MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  名古屋市立大学医学部医学科を目指す方へ

名古屋市立大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真名古屋市立大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。名古屋市立大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声名古屋市立大学医学部医学科に合格した先輩の声

上村
名古屋市立大学医学部医学科合格 上村
40台だった数学の偏差値が67にアップして、3年越しで念願の医学部合格を果たせました。成績アップの秘訣は四谷学院をフル活用したことです。

大手予備校に通っていたけど、苦手科目が克服できなかった。

現役のときから医学部志望だったそうですね?

はい。祖父も父も医師だったということもあるのですが、私は7歳の頃に自分自身が病気をもつようになってしまい、そのときに励ましてくれた女医さんのおかげですごく気が楽になって…、それ以来「自分もこういう医師になりたい」と思うようになりました。

予備校には通っていましたか?

現役のときは他の大手予備校に通っていました。でも、苦手な数学が全く克服できず、偏差値40台でした。当然、そんな成績で医学部に合格できるはずがなく、現役のときも1浪のときも国公立医学部どころか、私大の二次試験に進んだことすらありませんでした。

ではなぜ四谷学院に入学しようと思ったんですか?

私は科目によって得意・不得意の差が激しかったので、複数の教科の総合点を用いて全科目一律にクラス分けをする普通の予備校ではダメだと思ったからです。その点、四谷学院なら科目ごとにレベル分けをしてくれるので、それが一番大きな理由でした。

システムの良さだけではない。教材や授業の質の高さに驚き。

なるほど。では実際に授業に参加してみてどうでしたか?

実際に通い始めてみると、システムの良さだけでなく、教材や授業の質の高さに驚きました。例えば前期のテキストは基礎的な問題が多いのですが、それは単に「簡単な問題」ではなく、どれも後々学習する内容につながることを意識して厳選された良問ぞろいのテキストでした。

先生はどうでしたか?

講師の先生もレベルが高くて驚きました。四谷学院には他の予備校でありがちな「スマートだけど生徒には真似することができない解法」を教える先生はおらず、どの先生も「生徒が真似ることのできる範囲で最も効率がよい解法」を示してくれるのが良かったです。

先生との対話があるから勉強が楽しくなっていった。

55段階の方はどうでしたか?

55段階は「今週はここまで進めよう」という具体的な計画を立てることができるので、常に高いモチベーションを保って勉強ができました。指導してくださる先生も勉強のことだけでなく、いろいろと興味深い話をしてくれるので、勉強がどんどん楽しくなっていきました。おかげで数学の苦手も克服できて、偏差値は40台→67まで伸ばすことができました。

合格に必要なものは全て四谷学院が用意してくれる。

では最後に、後輩のみなさんに向けて、成績アップの秘訣をお願いします。

合格への最短の道は四谷学院が用意してくれているものにできる限り参加してフル活用することだと思います。四谷学院は必要なものは全て用意してくれています。後はそれを活用するだけで良いんです。後輩のみなさんもそれを忘れずに、四谷学院で完全燃焼してください!

横田
名古屋市立大学医学部医学科合格 横田
苦手だった数学はセンター本番で190点。E判定しか出なかった第一志望はA判定に。四谷学院には感謝してもしきれません!

僕は現役の頃も他の大手予備校に通ってそれなりに勉強していたのですが、思うように成績が伸びず、第一志望の市立大医学部はE判定しかとったことがありませんでした。とにかく勉強のやり方そのものがまずかったのだと思います。

四谷学院に入学を決めたのは、もう一度自分の勉強法を見直し、基礎からやり直す必要があると感じたからでした。僕の場合、理系なのに数学が苦手だったのですが、55段階を受けることで、自分では気づけない基礎の穴にたくさん気づくことができました。焦らず地道に基礎を積み上げていくことでだんだん自信がついてきて、本番のセンター試験ではⅠAが96点、ⅡBが94点。全教科でも数学が1番良い点数でした。

さらに、55段階で良かったと思うのは徹底的に記述答案を作る演習が積めたことでした。僕は数学の白紙の解答用紙に恐怖心すら抱いていたのですが、55段階でひたすら書く練習を続けたことで免疫ができ、難しい問題にも恐れることなく対峙することができるようになりました。

それに、四谷学院はクラス授業も良かったです。科目別に自分のレベルに合った授業が受けられることはもちろんですが、たとえハイレベルなクラスにおいても先生は基礎内容を軽視することなく、「基礎の上に発展がある」という考え方のもとで「暗記」ではなく「理解重視」の講義をしてくださいました。また、苦手科目は適切な時期にクラスレベルをどんどん上げていくことができるので、自分の学力の向上を実感できるのも心強かったです。

結果的には第一志望でA判定がでるほど成績を伸ばすことができました。これは何より、支えてくださったスタッフのみなさんと先生方のおかげです。本当に、四谷学院には感謝してもしきれません。1年間ありがとうございました!

谷合
名古屋市立大学医学部医学科合格 谷合
去年は成績が伸びず看護学部を受験。55段階で基礎の確認&演習をこなし、E判定から念願の公立医学部合格!

私は去年も医学部を目指して浪人生活を送っていましたが、どの模試でも医学部はE判定ばかり。土壇場になって医学部を回避して看護学部を受験しました。しかし、改めて自分の将来を考えたとき、どうしても医師になる夢を捨てきれないと悟りました。

そこで、もう一度医学部にチャレンジするにあたり、これまで受けてきた模試や問題集を見直したのですが、基本的な問題や穴埋めの問題で間違えていることが多いことに気づき、「基礎をやり直さないと来年も同じ結果になってしまう」と思いました。そんなとき、新聞広告の中に四谷学院の55段階指導を見つけました。「中学校の内容から取り組むことができる」と書いてあるのを見て、「自分に必要な勉強はこれだ!」と思いました。

私は特に数学が苦手で、公式をただ覚えて計算をするものの、答えが出せないことが多く、解答作りに苦心していました。数学の苦手克服には基礎事項の確認に加えて、豊富な演習量が必要だと感じていたので、その両方ができる55段階はまさに私にぴったりの勉強法でした。

実際、入学して55段階をスタートしてみると、手を動かしてたくさんの問題を解くことによって、自分では気づけない基礎の弱点に気づくことができました。手が止まるところはやっぱり自分の理解が足りてない証拠なので、復習の優先順位もつけやすかったです。それに、55段階の先生は私の解答をもとに具体的にどこをどう直したらいいかを丁寧に教えてくださるので、解答を作り上げる力が着実に身についていきました。その結果、今年は大幅に成績を伸ばすことができ、念願の医学部の合格を勝ち取ることができました。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ