MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  東京慈恵会医科大学医学部医学科を目指す方へ

東京慈恵会医科大学医学部医学科を目指すなら予備校四谷学院!

合格写真東京慈恵会医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。東京慈恵会医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声東京慈恵会医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

川畑
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 川畑
四谷学院の先生が教えてくれたのは「解き方」ではなく、「解答にたどり着くための考え方」。55段階では基礎を固めて問題を解くための武器が作れた。四谷学院のおかげで、ついに医学部合格を果たせました!

敗因は入試を想定しすぎたこと。難しい問題ばかり取りくんでいた。

川畑くんは、現役の入試本番中に基礎の大切さに気づいたとか?

はい、勉強してきたのに入試本番で問題が解けず、やっぱり基礎が大事、基礎がないとダメだと気づいたんです。現役時の失敗の原因は入試を想定しすぎたこと。難しい問題ばかりやってしまったんです。その後一浪目は大手の他の予備校に行きましたが結局失敗、今年は基礎を大事にしている四谷学院に入学しました。

圧倒的な講師のスキルの高さ。今まで受けた授業で一番良かった!

実際、クラス授業はどうでしたか?

クラス授業は圧倒的に講師のスキルが高かったです。個人的には四谷学院の先生が今までの受けた授業の中で一番良かったです。テキストの問題から派生して基礎を説明してくれたので、わかりやすかったです。先生を尊敬していたし、この先生が言うならと信頼できました。他の予備校も問題の解説はうまかったけど、その問題の解き方だけを教えてくれる感じでした。四谷の先生は「ここでこの公式を用いればうまく解ける」など、難しい問題でも解答にたどり着ける基礎の使い方を教えてくれたのが良かったです。

55段階の基礎固めは問題を解くための武器作り。

では、55段階はどうでしたか?

55段階に関しては、基礎を確かめるという点でシステム自体に信頼を置いていたので、素直に取りくめました。質や量が厳選されている問題に、大量に触れられたのも良かったです。それに、解答に一言抜けているとか、こう書いた方がわかりやすいとか、客観的に第三者が指摘をしてくれないと気づけないことに気づけたのは、55段階の添削のおかげです。添削というワンステップが自分の答案力アップにつながりました。

もしも55段階がなかったら……?

たぶん一浪目と同じ結果になってたと思います。僕にとっては「基礎固め=問題を解くための武器作り」が55段階でした。55段階がなかったら、武器がない状態でモンスターに挑む感じ。それじゃあドラゴンも倒せないですよね。一浪目では戦う武器が作れなかったので、今年はそれができたことがすごく良かったです。

合格を知ってガッツポーズ……!総合医か外科医をめざします。

基礎を固めたからこそ、難しい問題も解けるようになったのですね!合格を知ったときはどうでしたか?

合格を知ったときは家で1人で叫んでガッツポーズしました(笑)。四谷には合格を知ったその日に報告に行きました!スタッフのみなさんがたくさんおめでとうって言ってくれて、予想以上に褒めてもらえて、びっくりしたし嬉しかったです。

2年越しの医学部合格、改めておめでとうございます。最後に、将来の夢を教えてください。

夢は医学部に入ったからにはもちろん医師になることです。でも、見聞を広めるために、まずは今だからこそできることをたくさんやりたいです。最終的には、町のお医者さんとして地域の方々の生活を支えたいです。

内田くん
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 内田くん
芸術学部を卒業した後、医学部再受験を決意。高校卒業後ブランク6年、全科目ほぼゼロからの挑戦でしたが、英語の偏差値50→65、総合偏差値58→70まで伸ばし東京慈恵会医科大学や高知大学医学部に合格できました!

高校卒業後、ブランク6年。全くゼロからのスタートだった。

内田くんは一度、芸術学部を卒業したそうですね。

はい、高校のときは芸術学部と医学部に興味があったのですが、当時の学力では医学部は難しいという理由で芸術学部の方に進みました。

なぜ医学部を再受験しようと?

大学卒業後、役者をちょっとやっていたんですが、高校の頃から行きたいと思っていた医学部に未練が残ってしまい…。後悔したくないと思って再受験を決意しました。でも高校を卒業してから6年も経っていたので、どの科目もゼロからのスタートで、勉強しようにも何から始めれば良いのかわからない状態でした。

四谷学院に入学したのはなぜですか?

どうやって勉強していけばいいか困っていたとき、「基礎を徹底的に固める」という四谷学院の勉強法を見つけて、これだ!と思って入学を決めました。

クラス授業+55段階のダブル教育、どちらかが欠けてもダメだった。

実際に授業を受けてみてどうでしたか?

四谷学院は、クラス授業と55段階との2種類の授業がある点が優れていると思います。クラス授業では新たな知識と問題の解き方を取り入れる受動的な学びができ、55段階では自分の疑問を解決するために質問をぶつける能動的な学びができました。

どちらか1つだけでは足りなかったと思いますか?

はい。受験勉強の1年間、単に先生の話を聞いているだけでは自ら取り組む力が養われませんし、自分ひとりで勉強していても必ずどこかで疲れてきます。その点、四谷学院のダブル教育は双方を適度なバランスでできる素晴らしい学習システムだと思います。

生徒の学習レベルに合わせ知識が定着するように教えてくれた。

他に印象に残っていることはありますか?

はい、四谷学院では学習システムだけではなく、先生方の指導法もかなり優れていると感じました。

具体的にはどういうところですか?

学習レベルの違う生徒に対して、それぞれが最も理解しやすく、またその知識が定着するような説明をしてくれました。だから自分でも自信が持てるくらい深くしっかりと、習ったことを理解することができました。

ここで身につけたことを活かして医学の道を進んでいきたい。

成績の伸びはありましたか?

はい、一番苦手だった英語は偏差値50→65まで伸び、総合偏差値は58→70まで伸びました。

ブランクのある状態からたった1年でそれほど伸びたとは!素晴らしいですね。合格したときはどんなお気持ちでしたか?

率直に嬉しかったです。四谷学院を1年間信頼して勉強してきて正解だったなと思いました。

これからの抱負をお願いします。

医学の道は簡単ではないと思いますが、これからも四谷学院で身につけた知識や勉強法を活かして、頑張って食らいついていきたいと思います。

関谷くん
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 関谷くん
苦手な理科は物理も化学も偏差値約18アップ!基礎力から入試本番レベルの記述力まで身につけられる55段階+わかり易い授業をひたすら復習しました!

現役の頃は、高3の秋まで合気道部に所属していて、部活動に身を捧げる日々でした。英語と理科が苦手で、塾にも通っていましたが模試の成績も全く良くならず、志望校判定も次第に見なくなりました。けれど1年間四谷学院に通ったことで、今年の試験本番ではどの科目も得点できたという確かな手応えを感じ、数学は満点かなと思えるくらいになりました。そして、無事自分の行きたい大学に合格することができました。

四谷学院の最大の特徴は55段階だと思います。まず基礎を見直し、入試本番レベルの演習もかなりできます。さらに入試に似た雰囲気があるので緊張感をもって取り組むことができます。私は、苦手な物理と化学は時間をかけて55段階のテキストを予習し、基礎からしっかり確認しました。最初にテキストを見た時は簡単に感じたので、これで難しい問題に対応できるのかなと少し不安でしたが、基礎ができたら難問や癖のある問題まで対応できるようになりました。クラス授業でも、問題の解説というよりも、その分野の根本的な知識を教えてくれたことがとても良かったです。55段階の基礎+わかり易いクラス授業の内容をめちゃくちゃ復習することで伸びました。さらに55段階で1級まで終わった後は、入試の直前まで段の問題でひたすら演習をして計算力と記述力をつけました。その結果、模試では物理の偏差値が昨年51.4から今年は69.5に、化学の偏差値も同じく51.1から68.9に伸びました。

先生方は休み時間でさえも質問に答えてくださったり、英語の和訳などの答案をたくさん添削していただいたり、とても感謝しています。四谷学院は55段階をはじめ、大人数ではないので勉強する環境としてちょうど良いです。必ずしも友達を作る必要はないと思いますが、私は良い友達と出会えて楽しみながら過ごすことができました。特に、四谷学院は志望校別クラスではないので、他大学を志望する人とも友達になって切磋琢磨できたのが良かったです!

後輩の皆さん、四谷学院に通うなら何があっても55段階だけは徹底して行いましょう!余計な問題集に手を出さずに55段階で演習するのがおすすめです!基礎から応用までしっかり勉強できます。基礎だけじゃなく段の演習も忘れずに!

香取さん
東京慈恵会医科大学医学部医学科合格 香取さん
四谷学院の良さは、先生との距離の近さと勉強をしたくなる環境が整っていること。引き算から躓き、赤点三昧だった私が、数学偏差値40台から医学科に多数合格!!

私は子どもの頃から数学が苦手でした。小学生の時は引き算がなかなかできず、通っていた塾でも算数の力のなさに驚かれました。中学時代は赤点三昧。数学のせいで補習や特別指導に呼ばれました。高校生になっても数学は難ありで偏差値は40台前半。例題で公式を覚えても少しひねられると解けなくなるので初見の問題はなかなか太刀打ちできず、映像授業の予備校に通ったものの、現役時は受験大学全敗。原因は明らかに数学でした。学校の数学の先生に「基礎から少しずつ積み重ねて応用力まで付けてくれる予備校がいいのでは?」とアドバイスを受け、母と共に四谷学院の個別相談会に行きました。科目別能力別授業という形態と、先生に質問がしやすい環境などから、母と私で「ここに決めた!」と意見が合致。すぐに入塾手続きをしました。結果は大成功で、私は医学科に受かりまくり、目標としていた大学にも入学することができ、良医になるための大きな一歩を踏み出すことができました。

振り返ると、四谷学院の良さは主に2つあると思います。1つは、先生との距離の近さです。特に55段階では問題の解説を聞きながらその場で思ったことを気軽に質問でき、1つの問題を完全理解することができます。四谷学院に通う前は数学の問題の解答を見ては「こんな解き方思いつかない…。」とうなだれることが多かった私ですが、55段階では先生に質問がとてもしやすかったので「あ、数学ができる人はこういうところに着目するんだ!」とか「この状況はこの解法を使うサインになっているのか」といったことを沢山学ぶことができました。教える先生のレベルが高く教え方がとてもわかりやすいことも相まって、1人で勉強するよりずっと効率的に勉強を進めることができました。そしてもう1つの良さは、勉強をしたくなる環境です。55段階では自分が頑張って予習してテストに合格した分だけスタンプがもらえるし、クラス授業は自分が頑張れば上のクラスに上がれます。このようなシステムはすごく私の向上心を刺激しました。また、頑張りは必ず先生や受付スタッフの方が見てくれていて、よく褒めてもらえました。いくらテキストが良くても、授業がわかりやすくても、自分自身が努力しないと成績は伸びません。その点で四谷学院は素晴らしく、努力をたくさんしたくなるような場所だったので、テキストや授業をフル活用し合格することができました。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください