MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  大阪市立大学医学部医学科を目指す方へ

大阪市立大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真大阪市立大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。大阪市立大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声大阪市立大学医学部医学科に合格した先輩の声

内田くん
大阪市立大学医学部医学科合格 内田くん
記述の答案作成力が磨かれたのは、55段階でプロの先生に添削してもらえたから。総合点は100点近くもアップして念願の医学部に合格!四谷学院は、第一志望校合格を実現する最高の予備校でした。

記述力を伸ばしたいなら、間違いなく四谷学院を選ぶべき。

現役のときの状況はどうでしたか?

今思えば、1年前は基礎が固まっていない状態でした。現役のときから医学部志望で和歌山県立医科大と奈良県立医科大を受験しましたが、どちらもダメで……。四谷学院で浪人しようと思ったのは、他の予備校にはない55段階にひかれたからです。

そうだったのですね。実際に55段階を受けた感想はどうですか?

実は僕は授業を受けるのが得意じゃなくて……。自習で伸びるタイプだったので、55段階はすごく合っていたと思います。55段階によって自習する習慣が身についたし、プロの先生に添削してもらえたおかげで、記述の答案の書き方が磨かれたように感じます。授業を受けるのが苦手な人や、記述力を伸ばしていきたいと考えている人は間違いなく四谷学院を選ぶべきだと思います。

クラス授業は和気あいあい。先生への質問もしやすかった。

なるほど!内田くんは授業を受けるのが苦手とのことですが、クラス授業はどうでしたか?

四谷学院のクラス授業は、授業を受けるのが得意じゃなくても内容が素晴らしかったし面白かったです!55段階のわからないところを埋める形で受講していました。特に、数学の先生は1つの問題に対して違う方向からの解き方を教えてくれたので、いろいろな解法を知れて、選択肢が増えました。途中式の書き方など、答えまでの道筋も丁寧に教えてもらえました。生徒の人数も少なめなので先生への質問もしやすかったです。休み時間には話し声や笑い声が聞こえるほど和気あいあいとしており、非常に過ごしやすい雰囲気でした。

クラス授業も充実していたのですね。授業以外の点はどうでしたか?

授業の他に四谷学院の魅力だと思うのは、受験コンサルタントの先生を含めた受付の方々の温かさです。勉強に疲れたときや、模試で良い結果が出なかったときなど話を聞いてくださり、次に向かう活力になりました。

総合点は約100点アップ!今年のセンター数学は198点!

アットホームな雰囲気も魅力だったのですね。成績の伸びはどうでしたか?

僕が学力の伸びを実感したのは、夏が終わった頃でした。最終的にセンター試験の総合点は去年740点だったのが今年は833点と、100点近くアップしました!数学はほぼ満点の198点をとれました。過去問はセンター試験後に解き始めたのですが、目標点以上とれていたので大丈夫だろうと思えました。

四谷学院は、第一志望校の合格を実現させてくれる最高の予備校。

素晴らしい伸びでしたね!

この1年でかなり伸びました。でも、合格とわかったときは涙が止まりませんでした。今はまだ医者になるという夢への第一歩なので、これから新しいことをたくさん学びたいです。浪人時代に経験したことが必ず役に立ってくると思うので、この1年間を忘れずにひたむきに勉強していきます!四谷学院は、第一志望合格を実現させてくれる最高の予備校でした。

冨田くん
大阪市立大学医学部医学科合格 冨田くん
D判定だった模試の成績はA判定に!55段階でテスト演習&添削指導を繰り返し、効率的で学習効果の高い勉強ができました。

四谷学院に入学したのは、同じ浪人生である従兄弟の勧めでした。それに、現役時代の反省から、今年はいかに自分の基礎の穴を見つけ、埋めるか、というところが課題だったので、四谷学院の55段階はそんな自分にピッタリでした。実際、55段階をやり始めると、基礎的な範囲からテスト演習をして、その場で先生から添削指導をしてもらえるので、効率的で学習効果の高い勉強ができました。自分は数学には自信があったのですが、それでも先生に指摘されてはじめて気づけた弱点がたくさんあり、その穴こそが伸びしろになっているところなので、そこを効率よく学習できる55段階は非常に優れたシステムだと言えます。それに、55段階は科目ごとに担当の先生が複数いらっしゃるので、いろいろな先生から教えてもらうことで視野が広がりました。

一方、クラス授業の方は、どの科目も自分のレベルに合った授業を受けられるし、学期の途中でもレベルアップテストがあるので、「より上のクラスに上がりたい」というモチベーションがわいてきます。

また、先生方は授業の後でもわからないところを質問すればしっかり教えてくださいました。

こうして四谷学院で勉強を続けた結果、D判定だった模試の成績はA判定まで伸びて、去年の雪辱を果たすことができました。試験の手ごたえで、合格は確信していましたが、それでも速達で合格通知書を見たときの喜びは忘れられません。サポートしていただいた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。これからの大学生活でも、しっかり勉強に励み、豊富な知識を持って、また患者さんの立場に立って考えられる医師になれるように頑張っていきたいと思います。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください