MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  大分大学医学部医学科を目指す方へ

大分大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真大分大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。大分大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声大分大学医学部医学科に合格した先輩の声

寺澤くん
大分大学医学部医学科合格 寺澤くん
社会人を経ての医学科への挑戦。覚えていることなどほぼゼロの状態から、11月にはA判定、1年で国立医学科合格!!四谷学院は自分にとっての最適解でした。

ホームページやパンフレットに社会人を経験してからの再受験生の方が何名も載っていたので、一番受け入れてもらえそうだと思えたのが四谷学院でした。7年ぶりの受験勉強だったので、基礎を固める必要があり、逆に言えば基礎さえ固まれば医学部でも受かるはずと思っていたので、その点でも55段階で漏れなく基礎を定着できる四谷学院が最適だと感じていました。覚えていることなんてほとんどなかったので最初は不安しかなかったですが、55段階のスタートは中学の内容のまとめから入るので、着実に基礎から固め直すことができました。クラス授業では確かに最初は苦労しましたが、しっかり基礎を勉強していくことで夏には周りとの差は感じなくなり、11月の模試ではA判定が出るまでに至りました。55段階でしっかり基礎を固め、クラス授業で応用の仕方を学べたことが再受験1年目で医学部に合格できた理由であることは間違いないです。また、アウトプットする機会の多さも四谷学院の良さだと思います。学んだことを先生に見て頂くことで、自分が間違えた解釈をしている部分を直して頂いたり、得意科目であれば他の受験生と差のつく記述方法まで教えて頂けたりしました。辛い時、焦りを感じた時、情緒不安定な時を乗り越えられたのは間違いなく、四谷学院の担任や先生のおかげでした。本当にありがとうございます。後輩の皆さんにも自分を応援してくれている人はたくさんいることを忘れずに頑張って頂きたいです。

会社を辞めて迷惑をかけてしまったにも関わらず、たくさんの人が協力し、応援してくれました。最初は医師になることを目標に始めた受験勉強でしたが、最後の方は「これだけ応援してくれるみんなのために、何とか早く良い報告をしたい!」と思って勉強していました。この気持ちがあったからこそ、再受験1年目での合格に繋がったのだと思います。だから、合格発表で自分の番号があった時は嬉しさ以上に感謝の気持ちでいっぱいでした。これから何年経って、何歳になっても、チャレンジし続ける精神を忘れない大人でありたい。大学ではみんなのおかげで自分が学べていることを忘れず、恩返しの気持ちで立派な医師を目指して勉強を頑張ります。

山田さん
大分大学医学部医学科合格 山田さん
大手予備校に通って伸び悩んだ結果多浪に。最後のチャレンジで四谷学院に入学。あきらめずに頑張って本当に良かったです!

私は医学部を目指して多浪していたのですが、苦手な分野は何をやってもどうしようもないのではないのかと思っていたときに、四谷学院の55段階指導を知りました。説明会に参加して「55段階なら自分がどこから理解していないのかわかるし、基礎的なところからしっかり見直せる」と思い、入学を決めました。

実際に55段階を始めてみたら、すぐ終わらせてしまおうと思っていた基礎部分にも、そこかしこに穴があることがわかりました。そして何より、55段階で良かったところは演習量が圧倒的に増えたことです。大手予備校に通っていたときは授業の予習・復習しかできずに伸び悩んでしまったのですが、四谷学院のダブル教育によって解く問題数が飛躍的に増えました。同じ範囲の問題をたくさん解くことで、今まで学んできたことが繋がっていき、入学前にできなかった問題もできるようになっていきました。

それから、後輩のみなさんにぜひオススメしたいのが夏の合宿です。私は英語を受講したのですが、文法問題から長文読解まで網羅したテキストと圧倒的な勉強量を確保した時間割で、効率良く英語力を伸ばすことができました。短期間で長文をたくさん読めるので、苦手なテーマの文章や問題形式にも慣れることができました。合宿後もテキストに愛着が湧くので、復習する意欲が高まり、何度も同じ英文を読むことで、読むスピードも格段に上がりました。

今年で受験をやめると決めて他学部も受けましたが、諦めずに勉強して医学部に合格できて本当に良かったです。1年間、ありがとうございました。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ