MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  高知大学医学部医学科を目指す方へ

高知大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真高知大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。高知大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声高知大学医学部医学科に合格した先輩の声

渡邉さん
高知大学医学部医学科合格 渡邉さん
医学部合格に特別なことはいりません。40台だった数学の偏差値は75.4までアップ。基礎を積み上げそれを発揮しきるだけで、面白いように成績が上がりました。

四谷学院に入学する前は映像授業の塾に通っていました。先生との距離は遠く、質問もしづらく、わかったつもりになっていましたが、模試ではE判定しか見たことがありませんでした。特に化学は50点をとってしまい、医学部は絶望的。その時もまだ何ができていないのか、何がわからないのか、頭の中で整理できていない状況でした。それでも一縷の望みをかけて医学部を受けましたが惨敗。両親の「やりたいことをやりたいなら一年勉強してみれば?」という一言で浪人を決断しました。

四谷学院に入学したのは「質問しやすい」「先生との距離が近い」という言葉をパンフレットで見て自分にはここしかない、と思ったからです。

55段階では、自分のわからなかった穴が明確になりました。基礎から着実に段階を踏むことで「自分はここができていないんだ」というところが簡単に見えてきて、面白いくらいに成績が上がっていきました。特に、高3のとき偏差値40台だった数学は最高75.4まで上がり、化学も本番で92点とれました。

クラス授業は、大教室ではないため、周りの生徒とも話しやすく、励ましあえて楽しい時間でした。先生方は受験に直結した考え方・解き方を教えてくれて、その教えが受験で活きました。テキストもどれも即戦力になるような知識が詰め込まれた問題ばかりで、解いていてホントに楽しかった!自分の学力が上がっていくのを、模試や55段階を通じて感じることができました。

受験コンサルタントの先生にも困ったことはすぐに相談でき、その都度、的確なアドバイスがあって、最高の道標を与えてもらいました。モチベーションが下がって「これじゃダメだ」と思ったときも、優しく、そして次につながる助言をしてくれて救われたことは今でも特に感謝しています。いつも朝は「おはようございます」、授業が終わると「お疲れ様」と声をかけてくれて、それが本当に嬉しかったです。

医学部合格に特別なことは必要ありません。僕の合格がその証拠です。着実に基礎を築き上げ、それを発揮しきれば必ず合格に近づきます。そしてそれは他のどんな学部にも言えることだと思います。先生方には感謝してもしきれません。合格という最高の形で何か一つ返せたことが嬉しいです。ありがとうございました。

山﨑さん
高知大学医学部医学科合格 山﨑さん
ラグビー中心の生活で定期テスト以外は勉強していなかった自分が、まさかの現役医学科合格!得意な数学はさらに伸ばして偏差値81.8を記録。大きな得点源となりました。

入学前はラグビー部中心の生活を送っていたため、定期テスト以外はほとんど勉強していなかった。そのため成績はどんどん落ちていった。高3になる直前に、そろそろ受験勉強しなきゃと思い、四谷学院に入学した。

55段階では、部活と被らないように時間割を設定できたので、部活が忙しい自分にとってとても助かった。また、1・2年の時に勉強をサボっていたため、55段階で基礎から固められたのが良かった。苦手だった英語も基礎を固めた後、多くの長文を読んだため、徐々に読めるようになっていった。

クラス授業ではまわりの生徒とのレベルが近く、先生の教え方もわかりやすかった。数学は得意な科目だったが、先生に教えてもらうことで類題も解けるようになり、その単元のどんな問題にも応用が利くようになった。多くのことを学べ、模試では偏差値81.8を記録し最終的には大きな得点源になった。

1年前まではまさか自分が現役で医学部に受かると思っていなかったので合格は信じられなかった。自分はずっとスポーツをやってきて、特に高校ではラグビーをやっていたこともあり、多くの怪我をしてきて医師にお世話になることが多かったので、スポーツで怪我をした人を多く助け、頑張ってスポーツをやっている人たちの助けになりたいと思う。

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください