MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  東京慈恵会医科大学医学部医学科を目指す方へ

東京慈恵会医科大学医学部医学科を目指すなら予備校四谷学院!

合格写真東京慈恵会医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。東京慈恵会医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声東京慈恵会医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

内田
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 内田
芸術学部を卒業した後、医学部再受験を決意。高校卒業後ブランク6年、全科目ほぼゼロからの挑戦でしたが、英語の偏差値50→65、総合偏差値58→70まで伸ばし東京慈恵会医科大学や高知大学医学部に合格できました!

高校卒業後、ブランク6年。全くゼロからのスタートだった。

内田くんは一度、芸術学部を卒業したそうですね。

はい、高校のときは芸術学部と医学部に興味があったのですが、当時の学力では医学部は難しいという理由で芸術学部の方に進みました。

なぜ医学部を再受験しようと?

大学卒業後、役者をちょっとやっていたんですが、高校の頃から行きたいと思っていた医学部に未練が残ってしまい…。後悔したくないと思って再受験を決意しました。でも高校を卒業してから6年も経っていたので、どの科目もゼロからのスタートで、勉強しようにも何から始めれば良いのかわからない状態でした。

四谷学院に入学したのはなぜですか?

どうやって勉強していけばいいか困っていたとき、「基礎を徹底的に固める」という四谷学院の勉強法を見つけて、これだ!と思って入学を決めました。

クラス授業+55段階のダブル教育、どちらかが欠けてもダメだった。

実際に授業を受けてみてどうでしたか?

四谷学院は、クラス授業と55段階との2種類の授業がある点が優れていると思います。クラス授業では新たな知識と問題の解き方を取り入れる受動的な学びができ、55段階では自分の疑問を解決するために質問をぶつける能動的な学びができました。

どちらか1つだけでは足りなかったと思いますか?

はい。受験勉強の1年間、単に先生の話を聞いているだけでは自ら取り組む力が養われませんし、自分ひとりで勉強していても必ずどこかで疲れてきます。その点、四谷学院のダブル教育は双方を適度なバランスでできる素晴らしい学習システムだと思います。

生徒の学習レベルに合わせ知識が定着するように教えてくれた。

他に印象に残っていることはありますか?

はい、四谷学院では学習システムだけではなく、先生方の指導法もかなり優れていると感じました。

具体的にはどういうところですか?

学習レベルの違う生徒に対して、それぞれが最も理解しやすく、またその知識が定着するような説明をしてくれました。だから自分でも自信が持てるくらい深くしっかりと、習ったことを理解することができました。

ここで身につけたことを活かして医学の道を進んでいきたい。

成績の伸びはありましたか?

はい、一番苦手だった英語は偏差値50→65まで伸び、総合偏差値は58→70まで伸びました。

ブランクのある状態からたった1年でそれほど伸びたとは!素晴らしいですね。合格したときはどんなお気持ちでしたか?

率直に嬉しかったです。四谷学院を1年間信頼して勉強してきて正解だったなと思いました。

これからの抱負をお願いします。

医学の道は簡単ではないと思いますが、これからも四谷学院で身につけた知識や勉強法を活かして、頑張って食らいついていきたいと思います。

向後
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 向後
大手予備校の医学部専門校舎で勉強しても伸びなかった成績。55段階で今まで気づかなかった弱点を見つけられたことで英語の偏差値69.4、数学64.8、化学73.4、生物67.2!四谷学院でつかんだ合格が、夢への大きな一歩となりました。

医師になって人を助けたい。でも、受験した医学部は全滅…。

なぜ医学部をめざしたのですか?

父が医師、母が看護師ということから医療が身近だったのと、悪性リンパ腫だった祖父を見てきて医療の素晴らしさと限界を知り、将来は病気で苦しむ人の手助けをしたいと思うようになったからです。

素晴らしい志ですね。では、現役時代の状況について教えてください。

現役のときは大手予備校の医学部専門校舎に通っていました。得意な化学や生物は偏差値60ちょっと、それ以外は50くらいで。当然、受験した大学は全滅でした。

今までと同じやり方では今年も合格はできないと思った。

四谷学院に入学したきっかけは?

四谷学院のことは、浪人が決定して予備校を決めるときに初めて知りました。それまで知らなかった予備校に入学するのは正直、抵抗がありました。周りの友人もみんな大手に通っていましたから。でも私はそれで受験校全敗だったわけで。大人数の授業、質問しにくい環境、基礎はできていること前提の難しい勉強…今までと同じやり方ではだめだと思ったんです。

そういう部分があったからこそ、今年は四谷学院にしたんですね。

はい、四谷学院では55段階システムや少人数のクラス授業など大手とは正反対の手厚い指導をしていることを知りました。入塾相談のときの丁寧な説明や親身な対応も入学の決め手になりましたね。

自分の弱点がわかったことで各科目の成績が軒並みアップ!

実際に55段階を受けてどうでしたか?

最初は「こんな簡単なことをやっていて大丈夫か?」という疑問がありました。でも進めていくと、例えば英語なら仮定法や比較表現など特定の単元が苦手なことに気づきました。去年は気づきませんでしたが、実は根本的かつ重要なところをきちんと理解していなかったのです。それは英語だけではなく、理系科目でも同じでした。

そういった弱点をなくすことで成績は変わりましたか?

はい、弱点が見つかったら先生から指導を受けて潰すことで、10月の全国模試の偏差値は英語が69.4、数学が64.8、化学が73.4、生物が67.2まで伸びました。

偏差値が70を超えた科目も!すごい伸びですね。

あとは「医学部特設ゼミ」で医学部入試の対策もしたのですが、その授業の素晴らしさには感動しました。医学部出題傾向に沿ったカリキュラムで、柔軟に対応してもらえる少数精鋭の授業でした。今年の入試本番は手ごたえを感じられましたよ。

この合格は、夢への第一歩。

そして見事、慈恵医大に合格ですね。最後に、これからの目標をお願いします。

慈恵医大は「病気を診ずして病人を診よ」を建学の精神としています。私も単に「病状」に注目するのではなく、病気を抱えている「人」を診る臨床医をめざしたいと考えています。自分の志と建学の精神が一致している慈恵医大に進学できたことは、夢を実現する大きな一歩になったと思います。

垂石
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 垂石
慈恵医科への現役合格は出身高校で十数年ぶりの快挙!それを実現したのは「基礎」を大切にする勉強法でした。テストで“覚えたつもり”を見つけ出し、1対1指導でつぶす、55段階は医学部受験の強い味方です!

たった1年で医学部に入るなんて難しいと思っていた。

四谷学院に入学する前の状況を教えてください。

オーケストラ部に入っていて、平日は毎日、土曜日もたまに練習がありました。高2の3月までパートリーダーをやっていたのですごく忙しかったですね。

医学部を目指そうと思ったのはいつ頃からですか?

医学部に行きたいなと思い始めたのは中3くらいです。祖父母がお世話になっている病院の先生を見て、自分もあんな風になりたいなと思いました。でも、高2までは学校の勉強くらいしかしていなくて、受験対策を始めたのは高3からですね。

短期間で医学部対策をする必要があったのですね。

はい、医学部合格は厳しい世界だと思っていたので、高2まで部活ばかりやっていた私が現役で合格するのは難しいのではないかと思っていました。

出身高校で十数年ぶりの快挙!現役で慈恵医科に合格。

でも実際は、慈恵医科に現役合格することができましたね!

はい!まさに「なんで私が医学部に!?」という状態です(笑)。うちの高校でも慈恵医科の合格者は十数年ぶりだって聞きました。

十数年ぶりとは!快挙ですね!

でも今は1年間の受験勉強でも医学部に合格することは可能だってわかりました。

医学部受験であっても大切なのは「基礎」。

その秘訣は何だったと思いますか?

「基礎」からしっかりとやることですね。医学部を受験するからといって難しい問題ばかりやるのではなくて、基礎から固めることが大切です。私は直前期でも、過去問と並行しながら基礎部分をやっていました。どんなに難しい問題でも、基礎が身についていれば意外と解決の糸口がつかめるんです。

そのことに気づかずに難しい問題ばかりに手を出して失敗するというケースは多いですね。では垂石さんは実際どうやって基礎を固めていったのですか?

基礎を固めるには55段階が最適でした。授業を聞いたり参考書を読んだりして“覚えたつもり”になっていることを、55テストを受けることで見つけ出すことができました。そこを1対1で先生から指導してもらい、確実なものにすることができました。

入試で得点するためには、インプットだけではなく、アウトプットも大切ということですね。

そうですね。55段階の先生は私の理解度を確認しながら話を進めてくれて、質問したことはどんな些細なことでも答えてくれました。55段階は医学部受験の強い味方でしたね。

夢を叶えるためのスタートラインに立てました。

この1年間を振り返ってどうでしたか?

とにかく四谷学院に入って良かったです。1年前に四谷学院を選んだ自分を誉めたいですね。先生やスタッフのみなさん、そして両親にも感謝したいです。今、夢を叶えるためのスタートラインに立つことができて本当に嬉しいです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ