MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  滋賀医科大学医学部医学科を目指す方へ

滋賀医科大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真滋賀医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。滋賀医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声滋賀医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

古橋さん
滋賀医科大学医学部医学科合格 古橋さん
壊滅的だった数学は偏差値10アップ。大手とは質問のしやすさが断然違います!先生の目が行き届く、一人ひとりの力に合わせた授業を受けられました。

昨年は大手予備校に通っていましたが、先生との距離が遠くて「私が質問してもいいのかな?」と遠慮してしまい、全然質問できずに終わりました。また、成績をチェックしてくれる進路指導の先生もいなかったので、あまり成績も伸びませんでした。

予備校を変えようと考えていたところ、兄の友人から「四谷学院は先生との距離が近くて丁寧、基礎からやれる55段階もオススメ!」と聞いて、ここなら良いかもと思い入学を決めました。

実際、イメージしていたよりも良く、こんなにすごいのかと思いました。まず、大手と違って質問がしやすかったです。先生との距離も近いので講師控室にも結構質問に行きました。大手の大人数の授業だと、教室の平均に合わせた授業になりますが、四谷学院は先生の目が行き届くので、一人ひとりの力に合わせた授業をしてくれて、演習中も机の間をまわって「これ違うよ」など声をかけてくれました。

55段階はどんなに初歩的なことでも丁寧に教えてくれましたし、質問する環境があるのも良かったです。基礎からやり直せることで、抜けているところもわかりました。一人でやるのは難しく、55段階がなかったら合格できていないと思います。

進路指導の先生は模試はもちろんのこと、55段階の進度や点数まで細かく把握してくれていて、センター試験後の受験校選びでは私の希望を踏まえたベストな大学を一緒に考えてくれました。

おかげで壊滅的に嫌いだった数学も偏差値50台から66.7まで、総合偏差値も70までアップし、念願の医学部に合格できました。幼い頃からの夢であった医師になるためのスタートラインに立つことができ嬉しく思います。

桝﨑さん
滋賀医科大学医学部医学科合格 桝﨑さん
いつも気軽に質問に答えてくださる先生方と集中して勉強に取り組める自習室のおかげでマーク模試の総合点は656点→770点!四谷学院には感謝してもしきれません!

四谷学院で良かったと思うことは主に2つあります。1つは、先生との距離が近いところです。他の予備校だと、先生からの一方通行の授業を聞くだけで、気軽に質問に行けるような状況ではありませんが、四谷学院では、55段階指導やクラス授業を担当してくださっている先生だけでなく、普段は習っていない先生でも質問に行くと丁寧に答えてくれます。そのおかげで、わからないところをわからないままにせず、解決して次につなげていくことができました。また、受験直前期には赤本の添削指導などもいろんな先生がしてくださり非常に助かりました。

そして2つ目は、365日使える自習室です。四谷学院の自習室は学校が休みの長期休暇中や年末年始でも開いているので、夏休みや冬休みの期間も朝から晩まで集中して勉強できました。常に先生方が自習室を見回りしてくださっているので、騒ぐ人もおらず、周りに誘惑がない環境でストイックに勉強に取り組むことができました。また、きつくて集中力が切れてしまいそうなときでも、周りの人が一生懸命やっている姿を見て、「自分も負けられない」と思い、気持ちを切り替えて勉強し続けることができました。

そのおかげで高校2年生のときに総合点が656点だったマーク模試が、高3の11月には770点まで伸びて、無事に国立医学部に合格することができました。

入学から約2年間、私の受験に関わってくださった先生方には本当に感謝のしようがありません。特に、受験コンサルタントの先生は私の成績が上がると一緒に喜んでくれたり、きついときは傍で励ましてくれたり、受験中は気付けなかったけれど、ものすごく支えてもらっていました。最後の最後まで進路を一緒に考えてくれたのも心強かったですし、合格した時はすごく喜んでくれて嬉しかったです。今まで本当にありがとうございました!

木下くん
滋賀医科大学医学部医学科合格 木下くん
大学2年生の時に再受験を決意し、大学に通いながら国立医学部に合格!自分のペースで学習できる55段階指導で模試の判定はD・E→A判定まで伸びました!

僕は現役のときも医学部を受験したのですが、合格に及ばず、浪人をしたくない一心でそのまま滑り止めだった東京農工大学に進学しました。ただ、医学部への思いを断ち切れず、大学2年生の後期に休学をして半年間1人で勉強をしましたが、結局合格することは叶いませんでした。敗因は明らかで、英語数学の基礎部分がおろそかだったことでした。そんなとき、両親に基礎からやり直せる55段階はどうかと勧められ、高校の友達が四谷学院に通って医学部に合格していたこともあり、入学を決めました。

こうして新たなスタートを切ったのですが、四谷学院の55段階は受験に必要なすべての範囲を余すことなく網羅的に扱っているので、ただひたすら決められた通り進めていくだけでどんどん学力が伸びていきました。また、後期は大学に通ったので、受験勉強にかける時間が前期より圧倒的に少なくなってしまったのですが、55段階はそうした忙しさに応じて自分のペースに合わせられるのが良かったです。おかげで模試ではこれまでD・E判定しか見たことがなかったのに、第一志望校でA判定が出るほどになりました。

大学に通いながらの受験勉強だったので、大変辛いときもありましたが、受験コンサルタントの先生と話したり励ましてもらったりしたことで最後まで戦うことができました。1年間、本当にありがとうございました!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください