MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  順天堂大学医学部医学科を目指す方へ

順天堂大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真順天堂大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。順天堂大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声順天堂大学医学部医学科に合格した先輩の声

小島さん
順天堂大学医学部医学科合格 小島さん
11月のセンター模試からセンター本番までの直前期に総合点が100点も伸びて現役医学部合格!他塾では諦めた方がいいと言われた大学でも四谷学院の先生は最後まで可能性を信じてくれました。

他塾の授業についていけず。基礎を徹底的にやりたかった。

入学前の状況を教えてください。

別の集団塾に通っていたのですが、数学に関しては入塾してからずっと、化学は高2の後半頃になってからよくわからなくなってしまい、授業にはついていけていませんでした。それでも意地になって在籍していたのですが、やはり授業についていけないまま塾に通い続けても医学部は難しいだろうと母親に言われ、基礎を徹底的に教えていただける塾を探していました。

そこで、四谷学院に出会ったのですね。

はい。入塾の大きな決め手はやはり55段階でした。基礎を徹底的に学び直したあと、受験で絶対に落としてはならない問題を演習し、プロの先生に採点してもらい、その場で解説を受けて問題を解けるようにする、という55段階のシステムはとても魅力的でした。

熱意ある先生に解説してもらい必須問題ばかりを演習できた。

実際に授業を受けてみていかがでしたか?

先生方は私が理解するまで何度でも解説してくださる、熱意をお持ちの素晴らしい方々ばかりでした。テキストも、公式や覚えておくべき問題ばかりが載っており、何度も解き直しました。私の通っていた先取りを重ね受験で出るか出ないかわからない問題までを解かせる他塾と異なり、受験における必須問題ばかりを演習できて、先生に解説までしていただけるところがとても良かったです。おかげで、11月に受けたセンター模試から、センター本番までの短期間でも点数が100点アップしました。

素晴らしいですね!試験本番はどうでしたか?

実は、順天堂の試験本番で、直前に四谷の先生に解けるまで解説していただいた問題がたまたま出たのですが、そのときは先生の顔が思い浮かびました。

四谷学院に通っていなかったら医学部に入れていなかったと思う。

直前まで頑張られたからこそですね。合格を知ったときお気持ちはどうでしたか?

合格を手にした自分はとてもすごいと思いました。他塾では、上位校は諦めた方がいいと言われていましたが、四谷の進路指導の先生は最後まで私の可能性を信じて応援してくださり、面談を通してどの大学を受験すれば良いのか何度も相談にのってくださいました。四谷に通っていなかったら、医学部に入れていなかったと思います。私のやばさを見極めて四谷を見つけてきてくれた母と、最後までしっかり面倒を見てくれた四谷には足を向けて寝られません(笑)。

最後に、後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

後輩のみなさん、受験は特に医学部受験は基礎が大切です。それに加えて学校との相性もとても影響してくる学部だと思います。四谷でしっかりと基礎を固めて、どこの大学を受けるかは担当の先生とじっくり相談して決めてください。

柴田さん
順天堂大学医学部医学科合格 柴田さん
初めて模試でB判定が出たことも、医学部に合格できたことも驚きです!!とにかく四谷学院の先生方の言う通りに徹底して勉強したのが勝因です。

去年は大手予備校で勉強していたのですが、かけた時間に対して全然成績が伸びず、どこの大学にも合格することができませんでした。「あんなに勉強頑張ったのにダメだったってことは基礎が足りていないんじゃない?」と母に言われて四谷学院の説明会に行きました。55段階とクラス授業のカリキュラムに魅力を感じてその日に入学を決めました。

生物のクラス授業では指名して答えさせるスタイルで、生徒それぞれの間違ったところや、苦手な分野を先生が把握していてすごかったです。集団授業でここまで先生との距離が近いのは珍しいと思います。授業もわかりやすくて、これまで受けてきた授業と違って、私大の医学部では考察問題が多いことを意識した「考えさせてくれる授業」でした。

化学は偏差値40台でしたが、図説に付箋を貼って「ここだけは絶対に覚えて!」と先生から教えてもらったところを覚えたら成績が上がりました。大手予備校では解き方は教えてくれるのですが、難しくて理解できませんでした。四谷学院で授業を受けて、覚えるべきことを覚えられていなかったからできなかった、基礎が大事だってことに改めて気づきました。

55段階では、アウトプットの作業ができたのが良かったです。間違い方の癖を先生が覚えていてくださって、自分では気づけない勉強の偏りにも気づかされました。他学部も受けましたが、やはり医学部の問題は別格で、制限時間内に問題を選別する力が必要でした。難問の中で比較的簡単な問題を見つけてそれを満点で解くってことが大事で、そのためには基礎的なことを100%やるのが重要です。55段階でいっぱい問題を解いて、段の範囲も制覇して、簡単な問題・難しい問題・得意な問題・苦手な問題をすぐに区別できるようになりました。テキストは基礎から発展までしっかりとやりこめるように作られているので、ほぼ四谷学院のテキストだけで勉強を進めました。

とにかく先生方の言う通りに予習復習を徹底し、それにより勉強の質が去年と変わり、11月の模試で初めて医学部でB判定が出て、マーク模試で56点だった化学はセンターで86点取れました。

私立の医学部は一次試験全勝で、去年から考えると本当に信じられませんでした。ずっと憧れであり夢だった医師になるためにこれからも一生懸命勉強したいと思います。

稲毛さん
順天堂大学医学部医学科合格 稲毛さん
医学部昨年全滅→今年は10勝!正しい勉強法としっかりとした土台があれば目標も達成できるし限界はない。1年間浪人して良かったです。

現役の時は学校の進度とのギャップで全く塾の授業についていけず、英語以外は自分で勉強しました。できないといけない問題も落としていたし、解けないといけない問題なのかの見極めさえできませんでした。睡眠時間を削って体調を崩すほど勉強しても全然成績が上がらず、模試は最後まで全部E判定でした。学校の先生に基礎から学び直せると勧められて、四谷学院の説明会に参加。55段階とクラス授業のダブル教育、質問がしやすそうな環境に惹かれて入学しました。

55段階はいつでも質問でき、初歩的なことでも丁寧に教えてくれたので少しでもわからないところはどんどん質問して疑問点を解消していけました。クラス授業は優秀な先生方の元で典型問題の解き方から関連問題へと応用の幅を広げることができました。入試本番では授業でやったことがそのまま出てきて、入試で出るポイントを効率良く習得できたのだと感じました。先生は忙しい中入試直前まで質問・相談に乗ってくれました。

去年全滅だったので最初の合格を知った時にはすごく嬉しく、2浪はないと安心しました(笑)。そこからどんどん合格し、まだまだ高みを目指せると思い、次の試験への自信へ変えていきました。この好循環の中で10勝も合格できたのだと思います。去年は完敗だった順天堂大学に合格でき、日本医科大学の特待生もとることができたのは1年間頑張ってきた努力に加えて合格する流れに乗れたことと、思う存分試験を受けられる両親のサポートあってこそだったと強く感じます。
去年は「努力は必ずしも報われない」と思い知らされたけれど、「正しい勉強法としっかりとした土台があれば目標も達成できるし限界はないな」と今年は感じました。1年間浪人して良かったと心から言えます!将来は小児科の臨床医として日本だけでなく海外でも働き、日本の高水準な周産期・成育医療を未だに医療の恩恵を受けられないでいる国の子ども達にも届けてあげたいです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください