MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  信州大学医学部医学科を目指す方へ

信州大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真信州大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。信州大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声信州大学医学部医学科に合格した先輩の声

千葉くん
信州大学医学部医学科合格 千葉くん
去年は問題集ばかりの勉強で大失敗。今年は55段階で徹底的に基礎を固めてセンター試験は得点率90%超え!現役の頃からの夢を叶えました。

僕は現役の頃から国立医学部志望だったのですが、なかなか効率の良い勉強ができず、去年は浪人した焦りもあって、ひたすら問題集を解くだけの勉強を1年間続けてしまいました。その結果、成績はほとんど伸びないままで、二浪することになりました。それまでの勉強法を根本から改善しなければ同じことの繰り返しになってしまうと思ったとき、四谷学院ならクラス授業はどの科目も自分のレベルに合った授業が受けられるし、何より55段階で徹底的に基礎をやり直すことができるので、自分に足りないものをしっかり補うことができると思い、入学することにしました。

実際、55段階指導では、期待通りどの科目も基礎の基礎からやり直すことができたし、毎回テスト演習があるので、独学では気づけない「本当の弱点」が明確になるのが良かったです。そして、その弱点を先生から丁寧に解説してもらうことで、完璧な基礎固めができました。去年は気づけなかったことですが、医学部のような最難関を目指すとしても、入試問題のほとんどは基礎~標準的な問題で構成されているので、それを取りこぼし無く得点できるようになることが合格への最短ルートでした。55段階で一つひとつのステップをこなし、しっかり基礎を固めていくうちに、どんどん模試の成績が伸びていき、センター本番でも全科目安定して得点することができました。総合点は去年の741点から大きく伸びて811点、得点率でも90%超えを達成できました。

僕が後輩のみなさんに言いたいのは、「全ての受験生にとっての共通課題は、基礎重視の学習である」ということです。どの大学を目指すにしても、これだけは絶対に間違いありません。だから、みなさんも55段階を着実にこなしていけば、必ず成績が伸びていくはずですから、一つひとつのステップをこなして第一志望の合格を勝ち取ってください!

飯田さん
信州大学医学部医学科合格 飯田さん
模試の成績はE判定→A判定まで伸びてセンター総合得点率は83%→91%!驚異的な学力の伸びは四谷学院のおかげです。

四谷学院に入学する前は、心のどこかで「何となく勉強していればすぐ成績が上がるだろう」と思っていました。浪人1年目はそんな甘い考えのせいで、今にして思えば中途半端な理解のままで終わってしまっていた部分がたくさんありました。

2年目に合格できたのは、その甘い考えを捨て、四谷学院の55段階でしっかりと一つひとつの分野をやり直し、その他四谷学院のシステムをフル活用できたからだと思います。

特に、一番成績が伸びたのは化学でした。理系の受験生は基礎知識の重要性と活用方法を知らないことが多いと思います。私もそうでした。生物はまだしも、化学で基礎知識を覚えることなんて役に立たないと考えていました。しかし、半信半疑で無機をマスターしてみると、点数が安定してくる上に、有機でも理論でも活用することが多いので、化学全体の理解が深まり、色々なことを関連づけて考えることができるようになりました。

また、四谷学院では、スタッフの方々や講師の先生方の存在もとても大きかったです。受付で毎日挨拶をしてくれたり、声をかけて頂いたことで、気分が沈んでいる日も、「こんなに自分を応援してくれている人がいるんだ」と思い、前向きに勉強に取り組むことができました。また、講師の先生方はユーモラスすぎて毎日の授業がすごく楽しかったです。

こうしてあっという間に1年間が過ぎていったのですが、結果的にE判定だった模試の成績はA判定まで伸びて、本番のセンター試験総合得点率も去年の83%→91%と大幅にアップし、念願の国立医学部に合格することができました。

この1年間、四谷学院のおかげで見違えるように自分が成長していくのを感じることができました。本当に、心から感謝しています。

西村くん
信州大学医学部医学科合格 西村くん
去年は他の大手予備校で浪人して失敗。四谷学院で基礎からやり直すことでようやく国立医学部合格をつかめました。

1浪目は某大手予備校に在籍していましたが、途中でハイレベルな授業についていけなくなり、あえなく2浪が決まりました。2浪目の予備校選びで参加した四谷学院の説明会でダブル教育の説明を受け、基礎からしっかりやり直せるところに魅力を感じ、入学を決めました。

実際に55段階を受けてみると苦手な数学はもちろん、できると思っていた英語、理科についても基礎事項の穴が山のように見つかり、自分の勉強のツメの甘さを痛感しました。また、先生は初歩的な質問にも丁寧に答えて下さるので、確実に基礎学力を固められました。

そして、四谷学院はクラス授業が科目ごとにレベル別になっているので、自分の力に合った授業を学力の近い人たちと共に受けられます。そういう人たちと切磋琢磨することでモチベーションが維持でき、順調に学力を高めていけました。先生方もこちらの顔と名前を覚えて下さるので、生徒は一方的な授業をただ受けるだけでなく、能動的に参加しているという実感を得られます。この点は特に、他の大手予備校との違いを強く感じました。

入学当初、できると思っていたことができないという事実を突きつけられるのはつらいことでしたが、それを一つひとつ乗り越えることで、ようやく国立医学部合格をつかむことができました。その手助けをしてくれた四谷学院に心から感謝しています。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ