MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  慶応義塾大学医学部医学科を目指す方へ

慶応義塾大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真慶応義塾大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。慶応義塾大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声慶応義塾大学医学部医学科に合格した先輩の声

村田くん
慶応義塾大学医学部医学科合格 村田くん
次元が違いすぎて「一生受からない」と思った現役時代から10月記述模試では数学満点、化学偏差値78.2に!自分が作った答案に全力のアドバイスをもらえた55段階は予想通り、僕にとって完璧なシステムでした。

慶應医学部は次元が違いすぎて「一生受からねー」と思った。

村田くんは現役時代も慶應医学部を受けたのですか?

はい。でももはや自分とは違う次元すぎて、解いてて「なんでこんな大学を受けているんだろう」「こんなの一生受からねー」と思いました。次元の違う人達の戦いなんだなーと思って、英語なんかは途中で諦めてしまいました。

そこから1年での合格とは、努力が伺えます。浪人するにあたって四谷学院を選んだ理由を教えてください。

浪人することが決まって、どこの予備校にするか親とも話し合ったのですが、医学部に受かった兄が通っていたのもあって四谷学院の説明会に参加することにしました。そこで、55段階の説明を聞いて、やってみたい!と思ったので入学を決めました。55段階の第三者に見てもらえる環境が、自分に必要だと感じました。

実際に授業を受けてどうでしたか?

予想通り、僕にとって完璧なシステムでした。段階を踏んでいくことで基礎を確認しながら、初めて見るような問題にもたくさん取り組むことができましたし、自分に合った進め方や解き方をすぐにその場にいる先生が教えてくれました。先生達はみんな優しかったです。クラス授業で自分が得た知識を活用して作成した自分の答案に、55段階の先生は、真摯に向き合ってくれて、全ての答案を全力で採点してくれましたし、1回の授業で複数枚添削してもらうことも可能でした。

クラス授業で得た知識を活かして55段階で答案を作る。

慶應対策としては、どういうところが役に立ちましたか?

数学や他の問題にしてもそうなんですけど、慶應は計算が結構大事で。計算力が弱いところが僕の課題でした。でも、55段階の段の範囲でいろいろな大学の問題に触れることで、数をこなすことができて、良い練習になりました。

数学は記述模試満点で全国1位!

成績はどのくらい伸びましたか?

数学は10月記述模試が満点で全国1位をとることができました!化学も、現役時代は50台だった偏差値が今年の10月では78.2をとることができました。

素晴らしいです!では合格を知ったときはどうでした?

その日、友達と中学の部活の先生とみんなで焼肉を食べることになってました。でも先生がまだ来ていなくて、僕のところに電話が来て。先生からかな?と思っていたら「慶應義塾大学ですけど」って言われて!やっと大学受験が終わる!と安堵感がいっぱいでした。周りの友達も、めっちゃ祝ってくれました。

ドラマチック!最後に村田くんはどんなお医者さんになりたいですか?

小児科医になりたいです。幼いときとても体が弱かった僕は、奇跡的に今幸せな環境の元で生活できています。今度は僕が、幼い子供たちの病気を治し、こんなにも明るい未来が待っているのだよ!ということを伝えたいです。

舟山くん
慶応義塾大学医学部医学科合格 舟山くん
気づかないフリをしていた苦手を本当になくせたから判定はC→A、総合偏差値は68→78までアップ。苦手だった数学も最高偏差値82.2まで伸ばして慶應医学部にリベンジ合格を果たせました!

抜けを基礎から徹底的にできる。四谷学院で本当に良かった!

舟山くんは現役時から慶應医学部をめざしていたんですよね?

はい、でも現役時は緊張から力を出し切れず不合格でした。慶應医に受かるため、基礎から自分の抜けた部分を徹底的にやりたいと思いました。どこが抜けているか自分ではわからなかったので、それがわかる塾を探していました。

四谷学院に入学して、「抜けた部分」は見つかりましたか?

そうですね。どの科目も苦手がなくなるまでやり込めました。おかげで今年の入試はほとんど見たことのある問題でしたし、どの先生も質が高く、本当に四谷で良かったです!

55段階で苦手をなくせたからどんな問題も怖くないと思えた。

授業は、具体的にどんな点が良かったのでしょう?

数学や化学は得意と思いつつ、実際は波がありました。本当は苦手で見ないようにしていた分野があったんです。現役の入試ではちょうどその問題が出て、「出ちゃった」と思いました。55段階ではそういうところを全部埋めて、苦手を本当になくすことができました。問題以外の部分も先生が追究してくれたので、自分だと見ないようにしてしまうような難しい部分まで理解することができました。問題を見ると答えまで先が見えて、何が来ても怖くないと思えるまでになりました。そういった経験が、試験でも活きたと思います。

では、先生の質が高いとは?

どの先生も僕の疑問にしっかりと答えてくれるし、「ここはわかる?」と追究してくれました。どんなに難しい質問をしても、先生が答えをもっていて教えてくれました。クラス授業の先生は僕の苦手を把握してくれて「こういうの苦手だと思うから解いてみて」と言ってくれたりしました。

判定はC→Aに、総合偏差値は78までアップして慶應医に合格!

とことん苦手をつぶすことができたんですね。成績も伸びたのでは?

はい!判定はCからAに、総合偏差値も68から78まで上がりました!苦手だった数学は最高偏差値82.2をマークして慶應医学部に合格できました!

素晴らしい伸びですね!合格を知ったときはどうでしたか?

去年の雪辱を果たせて本当に嬉しくて、自然と涙が出ました。ただ、この1年は本気で慶應医をめざして頑張ったので、合格は当たり前とも思えました。それくらいやり込みました。

本当におめでとうございます!医学部をめざす後輩にメッセージはありますか?

後輩のみなさん、医学部合格は簡単なことではありません。55段階を使って何が自分に足りないのかをはっきりさせて、苦手をなくすように頑張ってください。そうしたら、合格しているはずです。応援しています。

最後に、将来の夢をお願いします。

サッカーをやっていたのでスポーツに関われたらと思っています。海外でも学んで日本一の良医になれるように頑張ります!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください