言葉にできないのですが、先生のポイントのおさえかたとか、読み方が自分に合っていたんだと思います。また、得意科目の生物の授業も楽しくて、得意な科目はもっと得意になりました。

入学して変わったことはありますか?

勉強量が増えました。それでも55段階が途中で難しくなって、予習をさぼってしまったりしたことがあって。進路指導の先生に相談したら、「毎日進度をチェックしよう!」と言ってくれたので、そのおかげで55段階をうまく進められたし、現役時代はE判定ばかりでしたが、いつの間にか成績が伸びていました。

現役時代はE判定ばかりだったけど医学部合格!

合格を知ったときの気持ちはいかがですか?

合格とわかったときは、興奮して、入学意思の確認の電話に泣きながら答えました。その場にいた父と母も泣いたり笑ったり、とにかく興奮していました。その日の夜は、ワクワクしていたからか、眠れませんでした。周りの人に「おめでとう」、「おつかれさま」と言われるたびに、頑張って良かったって思えました。自分自身の頑張りはあるとしても、先生、家族、友人、たくさんの人の支えがあって合格できたと思います。周りには感謝しかないです。

最後に、今後の抱負を聞かせてください。

3歳の頃からの夢である医師に、やっと近づくことができました。大学では勉強はもちろんですが、さまざまな経験をして視野を広げたいです。そして、周りから頼りにされる医師になりたいです。

高橋くん
自治医科大学医学部医学科合格 高橋くん
苦手な英語は12月には偏差値68.9。模試判定も最高Aで医学部現役合格!55段階でその場で疑問を解消できるのが良かったです。クラス授業も洗練されていて質の高いものでした。

四谷学院に入学しようと思った理由を教えてください。

塾を探し始めた段階で、周りの友達と比べて、学習が遅れていると感じていたので、基礎から勉強できるという四谷学院の広告を見てとても良いなと思ったのがきっかけです。塾のイメージって難しいことをどんどんやっていくというものだったのですが、それだと自分の場合は置いていかれるだけだなと思ったんです。四谷学院では、説明会をしてくれた先生が「今からでも間に合うよ」と言ってくれたのでそれが自信になりました。

55段階を進めるごとに成績が安定していくのを感じた。

実際に授業を受けてみてどうでしたか?

英語は最初、時制すら理解できていなかったのですが、55段階のテキストで基礎からやり直したことで成績が伸びたなと感じています。55段階をどんどん進めていくことで、自分の成績も安定していく感覚がありました。また、55段階の授業だと個別に先生と話す機会があるので、間違えた問題についてその都度質問できて、疑問を解消できたのが良かったです。

洗練されて質の高い授業。質問もしやすかった。

クラス授業はどうでしたか?

先生との距離が近くて質問をしやすかったです。洗練されていて質の高い授業だと感じました。特に、英文法の授業で基礎を固めたおかげで読解もきちんとできるようになったと思っています。また、授業中先生が見回りをしてくれて、悩んでいるとヒントを与えてくれたのも良かったです。おかげで、自信を持って解くことができました。

成績はどのくらい伸びましたか?

6月に61だった英語の偏差値は12月には68.9になり模試判定も最高でA判定をとることができました。秋頃から成績が伸びてるなと実感できるようになりました。

秋頃から成績の伸びを実感。模試判定も最高でA。

A判定をとれていたのは素晴らしいです!本番も余裕でしたか?

すごく練習しましたし、過去問に取りくんでいる段階でも9割とれていたので、入試当日の手ごたえはやや微妙でしたが、まあ合格できるだろうとは思っていました。それでも合格を親から知らされた瞬間、読んでいた参考書を投げ出してとび上がって喜びました。

四谷学院での生活を振り返っていかがですか?

四谷学院に通い始めて勉強する習慣がついたと思います。生徒の雰囲気もみんな勉強一直線という感じで、学習環境が整っていましたね。

最後に今後の抱負を聞かせてください。

医師になるという小3の頃からの夢に向かって日々精進していきたいです。国家試験を一発で合格して、即戦力として地域医療に貢献したいと思っています。

丹羽さん
自治医科大学医学部医学科合格 丹羽さん
理科で偏差値30台を出していたような私が穴を埋める55段階と、理屈から理解させてくれるクラス授業のおかげで総合偏差値76.5をマーク!わずか1年でE判定を覆して医学部に合格できました!

総合偏差値は76.5をマーク!判定もE→Aで医学部に合格。

入学前はどのような状況でしたか?

現役時は典型的な問題は解けるのに、全く応用が利きませんでした。そのため数学と理科が伸び悩み、模試の判定はE判定しか見たことがありませんでした。記述模試では理科の偏差値30台を出したこともあったくらいです。

その状況から医学部合格はすごい!成績はどのくらい伸びたのでしょう?

総合偏差値は最高で76.5までアップしました。現役のときはEしか出なかった判定も、夏前にCまで上がり、11月には医学部でA判定が出るまで伸びました!

私の目標を唯一否定しなかった四谷学院に賭けてみようと思った。

そもそも四谷学院に入学したのは?

集団と個別を両方受けるダブル教育のシステムにひかれたからです。穴がどこにあるか客観的に見てもらえる55段階は自分に一番必要だったし、クラス授業はテストを受けてレベル分けされるので、きちんと自分に合った授業を受けられるという点が魅力的でした。また、スタッフの方がみんな前向きで、私の大きな目標に対してマイナスなことを何も言わなくて驚きました。今までは「君には難しい」「浪人したって結果が出るとは限らない」などと言われてきたので、今年は四谷に賭けてみようという気になりました。

実際、55段階はどうでしたか?

部分点のとれる解答、減点されない解答が作れるようになりました。先生と1 対1になる環境が確保されているのは、なかなか質問ができない私にはとてもありがたかったです。自分のペースで基礎からやり直すことができ、穴が埋まって単元が完成するとハンコがもらえる。ハンコがたまると賞品がもらえるというのは、私の闘争心をくすぐる素晴らしいシステムでしたね。

では、クラス授業はどうでしたか?

大人数授業ではないので、一人ひとりが積極的に参加できる環境でした。発言も活発で、毎回必ず収穫があり楽しく学べました。今までは暗記で済ませていたことが、実は理屈で理解できるという発見が多くあり、最大のモチベーションになりました。先生方もみんな熱心で、生徒がお客さんになることはなかったです。テキストも無駄な問題がなく、根本的な理解に必要な問題が網羅されていたので良かったです。

基礎固めは一見遠回りに見えて実は合格への最短距離。

合格を知ったときはどうでしたか?

去年は見たことのない「合格」の文字を見たときは、浪人して良かったと心から思いました。受験コンサルタントの先生やスタッフの方々、先生方、支えてくださりありがとうございました!

では最後に、後輩へのメッセージをお願いします。

私は1年でE判定から医学部合格を果たしました。基礎固めは本当に大切で、遠回りなようで実は最短距離で勉強がわかるようになる方法です。四谷学院ではそれが実現できるので、四谷のシステムをふんだんに活用して大きな夢をつかみとってください!

河野さん
自治医科大学医学部医学科合格 河野さん
現役では大手予備校にも通ったが、結局E判定で不合格。「できているつもり」だった基礎を55段階で埋めるとたった2ヶ月で総合点が109点アップ!今年はA判定での医学部合格を果たしました。

「大人数授業は自分に合わない」2ヶ月で大手塾を辞めてしまった。

現役のときの状況を教えてください。

現役から医学部志望で、最初は大手塾に通いましたが、大人数の授業は席が決まっていて後ろになったら黒板も見えないし、先生とも距離が遠く、私には合わず2ヶ月でやめてしまいました。その後は個人塾に行ったのですが、結局不合格という状況でした。

浪人を四谷学院に賭けたのはなぜですか?

まず先生との距離が近そうだったし、クラスも科目別のレベル分けがあり、科目によって成績にバラツキがあった私にはピッタリだと思い、入学を決めました。

四谷学院のクラス授業は、苦手科目を作らないシステム。

実際、レベル別授業はどうでしたか?

私は英語だけが得意で理系が全然だめだったので、例えば医学部コースは全ての科目同じレベルってなると、苦手科目がついていけるか怖かったんです。でも科目ごとにレベルが違うと授業に置いていかれることがなく、全体的に学力を上げられました。四谷学院のクラス授業は、苦手科目ができない仕組みだったと思います。

志望校のレベルではなく自分の学力にレベルを合わせられたからですね。では、先生との距離はどうでしたか?

近かったです!授業中は先生が教室を回って見てくれるから、質問もできました。前の塾は先生の部屋に行かないと質問できず、面倒だなってやめちゃうこともありましたが、四谷学院だと授業中に聞けたので良かったです。

55段階で「できない」をゼロに。基礎を埋めたら109点もアップ!

55段階個別指導はどうでしたか?

55段階はわかっていると思っていた問題にも「できてない」を見つけられ、しらみつぶしに穴を埋めていけました。私は英語が得意だったのに、文法を一つひとつやってみたら「この問題できない!」を発見したりして、こんな基礎ができてなかったんだとびっくりしました。自分ではできてるって思ってたので。

自分でも予想外の穴を見つけられたんですね。それは成績も伸びたのでは?

自分でも驚いたんですが、55段階を進めてたら6月の最初の模試でセンターから109点も上がったんです。点を落とす原因は基礎ができてなかったからだと思いました。気づいたら苦手意識がなくなり、判定がEからAにまで伸びました!

振り返れば楽しかった浪人生活。四谷には一緒に頑張る仲間がいた。

最後に受験の感想を聞かせてください。

私、実は浪人生活は楽しかったんです。現役生のときは1人でやっていましたが、四谷学院だと同じ志をもって一緒に頑張れる友達がいたので。もちろん大変だったけど、全体的に楽しかったですね。まあ、もう一度やりたいとは思いませんが(笑)。

切磋琢磨できる友達は、大切ですよね。

四谷学院じゃなかったら合格できてないのではないかと思うくらい本当にお世話になりました。ありがとうございました!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください