MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  順天堂大学医学部医学科を目指す方へ

順天堂大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真順天堂大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。順天堂大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声順天堂大学医学部医学科に合格した先輩の声

青島
順天堂大学医学部医学科合格 青島
最初は医学科受験なんて考えていなかった私が1年生から四谷学院で学び、現役で医学科合格!!志望系統別対策が充実した55段階があるので、医学専門塾に行く必要がありません。

学校のテスト対策のために高校1年の春に四谷学院入学。

高校1年生から四谷学院に入学したのですね。

はい。学校の成績が悪かったので、テスト対策で入学しました。理系なのに数学と化学が苦手で、最初、医学科は全然考えていませんでした。

入学の決め手は何でしたか?

部活も週7日あって忙しかったので、55段階が良いなと思って。説明会でテキストを見せてもらって、自分のレベルに合わせて進められる教材だと感じました。

先生が自分の弱点を知ってくれているから、解説がとてもスムーズ。

実際55段階はいかがでしたか?

1対1で毎週同じ先生に見てもらえるので、先生も私のわからないところを把握してくれていて解説がスムーズでした。自分のペースで進められるので、得意科目をさらに伸ばすのにも最適でした。

医学科の入試は特殊に感じましたか?

私立の医学科は大学ごとに出題形式が大きく異なることはありますが、だからと言って医学専門塾に行く必要はありません。過去問を3年分ほど解けば傾向は体得できます。私立医学部は教科書範囲外から突飛な出題をされるイメージがありますが、全く心配いりません。全て教科書の中から出題されます。ただ、欄外や細字の内容など細かい内容を識別・解答することを要求されるだけです。

医学部対策の55段階がとても有効だった。

志望大学対策はどのようにしましたか?

55段階の英語は系統別で問題が分かれていて、例えば医学科をめざしている人には医学科専用の長文が用意されています。文学部と医学科の問題は内容が違うから、自分が必要なものを特化して対策できました。順天堂大学は英語の速読を要求してくることで有名ですが、私の場合は55段階の長文問題を片っ端から解くことで、速読力を上げていきました。

目から鱗の特訓で、苦手科目を一気に得意科目へ。

皐月特訓が印象深かったとか?

はい。化学の皐月特訓を受講したのですが、完全に得意科目になりました。モル計算がそもそもわからず、何も手がつけられない状態だったのですが、そこをわかるようにしてもらえたので、その後の計算問題も取り組むことができました。先生の指導は目から鱗でしたね。

合格したときはいかがでしたか?

キャンパスまで発表を見にいきましたが、まさか合格していると思わず、自分の番号はないと思いこみ、一度駅まで帰ってきてしまったのです。念のためネットで確認したら番号があってビックリしました。

将来はどんな医師になりたいですか?

国際的な舞台で研究・臨床に携わり、医学界・日本そして世界に貢献できる医師になりたいです。免疫学に興味があるので、将来は感染症に対する対抗処置を研究し、エボラ出血熱やエイズなど、脅威的な病に対する効果的な治療法がない現状を変えるのが私の夢です。

佐々木
順天堂大学医学部医学科合格 佐々木
最初は親に「四谷学院に行け」と言われてしぶしぶ入ったけど…惹き込まれる授業で初めて勉強が楽しいと思えた!先生方のさすがの指導力と生徒を知ろうとしてくれる親身な対応で学力が大きく伸びて医学部に合格することができました!

最初は父に「四谷学院に行け」と言われてしぶしぶだった。

現役生の頃はどのように勉強していましたか?

現役時代は勉強をあまりせず、学校の授業中はいつも寝てたり、ゲームをしてたりでした。案の定、現役のときに受験した大学は全落ちでした。

なぜ、あまり勉強しなかったんですか?

自分の将来について真剣に考えていなかったからですね。

四谷学院に入学したのはなぜですか?

入学当初の自分は全然やる気がなかったので、四谷学院に入学したのも、四谷学院のCMが父の目に留まって「ここに行け」と言われたからです。

勉強が楽しいと思うようになった。

四谷学院に入って何か変わったことはありましたか?

勉強が楽しいと思うようになったことです。

それは大きな変化ですね!そこまで変われたのはなぜですか?

今までは勉強の楽しさがわからなくて「授業=退屈なもの」でしたが、四谷学院のクラス授業は退屈の「た」の字もないくらい楽しかったからです。先生方は「さすが予備校講師」というほど教え方がうまかったし、その科目の知識だけでなく豊富な知識を絶妙なバランスで授業に入れ込んでくれました。

なるほど。楽しくて夢中になれる授業だったんですね。

はい!それから課題にはいつも「ひとこと」欄があって、先生が生徒のことを知ろうとしてくれているのを感じました。先生は自分たちと「先生と生徒」の立場でありながらも親しみをもって接してくれたので、1年間飽きることなく過ごすことができました。

55段階で基礎力が完成し、テキストも強力な武器に。

では、55段階はどうでしたか?

55段階も先生が良かったです。先生にたくさん教わりたいという思いで、多くの問題を解いて出しました。それによって現役の頃に欠落していた基礎力が完成し、成績が大きく伸びる結果につながったと思います。

授業以外に良かったことはありますか?

テキストですね。四谷学院のテキストは実力がつくような問題が厳選されているので、このテキストを予習し、授業を受け、そして復習をするだけでかなり学力が伸びました。

ダブル教育で勉強した自分は絶対合格すると思えた。

合格発表のときのお気持ちを聞かせてください。

質の高い四谷学院の授業と55段階を成しとげた自分は、絶対受かると思っていました。なので最後まで不安になることなく合格を待つことができました。

そして見事合格でしたね!最後にこの1年を振り返っての感想をお願いします。

これまでに話してきたことの他にも、四谷学院では担任の先生が自分の悩みを聞いてくれたり、机が一つひとつ区切られている自習室があったり、友達と息抜きできるほっとルームがあったりと、生徒一人ひとりを最後まで見てくれる素晴らしい予備校だと思います。ありがとうございました!

小林
順天堂大学医学部医学科合格 小林
入学前は学校の宿題もテスト勉強もしておらず偏差値は40台。それでも、社会に役立つ仕事がしたいと医学部受験を決意。四谷学院のおかげで効率良く勉強でき、偏差値は77に!他の予備校とは違うシステムは、実力を養うのにもってこいです!

入学前は全く勉強しておらず三単元も危ういレベルでした。

四谷学院に入学する前から、医学部受験に向けた対策をしていましたか?

いえ、僕が医学部に行きたいと思うようになったのは四谷学院に入学する少し前なんです。それまでは学校の宿題もテスト勉強もしていなくて、英語は三単元も危ういレベルでした。

そんな状況から、どうして医学部を目指そうと思ったんですか?

何か社会の役に立つ仕事がしたいと考えるようになって、それが医者だったんです。ただ、成績は散々で偏差値40台。それでどこか予備校に通おうと思って、母が探してくれたのが四谷学院でした。

受けるたびに距離が縮まる授業はモチベーションにつながります。

なるほど。では、四谷学院に入学した理由を教えてください。

全く勉強していなかった僕には、少人数の授業が良いと思ったからです。四谷学院は予備校なのにアットホームで、先生との距離が近いことにひかれました。

実際に授業を受けてみて、先生との距離や授業の雰囲気はいかがでしたか?

授業を受けるたびに先生との距離が縮まるような感覚で、とても良かったです。単に解法を教えてくれるだけでなく、生徒のことを本当に考えて指導してくれているのがわかり、自分も「がんばろう」と思うことができました。

計画的で的確な授業のおかげで偏差値は40台から77にアップ!

他に、授業を受けて「ここが良かった」という点はありますか?

計画をしっかり立ててくれることです。先生は合格するために必要な分量をわかってくれていて、過不足なく授業を行ってくれます。余計な参考書を買ったりせず、医学部合格までの計画は、全て四谷学院に任せていました。

全て任せるなんて、先生を信頼していなければできないですよね。

そうですね、先生には本当に感謝しています。いつも的確なアドバイスで、僕の学力をかなり伸ばしてくださいました。

具体的に、成績はどれぐらい伸びたんですか?

効率良く勉強できたおかげで、総合偏差値は77まで伸びました。四谷学院の授業は、実力を養うのにもってこいです!

55段階で入試演習もスムーズに。将来の夢への第一歩になりました。

すごい、倍近くまで伸びてますね!では、55段階はいかがでしたか?

やる気次第でいくらでも進んでいけるのが良かったです。単に難しい問題だけを解く他の予備校とは違って、基礎からやり直せるので土台を作ることができました。偏差値40から医学部レベルまで伸びることができたのも、55段階のおかげです。基礎からやり直して一定のレベルまで行くと、入試演習でもスムーズに進められるようになりました。

合格おめでとうございます。では最後に、将来の目標を聞かせてください。

ありがとうございます。将来は日本だけでなくアメリカの国家試験にも合格し、どこでも通用するような医者になりたいです。医療を通じて社会に貢献することが僕の夢です。その夢への第一歩を踏み出させてくれた四谷学院には、本当に感謝しています。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ