MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  筑波大学医学群医学類を目指す方へ

筑波大学医学群医学類を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真筑波大学医学群医学類に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。筑波大学医学群医学類に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声筑波大学医学群医学類に合格した先輩の声

相澤さん
筑波大学医学群医学類合格 相澤さん
現役時代の全落ち、E判定から逆転合格!想像よりもずっと楽しく浪人できたのは、プロの先生方がいつも見守ってくださっていたおかげです!!

すぐ嫌になるかと思った浪人生活。実際は楽しすぎました!

合格おめでとうございます!

ありがとうございます!!現役のときは全落ちしてしまったので、今回合格することができてすごく嬉しかったです。

去年は全落ちだったのですか?

そうなんです。今回の浪人生活も2ヵ月もたないだろうと思っていたのですが、想像よりもずっと楽しく過ごせたのは先生方のおかげです。もう本当に感謝です!

「置いていかれる心配」がない安心・役立つクラス授業。

さぞかし、先生方も喜んだでしょうね。相澤さんの考える、四谷学院のクラス授業の良さは何ですか?

一番の魅力は、アットホームさですね。先生が名前を覚えてくれるので質問しやすいし、志望校合格のために何をしたら良いかなどの相談もしやすいです。授業中も「生徒がどれくらい理解しているか」を確認しながら進めてくれるので、置いていかれる心配がありません。

それは安心ですね!他に良かった点はありますか?

予備校テキストの他にも、超役立つ独自のプリントを用意してくださったり、お勧めの勉強法を教えてくださる先生などもいらして、とてもありがたかったです。ほぼ月1であるクラスアップのテストも、モチベーションの維持に役立ちました。

特殊な医学部対策はやってません。55段階の演習以外は。

ずいぶん授業を楽しんでいただけたようですね。55段階はどうでしたか?

自分の解答をプロの先生に添削してもらえるのが良かったです。特に数学では、1つの問題に対して複数の答えがあることが多いので、他の人に解答を見てもらうことが大切です。

第三者目線でチェックしてもらうって、とっても重要ですよね。

あと演習するとき、これまではわからない問題があるとすぐに答えを見てしまっていたのですが、55段階だとテスト形式なのでそれができません。最初の手のつけ方がわからないようなときは先生がヒントを出してくれるので、「とりあえず手を動かして部分点をもらう」取っ掛かりをつかめるようになりました。

55段階もよく活用してくださったようですね。

はい。医学部受験として特殊なことは特にしていないのですが、55段階の国公立医系コースの演習を通じて、かなり力がついたように思います。

ハッピーエンドは自分でつかみ取れ!

今後の展望はありますか?

まずはこの1年間、恋焦がれた医学生生活をエンジョイさせていただきます!!!そして将来は臨床に進みたいので、確実な知識と技術を身につけて、最適な医療を提供できる医師になりたいです。

素晴らしいです!楽しみですね。最後に、後輩へのメッセージをどうぞ。

四谷学院は面倒見が良いと言われていて、確かにそうです。けれど、せっかくの教材や勉強の機会を活かせるかは自分次第。ぜひ、自分の力でハッピーエンドを作り出してください!

橋本さん
筑波大学医学群医学類合格 橋本さん
55段階は基礎からやり直せるだけじゃない。先生がどんな質問にも丁寧に答えてくれるから、苦手だった数学を克服し、念願の医学部に合格できました!

問題を解いて解説を読むだけ。そういう勉強に限界を感じた。

まず、四谷学院に入学する前の学習状況を教えてください。

1年生の頃は、苦手な数学でも、難しい問題をたくさん解いてそれに慣れることでそのうちできるようになるだろうと甘く考えていました。自力で解けない問題があっても、とりあえず解説を読んでわかったつもりになっていたんです。

そういうやり方ではうまくいかないですよね?

そうですね。自分でもそういう勉強に限界を感じて、55段階でもう一度基礎からやり直そうと思って四谷学院に入学したのが2年生のときでした。

実際に55段階をやってみてどうでしたか?

やはり基礎が穴だらけでした。学校で習ったこともすっかり抜けてしまっていて、それまでの自分の勉強のいい加減さに気づかされました。

指導時間外でも質問できるので、疑問点をすぐに解消できた。

先生からの指導はどうでしたか?

55段階の先生は初歩的な質問にも快く丁寧に答えてくださったので、本当にありがたかったです。それに、指導時間外でも、例えば自習室でわからないことがあればすぐ先生に質問できる環境が整っていたので、疑問点はその日のうちにしっかり解決することができました。

少人数で先生に当てられるから、予習をしっかりやるようになった。

次の日に疑問点を持ち越さないことが一番大事ですからね!一方、クラス授業の方はどうでしたか?

以前通っていた予備校では、先生に当てられることがなかったので、予習が適当になってしまい、授業がわからなくなるという負のスパイラルに陥っていました。でも、四谷学院のクラス授業は少人数で先生にバンバン当てられるので、「当てられて答えられなかったら嫌だ!」という気持ちから、きちんと予習をするようになりました。こうして真面目に予習をすることが自然と習慣になったことで、「授業がわかる」→「復習でより理解が深まる」という良い循環が生まれました。

四谷学院の模擬面接のおかげで本番はリラックスして臨めた。

続いて、医学部の面接対策の感想も聞かせてください。

四谷学院の模擬面接では、1人で練習しているだけでは気づけなかった自分の癖などを指摘してもらえたのが良かったです。最初の模擬面接では緊張しすぎて支離滅裂なことを言ってしまいましたが、最終的には、自分の意見を短くわかりやすい言葉で伝えることができるようになり、おかげで本番はとてもリラックスした気持ちで臨むことができました。

では最後に、合格がわかったときの心境はどうでしたか?

倍率が高い入試だったので、合格を知ったときは嘘かと思いました(笑)。本当に奇跡のような合格だったのですが、これは家族や友人、そして四谷学院の先生方やスタッフのみなさんのおかげです。本当にありがとうございました!

笠松さん
筑波大学医学群医学類合格 笠松さん
クラス授業で理解を深め、55段階で実戦演習を積む。四谷学院は誰でも伸びる予備校です!

四谷学院のクラス授業で理解を深め、55段階で演習問題をするという形式が私に合っていた。授業は問題の解説だけでなく、根本的な考え方を身につけ、類題をこなすことでしっかり力をつけることができた。しかも、教材のクオリティが高いのはもちろん、先生が追加の問題やプリントを下さるので、まさに至れり尽くせりだった。

一方、55段階ではテスト演習を通して先生に自分の答案を細かく解説してもらえたのが良かった。それに、55段階は直前期にいつでも自由に過去問などの質問に行くことができる。これは他予備校では絶対にできないことだと思う。

また、受付では素敵なお姉さん方がいつも声をかけて励ましてくれるので、気持ちが折れそうなときも救っていただいた。しかも、トイレや設備が綺麗なので気持ちよく過ごすことができたし、教室や自習室の椅子がフカフカのクッションチェアなので、長時間の勉強でも集中することができた。

とにかく、四谷学院は本人にやる気さえあれば誰でも伸びるシステムと環境が整っている予備校だと思う。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ