MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  富山大学医学部医学科を目指す方へ

富山大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真富山大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。富山大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声富山大学医学部医学科に合格した先輩の声

土田
富山大学医学部医学科合格 土田
模試の判定はD→Aまで伸びて、センター総合得点は696点→794点に!この合格は四谷学院の先生方のおかげです!

現役時代は自分で計画を立てて勉強していたため、ムラが多く、決まったパターンの問題は解けても、難易度が上がると解けない問題がたくさんありました。浪人するにあたり、四谷学院を選んだ理由は親からの勧めがあったからなのですが、実際に四谷学院の55段階指導をやっていくと、自分が書いた答案について、先生が丁寧に個別添削してくれるので、自分の間違った思い込みに気づくことができ、その場で解決することができました。この積み重ねのおかげで、現役時代は解けなかった難易度が高い問題でも戸惑うことなく向き合えるようになっていきました。

その結果、D判定だった模試はA判定になり、センター試験の総合得点も696点→794点まで伸びて、念願の国立医学部に合格することができました。合格発表のときはパソコンの前で思わずガッツポーズをするほど嬉しかったです。

入学当初は医学部合格の希望は薄かったのですが、こうして無事に合格できたのは、四谷学院の先生方のおかげです。1年間、本当にありがとうございました。

これからも、整形外科医を目指して一生懸命勉強し、将来的には運動部の学生をサポートするスポーツドクターになりたいと思います!

松岡
富山大学医学部医学科合格 松岡
現役時代は私立も含めて全滅だった私が模試の志望校判定をE→Aまで伸ばしてセンター得点率91%を達成できました!

現役時代の私は国立、私立合わせて5つの入試を受けましたが、全て不合格でした。不合格という事実はどの大学からも要らないと言われたようなもので、劣等感しか感じられませんでした。受験をやめて働くか、修道院に入ろうか考えていた矢先、両親から四谷学院で浪人生活を送ることを勧められました。ふてくされたまま梅田校に連れられて、自動ドアが開いた瞬間、聞こえてきたのは明るく元気な「こんにちは」の声でした。他の予備校や塾では、このようなことはなく、とても好感を持てました。丁寧な説明会と自習室見学の後「ここなら1年で生まれ変われるかもしれない」と前向きになれ、入塾を決意しました。

浪人生活を有意義なものにするため、私がとった方針は1つだけでした。

[自分に厳しくする]

これは、前年に同じ梅田校から東京大学の文一に現役合格した幼なじみの友人からもらった言葉です。それまでの自分に足りなかったのは自分に厳しくする勇気と努力だと気づき、梅田校の生徒の中で一番頑張ろうと決めました。

こうして四谷学院で1年間を過ごしていく中、学力は着実に伸びているという実感がありました。現役時代にはE判定だった大学は6月にはB判定に変わり、夏休みが終わり9月に入るとA判定に変わり、センター試験本番も総合得点率91%を達成できました。

この1年で得たものは志望校合格だけではありません。嫌いな勉強と向き合う勇気や目標達成のための努力・執念・集中力など、これからの人生で必要不可欠なものばかりです。この経験を活かして、自立する自覚と責任感をもった立派な医師になるためにこれからも努力し続けます。

最後になりましたが、担任の先生をはじめ、面接担当の先生、その他四谷学院のスタッフの方々、支えてくれた友人、家族に感謝します。本当にありがとうございました。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ