MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ  >  大学受験情報  >  徳島大学医学部医学科を目指す方へ

徳島大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真徳島大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。徳島大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声徳島大学医学部医学科に合格した先輩の声

角山くん
徳島大学医学部医学科合格 角山くん
1浪時に落ちた数学の偏差値を15以上上げて、昨年全落ちから念願の国立医学部に合格。先生の質も進路指導も学習環境も全て、大手予備校より四谷学院の方が上でした。

1浪時は大手予備校に通っていましたが、クラス分けが数学と英語の得点のみで判断されたために、基礎のできていない物理の得点に伸び悩み、また1浪時に最も勉強時間を割いた数学が現役時よりも成績が下がってしまい、結局全ての大学に落ちてしまいました。四谷学院に入学したのは、英数だけでなく理科もレベル別のクラスで自分にあった学習ができることや、55段階で自分の穴となっている分野を埋めることができると思ったからです。

実際、成績が伸びたのは、クラス授業や55段階、受験コンサルタントの先生との距離が近く、アドバイスをもらいやすかったことや、55段階によって苦手な分野を埋めることができたからと考えています。わからない問題の質問や自由英作文などの添削もお願いしやすかったです。数学の記述模試の偏差値は昨年54.4→今年71.3まであがり、判定もD→Bにあがりました。

入学前は「大手予備校の先生と比べると質は下がるのだろうな」と思っていましたが、むしろ大手予備校の先生よりもわかりやすく、良い先生が多いと思いました。
データについても大手と比べて不安を感じていましたが、通ってみると昨年の大手予備校よりもデータが多く、心強かったです。また受験コンサルタントの先生にすぐに勉強の計画などを相談できたために、1人で悩みを抱えることがあまりありませんでした。自習室も同様に、昨年は見回りがなく、喋っていたり寝ていたりする生徒が多かったのですが、四谷学院はしっかりと見回りがあり、勉強をする環境としてとても良かったです。

昨年度、全ての大学に落ちてしまったために、自分の受験番号が「合格」にあることに信じられず、何度も親や友達に確認してもらいました。医学部合格まで点数を引き上げてくれた四谷学院の先生や2年間も支えてくれた両親にとても感謝の気持ちでいっぱいです。私は徳島大学の医学部に進学するのですが、祖父が徳島大学の卒業生であり、徳島大学で働いていたことが志望した理由の1つでした。その祖父のように患者さんを第一に想い、慕われる医師になりたいと思います。

松村くん
徳島大学医学部医学科合格 松村くん
センター総合得点率は65%→88%!E判定から念願の国立医学部に合格。本当に素晴らしい経験ができた1年間でした。

現役時代はどのように勉強すればいいのかもわからないまま受験を迎え、センター試験の得点も総合得点率で65%しかとれず、とても国立医学部を目指せるようなレベルではありませんでした。浪人が決まり、予備校を探し始めたのですが、他の大手の予備校では、ある程度の学力に達していないと医学部のクラスに入ることすらできないため、どんな学力でも制限がなく受け入れてくれる四谷学院に入学し、もう一度医学部を目指して頑張ろうと決意しました。

実際に授業がスタートすると、他の予備校と違い、先生と生徒の距離が近いので、質問がしやすく、とてもいい環境で新しいことをどんどん吸収していくことができました。授業後でも講師室に質問に行くと、先生が丁寧に説明をしてくれるので、一つひとつの弱点をしっかり克服できました。また、55段階個別指導では、受験に必要な基礎事項について、実践演習をしながら身につけていくことができる上に、先生が生徒の答案を直接添削指導してくれて、その場で個別に解説を受けることができるので、答案の書き方で迷うようなことがなくなっていきました。こうして1年間四谷学院のカリキュラムをこなした結果、センター本番の総合得点率は88%を超え、E判定から念願の国立医学部に合格することができました。

合格発表で自分の番号を見つけたときは、四谷学院で頑張って本当に良かったとしみじみ思いました。この1年間、四谷学院のおかげで本当に素晴らしい体験をさせてもらいましたが、この経験を活かし、これから始まる大学での勉強も一生懸命頑張って、立派な医師になれるよう精進したいと思います。

後輩のみなさんも、四谷学院のスタッフや先生方はとても親切でしっかりサポートしてくださるので、それを信じて頑張ってください!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。例えば、得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス。だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められます。程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は40年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「だれでも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください