MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  高知大学医学部医学科を目指す方へ

高知大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真高知大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。高知大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声高知大学医学部医学科に合格した先輩の声

餌取
高知大学医学部医学科合格 餌取
現役時代は塾に通っても全く成績が伸びず、学習システムが充実している四谷学院に入学。55段階とクラス授業、そして担任の先生。今年の合格は本当に四谷学院のおかげです!

今にして思えば、現役時代はとても詰めが甘い勉強をしていました。一応、塾には通っていましたが、まるで成績が伸びないまま浪人が決まり、四谷学院の説明会に参加しました。その説明会で、しっかりとした学習システムと充実したサポート体制に感銘を受け、四谷学院に入学を決めました。

実際に、55段階をやり始めると、基礎分野から一つひとつの弱点を潰していける上に、毎回のテストによって豊富な演習量を確保できました。もちろん、間違えた問題はしっかり先生方が解説してくれるので、「ただ問題を解くだけでやりっぱなし」の勉強とは学習効果が格段に違いました。

一方、クラス授業では、得意な数学や理科でも、先生方が未開拓の解法プロセスやテクニックを伝授してくれたので、出題者の意図を見抜くための視野が広がり、見たことがないような難問でも自然と手が動くようになりました。

また、担任の先生のサポートはすばらしく良かったです。夏期講習や冬期講習でどの講座をとるか悩んでいるときも、出願校を決めるときも、いつも親身になって相談にのってくれ、力強く背中を押してくださいました。

こういった様々なサポートのおかげで合格を手にすることができたわけですが、自分以上に担任の先生や家族が喜んでくれたことが本当に嬉しかったです。

先生方、スタッフのみなさん、最後まで全力のサポートありがとうございました。後輩のみなさんも、最後まであきらめず、全力で頑張ってください!

冨田
高知大学医学部医学科合格 冨田
四谷学院で合格した友人の話を聞いて入学。55段階で徹底的に基礎事項を固めた結果、E判定だった模試はA判定まで伸びました!

一浪目は集団授業をメインとした他の大手予備校で勉強をしていたのですが、2つある医系クラスの上位クラスに所属していたため、授業で取り扱うテキストやプリントは難解なものが多く、自分の志望校のレベルには全く適したものではありませんでした。そして、「このプリントを復習すれば、必ず成績が伸びる!」とクラス担任の先生にも言われ、がむしゃらにそれをこなしていました。ところが、結局成績は現役の頃から全く伸びず、模試ではE判定になってしまうことが多く、そのまま一浪目の受験も惨敗に終わりました。

こうして二浪が決まったのですが、一浪目を四谷学院で過ごした友人が、私より遥かにレベルの高い大学に合格したという話を聞きました。しかし、彼は現役の時は私よりも成績が良くなかったのです。いったい全体どんな勉強をしたのかとその友人に聞くと、「四谷学院のカリキュラムを言われた通りにこなしただけだ」と言いました。そこで、落ち着いて自分のしてきた勉強を振り返ってみると、自分がいかに上辺だけの勉強をしてきたかということを思い知りました。こうして、もう一度しっかり勉強をやり直そうと決意し、四谷学院に入学したのですが、実際に55段階を始めると、前の予備校と全く違い、中学生レベルの本当に初歩的なところから徹底的に基礎を固めていくことができました。また、クラス授業の方は、先生と生徒の距離が近いので、先生は生徒の反応をしっかり見てくれていて、生徒の反応が怪しければ、じっくり時間をかけてくれるので、授業内容を100%習得することができました。

それ以外にも、四谷学院にはいつでも快適に使える自習室があるおかげで、それを毎日利用することで生活リズムもしっかり整えることができました。

こうしてがむしゃらに1年間走り続けた結果、模試の成績でA判定が出るようになり、見事リベンジを果たすことができました。後輩のみなさん、受験は勝負です。勝つか負けるかしかありません。その覚悟を決めたら、四谷学院で死ぬ気で勉強してください。そうすればきっと道は拓けます!

宮本
高知大学医学部医学科合格 宮本
総合偏差値は56→65!四谷学院のシステムをこなしていくだけでどんどん勉強が楽しくなってきて、成績も飛躍的に伸びていきました。

現役の頃は、基礎固めが全くできていない状態で応用問題ばかり解いていました。どの分野がどの程度分かっているのかも分からないまま、ひたすら難問を解くことに熱心になっていたのです。また、得意科目と苦手科目に大きな差があり、苦手科目の勉強はほとんどしていませんでした。案の定、本番の試験は受験した全ての大学で不合格。

こうして浪人せざるを得なくなったのですが、いろんな予備校のパンフレットを見ていたところ、四谷学院の「科目別に能力別で分けられるクラス授業」と「55段階個別指導」というシステムの説明を読み、「ここだ!」と思いました。

四谷学院で浪人生活のスタートを切った私ですが、本当に力がついてきたという実感が湧いてきたのは夏が終わってからでした。一学期の間、55段階でしっかりと基礎を固め、クラス授業で先生の分かりやすい講義を聞くことで、効率の良い勉強ができたことが一番の理由だと思います。しかも、四谷学院は先生やテキストの質が高いので、勉強そのものが楽しくなっていき、それにつれて成績も急上昇。総合偏差値は56→65まで伸びました。

一年という短い期間でしたが、四谷学院で過ごしてきて本当に良かったです。四谷学院だからこそ、第一志望の合格だけでなく、「頑張ればできる」という自信を手に入れることができました、先生方、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。後輩の皆さんも、目の前の一歩一歩を大切にして下さい。日々の授業、55段階、それらを少しずつ積み重ねるだけで、急激に成績は伸びます。正しい努力であれは必ず報われるので、自分の今の成績に囚われることなく、第一志望を目指してください!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ