MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  大阪医科大学医学部医学科を目指す方へ

大阪医科大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真大阪医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。大阪医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声大阪医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

生内
大阪医科大学医学部医学科合格 生内
四谷学院の勉強法は最高に効率的!科目別能力別で自分に合ったレベルのクラス授業と、個別に採点してもらえる55段階のおかげでE判定から念願の医学科合格を勝ち取りました。

科目別能力別の四谷学院に行かない理由はない。

四谷学院との出会いは?

現役のときはセンター試験で6割程度、完全に基礎が抜け落ちていました。英語が何より苦手で、生物だけが得意でした。大手予備校の医学部コースでは基礎からはやらないだろうし、授業中の演習は少なそうだなと。四谷学院は基礎からできるだけでなく、科目によってレベルが違う。説明会を聞いて、行かない理由がなくなりました。科目ごとにバラバラのクラス分けは自分にとってかなり大きかったです。

実際、クラスレベルはどうでした?

得意な理科はハイレベルクラスでしたが、苦手な英語は一番下のクラスでした。正直、不本意で、こんなに基礎からやるの?と最初は思ったけれど、授業が始まって30分も経つと、「これは意識していなかった」「そこはおさえていなかった」と自分ができていないことを再確認しました。

一番下から始めて夏にはハイレベルへ。実力に合ったクラスが一番。

しかも、他塾だったら最初基礎クラスならずっと基礎クラスだけど、四谷学院はレベルアップのテストがあるのが頑張る力になりました。最終的に英語もハイレベルクラスになって、入学前は48だった偏差値も67.1まで伸びました。実力に合っている授業が一番ですね。

55段階で、問題作成者の意図を汲んだ解答力が身についた。

55段階はいかがでしたか?

1対1なのが良いですね。他の生徒に気を遣わずに質問ができました。わからないところだけ的を絞って質問できるのも魅力的でした。記述の添削では、解答を見て自分の答えが合っているだろうと思っていても、先生に採点してもらうと、思っていた点数の半分もとれていないこともありました。「これを求められている」「このキーワードはここに入れるべき」など、問題作成者の意図に合った解答方法は1対1だからこそ身についたと思います。志望校別の演習コースがあり、通常以上の演習量が確保できたのも良かったです。

ダブル教育で苦手を克服したらE判定の大学に合格できた。

ダブル教育をどう思いますか?

55段階で基本から徹底的につぶし、クラス授業は全ての科目が自分に合っていて、最高に効率的な勉強方法でした。おかげで、50程度だった総合偏差値は67.5まで伸び、E判定だった大学に合格することができました。

合格を知ったときの気持ちは?

インターネットで発表を見たときは、何かの間違いではないかと思うほどでした。家族や担任の先生、受付の方々に喜んでもらえて、ようやく僕も喜びを実感できました。受験生活は長く感じましたが、目標を達成して振り返るととても充実した日々だったと感じました。

どのような医師になりたいですか?

臨床の現場で活躍したいです。日々技術が進歩する医療現場の第一線で活躍するには、膨大な量の知識と向上心が重要です。大学では貪欲に勉強して、確かな信頼を得られる医師になりたいです。

山本
大阪医科大学医学部医学科合格 山本
1浪目は他予備校の医学部特化コースで勉強したのに失敗。今年は勉強法から変えたことで志望校判定がE → Bにアップ!基礎がしっかりとできていれば何にでも応用できるし、出題者の意図も見えるようになります。

1浪目は大手予備校の医学部特化コースで勉強したのに体系的な勉強ができず失敗。

山本さんは今年が2浪目だったそうですね。昨年はどのように勉強していたんですか?

1浪目は別の大手予備校の医学部受験に特化したコースに通っていました。勉強は主にそこのテキストを予習復習して、わからないところを先生に聞きにいくという感じで、体系的な勉強ができていませんでした。

体系的な勉強ができていないとはどういうことですか?

一度教えてもらっても、似たような問題が出ると解けないことがありました。それは基礎の部分で何かしらつまずいていたからだと思います。でも基礎に戻ろうと思っても具体的にどう勉強すればいいかがわからず放置してしまい、結果1浪して臨んだ受験にも失敗しました。

基礎から見直す勉強法で志望校判定がE → Bにアップ!

それで今年は予備校を変えようと?

はい。このままでは成績が伸びない、なんとか勉強方法を考えないといけないと悩んでいたとき、高校のときの先輩に「四谷学院なら自分に合う勉強ができるよ」って勧められたんです。

実際、四谷学院に入って成績は伸びましたか?

はい!去年はEだった志望校の判定がBまで上がりました。

劇的な変化ですね!やはり今年は勉強法を変えたことが大きかったのでしょうか?

まさにそうです。55段階の基礎から固めていく勉強法で、自分の抜けているところやケアレスミスを減らせたことが一番大きかったと思います。それから55段階にはテストで間違えた問題だけをまとめてやり直せる「フォローアップテスト」があったので、自分の弱点を集中的につぶすことができました。

基礎ができていれば応用ができるし出題者の意図も見える。

なぜ、基礎を固めることが大切だと思いますか?

学力はピラミッドのように基礎の部分からどんどん上に積み重ねていくものなので、基礎ができていないと応用問題もできず、学力も伸びません。逆に基礎ができていれば何にでも応用できるので、まず基礎を固めることが重要だと思います。

超難関の医学部受験でも?

むしろ、医学部受験では特に基礎が重要だと思います。入試では医学部独特の難しい問題が出ることもありますが、高校範囲の知識で解けるように作られています。それに対応するためには難しい問題ばかり解くよりも、基礎をしっかり固めることで問題の意図に気づきやすくなると感じました。

山本さんの合格がそれを証明していますね!


さまざまな観点から病気を診断できる医師になりたい。

それでは最後に、将来の目標を教えてください。

将来は、未病の段階から病気を対策する「予防医療」を広めたいです。また、東洋医療と西洋医療を組み合わせた「統合医療」を用いてさまざまな観点から病気を診断できる医師になりたいです。

冨田
大阪医科大学医学部医学科合格 冨田
四谷学院の参加型授業や55段階は去年ドロップアウトした予備校とは大違い!英語は偏差値74、理科は偏差値66まで伸び医学部合格に相応しい実力が身につきました!

去年は別の予備校の医学部コースに通っていました。150人くらいの生徒がいるハイレベルな授業。それについていくことができなかった僕は、夏頃から授業に出なくなっていました。夕方に登校し、休憩所で友達とダラダラする毎日。こんな僕が医学部に合格できるはずもなく、「滑り止めに」と思って受けた大学にも不合格。自分に足りなかったものを補ってくれる予備校を探し、四谷学院に入学しました。

四谷学院のクラス授業は少人数で、クラス全体に一体感があってすごく楽しかったです。1つの問題に対して生徒一人ひとりが意見を出し合う授業なんかもあって、能動的に参加している実感がありました。去年の予備校で受けていた、「聞いているだけ」の授業とは大違い。このような授業形態だからこそ、予習復習をしっかりするモチベーションにもなったし、しっかりと考えて自分の言葉で表現するスキルが身についたんだと思います。また、55段階も成績アップに有効でした。授業を聞いて理解したつもりでいても、実は穴が残っていることがあります。実際に問題を解くことで、自分では気づけなかった穴をなくすことができました。答案が正解していても、「本当にわかっているか」を口頭で確認されたり、違う角度から突っ込みが入ったり。先生は僕が間違いやすいパターンを把握してくれていて、間違えずに解けるようになったら褒めてくれるのでやりがいがありました。去年は英語と理科で偏差値60の壁を超えることができず、模試を受けても常にE判定。それが、今年は英語74、理科66までアップ。四谷学院のおかげで、医学部医学科に合格するのに相応しい学力を身につけることができました。

大阪医科大学に合格した時はもちろん嬉しかったのですが、それ以上に信じられなかったです。去年は滑り止めの大学にも合格できなかったので、本当に受かっているか入学するまで半信半疑でした。入学式で自分の名前が呼ばれて学生証をもらって初めて、大阪医科大学に合格したという実感がわいてきました。大学生活はすごく楽しいし、意識の高い仲間と勉強することが刺激になっています。将来は1人でも多くの人を助けられる医師になりたいです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ