MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  東邦大学医学部医学科を目指す方へ

東邦大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真東邦大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。東邦大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声東邦大学医学部医学科に合格した先輩の声

本田くん
東邦大学医学部医学科合格 本田くん
55段階のおかげで、英語は武器になり偏差値70台に伸びました。苦手だった数学も、偏差値60台にアップ。静かで集中できる自習室も良かったです。

兄が四谷学院に通って日本医科大学に合格したので、自分も通うことにしました。自習室が使いやすいと聞いたのも、入学を決めた理由の一つです。僕は高2まで週3のペースで卓球部の活動があり、四谷学院へ入学する前は、テスト直前にちょっと勉強するくらいの付け焼刃みたいな勉強をしていました。そして特に数学が全体的に苦手で、勉強してもあまり点が伸びなかった科目でした。

55段階を受け始めると、級や段が進むのが楽しかったです。先生も優しく、特に英語は55段階が自分の勉強のモチベーションにつながり、受験では英語が強力な武器になりました。東邦大学は英語の配点が高いので、合格できたのは55段階のおかげだと思います。また、55段階のおかげで英語に時間を割きすぎることなく、苦手な数学に時間を使うこともできました。数学は僕にとって時間がかかる科目でしたが、55段階は解説がわかりやすくて基礎的なところから取り組めるところがよかったです。クラス授業では先生が解説を中心にしてくださるので、苦手な数学も予習でつまずいた部分を授業で理解して復習していくことで、克服することができました。模試の成績でも50台だった偏差値が60台に乗るようになり、受験本番も数学の手ごたえは結構ありました。また、四谷学院の自習室は静かです。自習室を使い始めてから、成績の伸びは良くなりました。3年生の10月の模試では、それまで50~60台だった英語の偏差値が70台に乗り、自分の伸びを強く実感しました。やはり集中できる場所で勉強することが大切で、その点で四谷学院の自習室は良かったです。僕は、高度な医療技術だけでなく患者さんに寄り添った医療を行える医師になることを強く思い続けて勉強をしてきました。これから医学部で必死に勉強して、困っている患者さんを救いたいと思っています。

森川さん
東邦大学医学部医学科合格 森川さん
数学の偏差値は55 → 68、総合偏差値も62 → 70まで伸びました。クラス授業で考え方を教わり、55段階で演習を重ねた結果です。

私は数学の苦手を克服したいと思い、予備校に通うことにしました。でも医学部志望というと普通の予備校では難しい問題ばかりになってしまって基礎を固めることができないし、大人数の予備校だと質問もできないので、基礎からやり直せて少人数の授業が受けられる四谷学院が良いと思い、入学を決めました。

授業がスタートしてまず思ったのは、「先生のレベルが高い」ということでした。先生の解説を聞くことで数学に対する考え方自体が変わっていき、常に「伸びている」という手応えを感じることができ、どんどん数学が面白くなっていきました。おかげでバスケ部を3年の6月までみっちりやっていたのに、55~56くらいの偏差値が、記述模試で68まで伸びました。

一方、55段階では基礎固めができるだけでなく、たくさんの演習をこなすことで答案作成力を大きく伸ばせました。55段階では自分の解答をプロの先生に直接見てもらえるし、解答のプロセスに間違いがあると、ちゃんとそれに気付いてもらえるので、常に的確なアドバイスをしてもらえました。また、先生との対話指導によって思考力そのものが鍛えられるので、数学以外の科目も「芋づる式に伸びていく」という感じで、総合偏差値も62 → 70まで伸びました。

受験を終えた今、振り返って思うのは「大学が求めていることは、基礎が理解できているかどうか」だということです。「医学部だから難問を解く」という勉強法は必ず失敗します。大事なのは基礎の深い理解です。みなさんも四谷学院でそれを実感してください!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ