MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  昭和大学医学部医学科を目指す方へ

昭和大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真昭和大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。昭和大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声昭和大学医学部医学科に合格した先輩の声

田村さん
昭和大学医学部医学科合格 田村さん
焦りがちな直前期だって、基礎、基礎、基礎。苦手な数学を克服できたポイントは、とにかく基礎力でした。レベル・弱点・ミスの癖まで把握した先生の解説もあって、E判定から逆転合格できました!

飛び抜けてできなかった数学を55段階でひたすら復習!

入学前の状況を教えてください。

学校の予習復習以外はしておらず、数学が飛び抜けて悪い状況でした。授業についていくので精一杯。他の予備校で扱うような応用に手を出す余裕はなくて、55段階のある四谷学院を選びました。

実際にやってみていかがでしたか?

自分の中の「わかっていたつもり」を知ることができました。基礎的なことから確認していくので、単元によってバラつきのある私にはとても良かったです。

田村さんは55段階を徹底活用してくれたそうですね?

はい。不合格だった級は特に何度も勉強しました。復習→再テストを受ける前にもう1回復習→再テストで合格→時間を空けてからもう1回復習、という感じです。

素晴らしいです!本当にフル活用してくれましたね。

自分で勉強しているだけだと、どこがどう苦手かはわかりません。けれど、55段階テキストは少なすぎず多すぎず、学習が嫌にならない分量です。だから毎日少しずつ勉強して、基礎の穴を埋めることができました。復習の習慣がついたのは、四谷学院で勉強したからです。

レベル・弱点・ミスの癖を把握した1対1ならではの的確な解説。

55段階では先生の指導が必ずあるから、1人の勉強にならないですよね。

先生は私のレベル、弱点、癖をよく把握した上で解説してくださり、とてもためになりました。得意な単元では「もっと深めるとこういうことにつながる」といった関連事項を教えてくれたり、苦手な単元では「どうしてこの公式を使う必要があるのか」をイチから説明してくれました。

それは1対1ならではの良さですね。

計算ミスも多かったのですが、いつも同じところで間違えていたため、先生が指摘してくれて直すことができました。計算ミスは入試において致命的なので、55段階で対策ができて良かったです。

「とにかく諦めずに基礎力徹底」でE判定からでも合格できた!

試験本番までに成績の伸びはありましたか?

実は10月の模試でもE判定で、正直諦めかけていたんです。でも、最後の最後まで55段階テキストをやり込んだおかげで、合格を勝ちとることができました。

焦りがちな時期に、本当に必要な勉強ができましたね!

応用問題だけをやっても、それがそのまま入試に出るわけではないですよね。それなら、解く力をつけるためには、基本の徹底こそが大事だと考えていました。

本当にそうですよね。合格を知ったときのお気持ちは?

合格を確認した親からの電話で耳を疑い、自分で確認しても信じられず呆然とし、さらに高校の先生からも同じような反応が返ってきました(笑)。コンスタントに基礎を勉強し続けてきた努力が、結果に反映されたんだと思います。

最後に将来の展望をどうぞ。

大学が力を入れているチーム医療について学び、将来的には臨床医として地元の医療に貢献したいと考えています!

藤田くん
昭和大学医学部医学科合格 藤田くん
現役のときに58だった偏差値は7月の記述模試で78.4に!受験において最も重要な「答案を作る」作業。四谷で「点が取れる」答案を作れるようになった。

浪人を決めたときに私には「途中で受験を諦めてしまわないか」・「苦手科目の授業についていけるか」・「孤独や受験のプレッシャーに押し潰されないか」という3つの不安があった。だからこの3つの不安をできるだけ少なくできる予備校を選ぼうと思い、四谷学院に入学した。

1つ目の不安の理由は、元々勉強が嫌いで、高2の12月に受けたセンター模試では英語の偏差値が驚異の16.5!数学・理科は嫌いではなかったが全て40にいくかいかないくらい。高3になって徐々に勉強し始めた。浪人生活という縛りのない期間を勉強だけし続ける自信がなかったが、四谷学院に通っていた知り合いから、面倒見が良くて面談もしっかりしてくれるからオススメと聞いて入学を決めた。実際、受験校選択や普段の学習目標で困ったときに大変助けていただき感謝している。

2つ目の不安の理由は、できる科目とできない科目の差が大きくなっていたからである。他塾の医学部コースでは苦手科目は確実についていけないと思った。四谷学院は科目別能力別のクラス授業があり、途中でレベルアップできる。ついていけないとか、基礎レベルだから受験は無理なんてことにはならない。授業のテキストは重要な問題が厳選され、講師の説明はわかりやすかった。55段階という他塾にないシステムも非常に良かった。苦手科目は本当に1から網羅できるし、得意な科目は意外な穴があることもわかった。さらに段の範囲に入ってからは受験において最も重要な「答案を作る」訓練にもなった。かなりの難易度の問題を解き、答案を「人に見られる」という思いで作成、そしてそれを毎回添削してくれる先生がいる。これが、テストの点を取るということに直結した。

3つ目の不安は、大人数ではない授業だったので解消できた。レベル別のクラスなので、自分と同じくらいのレベルの友達ができ、模試の成績で競ったり、相談したり、浪人生活は想像していた暗いものではなかった。

結果、3年生のときに58だった偏差値は夏に78.4まで伸び、大学に合格した。選んだ塾は間違っていなかったと思ったし、受験を諦めなくて良かった。受験で鍛えた忍耐力と精神力で、医師になるためにしっかり勉強したいと思う。

小野さん
昭和大学医学部医学科合格 小野さん
覚えればできるというのは勘違い。四谷学院で成績が上がる方法を知り、化学も生物も偏差値50台→ 69までアップ。小学生からの夢の医学科に合格できました!

中高一貫校に入学した私は、学校の勉強でいっぱいいっぱいで、今からは考えられないほどの成績でした。母の勧めで四谷学院に入学したのですが、55段階やクラス授業をきちんとこなしていくことで、何の分野が自分に足りないのか、何をやれば成績が上がっていくのか、実感することができました。

化学は最初、ある程度覚えて理解すればできる!と思い、成績が上がらないのは演習量の少なさだと勘違いしていましたが、クラス授業の先生に、時に厳しく、時に優しく教えていただいたことで、自分の今までの勉強の甘さに気づけましたし、多くのことを学ぶことができました。偏差値的にも現役の頃は化学も生物も55ぐらいだったのが、秋の模試では化学69.8、生物69.3と成績アップすることができました。実際の試験でも理科のおかげで合格できたと言っても過言ではありません(笑)。

集団だと、自分が質問すると他の人の時間が減ってしまうと遠慮してしまう性格なので、55段階は1対1で見てもらえるのが良かったです。自分で勉強しているとわからないことが色々出てくるし、先生からも「ここ本当にわかったかな?」と確認をしてくれて、ちゃんと理解できていないことに改めて気づくことができました。55段階がなかったら、受かっていなかったと思います。

第一志望に合格できたのは、受験コンサルタント・受付の先生方をはじめ、クラス授業・55段階の先生方のおかげです。メンタルが弱く、「落ちたらどうしよう」と思うこともありましたが、先生方からあたたかい言葉で励ましていただきました。初めて会う仲間とも切磋琢磨しながら、お互い成長し続けられました。

私は幼い頃、手術や入院を多々経験し、その時にお世話になった主治医に憧れ、小学生から医師を目指し始めました。将来は小児外科医として、小児がんで悩む子供たちの人生に誠実に向き合いたいと思います。医師は生涯勉強だと思うので、これからもずっと勉強し続けていきます。

木村
昭和大学医学部医学科合格 木村
10月記述模試は英数物化全て偏差値65以上。納得の浪人生活を経て、医学部に進学しました。将来と真剣に向き合えた四谷学院での1年間は、自分にとって人生の転機となる成長の年でした。

現役時はバレーボール部を引退して勉強に切り替えたのですが、何をやればいいのか自分でも確信を持てず、なおかつ自分の将来像についても真剣に考えずに受ける大学を決めていました。ただ時間だけが過ぎ受験は大失敗。色々な面で成長して自分にとって変化の1年にしようと思い浪人生活を始めました。浪人生活を始める上で、まず始めに大切にしたのは予備校探しでした。いろんな予備校を比較して、先生と距離が近く受験コンサルタントも充実している四谷学院に僕のヤバ目な成績が飛躍的に伸びる可能性を感じて入学することにしました。

クラス授業を聞いた上で、55段階で記述の練習をして、わからない時には先生方に質問をしました。先生方は僕が理解できるまでとことん付き合ってくださったのでどんどん理解が深まっていくのが実感できました。クラス授業では理解しやすい講義が毎回展開され質問対応も充実していて、気軽に相談に乗ってくださる先生方はとても頼りになる存在でした。10月の記述模試では、英・数・物・化、全て偏差値65以上を出すことができました。

受験コンサルタントの先生には受験だけに視野を向けるのではなく、将来を見据えての指導をしていただき、自分の将来について真剣に向き合うきっかけをいただきました。大学受験に合格することがゴールではなく、自分の将来に繋がる大学に行くことができればそれが一番だと気づきました。今僕はとても充実しています。この充実は受験コンサルタントがあったからこそだと本当に思っています。

四谷学院で過ごした1年の浪人生活が自分にとって大きく変化、成長した1年だったと納得しています。たった1年しか在籍していないのに、僕の中ではすごく大きな存在になりました。四谷学院が僕の転機の場所であってこれからもそうであり続けると思います。本当にありがとうございました。僕は医学部医学科に進みます。東洋医学、特に漢方に興味があり、大学で西洋の医学を学ぶ傍ら、自学で漢方の勉強をして将来は現在の西洋医学では治すことができないような病気を漢方で治せるようになり世界中の人々を助けるという目標があるので、達成できるよう努力していきます。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください