MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  和歌山県立医科大学医学部医学科を目指す方へ

和歌山県立医科大学医学部医学科を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真和歌山県立医科大学医学部医学科に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。和歌山県立医科大学医学部医学科に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声和歌山県立医科大学医学部医学科に合格した先輩の声

村上
和歌山県立医科大学医学部医学科合格 村上
大手予備校で過ごした4年間と、四谷学院での浪人生活は全く別モノでした。最高の学習環境とサポートに感謝感激です!

四谷学院の良さは、何と言っても学習環境です。僕は大手予備校に4年間通い、1クラス180人もいるような大きな教室で先生の講義を聞き、それでも必死にメモをとり授業を積極的に受けているつもりでしたが、四谷学院の少人数授業と比べると、授業の密度や先生との距離、集中力、緊張感など、全く別モノでした。

四谷学院の先生はみなさんとても優秀で素晴らしい授業をしてくださる上に、質問のときはとても優しくて、先生自身も生徒とのやり取りを楽しんでおられるような、気さくな先生方ばかりでした。授業内容も楽しくて、どんどんできるようになることが増えていくのを実感できたし、やる気もモチベーションも上がり、つらく単調になりがちな浪人生活を一気に駆け抜けることができました。

そして、担任の先生にもとてもお世話になりました。模試の結果が良くないときなどは、定期面談でいつも励ましてもらい、多浪で不安があり、浮き沈みの激しい僕を、コンスタントに勉強できるよういつも支えてくれました。本当に感謝しています。そして受付の方もいつも明るく接してくれ、僕に元気をくれました。警備員の方も含め、四谷学院のスタッフのみなさん全員にお世話になりました。とにかく、感謝と感激の気持ちでいっぱいです!

大石
和歌山県立医科大学医学部医学科合格 大石
四谷学院のダブル教育システムを知り、ここなら志望校合格に最も近づけると直感。55段階とクラス授業をきっちり受け、内容を全て吸収すれば、成績アップ間違い無し!

入学前は英語が苦手で特に長文の読み方がよく分かっておらず、得意教科である数学・理科も二次試験の問題になるとあまり解けない状態だった。四谷学院を選んだのは、科目別能力別クラス授業に加えて、テスト形式で勉強できて講師の指導も受けられる55段階というシステムに強く惹かれたから。ここなら志望校合格に最も近づけると考えたからだ。

55段階を進めることで自分の分からなかった所がどこなのかがすぐに分かるようになり、成績が向上した。55段階のテキストは各分野の内容が大変分かりやすくまとめられていて、その知識を定着させるための問題も載っていて、凄く良い教材だった。クラス授業では分かりやすく説明してもらえて、授業内容を吸収しやすかった。また、担任との面談を通して学習の仕方などの指導を受けたりもした。自習室は一所懸命勉強する他の受験生がいて、自分のやる気を奮い立たせることができる場所だった。

四谷学院のおかげで志望校判定がBまでアップし、無事に合格することができた。そのことを心から喜びたい。後輩たちへ。受験勉強において肝心なのは予習・復習!!四谷学院の55段階とクラス授業をきっちり受け、内容を全て吸収すれば、成績アップ間違い無し!最後まで絶対にあきらめるな!!

西田
和歌山県立医科大学医学部医学科合格 西田
医学部に合格できたのは四谷学院のおかげ。55段階で苦手なところを埋めていった結果総合偏差値は55から64にアップ!5教科の総合点も150点伸びました!

現役で医学部に合格することができたのは、四谷学院のおかげだと思います。55段階がなければ、きっと合格できていませんでした。四谷学院の55段階では、自分の抜けているところを次々と埋めていくことができました。テキストはよくまとめられていて、とてもわかりやすかったと思います。四谷学院で基礎からしっかり固めていった結果、どんどん苦手がなくなっていきました。入学したばかりの頃は偏差値55程度だったんですが、55段階のおかげで64までアップ! 5教科の総合点も、入学前は600点ぐらいだったのが750点まで伸びました。基本からしっかりやり直せたからこそ点数が伸び、応用問題にも対応できるようになったんだと思います。また、55段階を進めていると級が上がっていくので、ゲーム感覚で続けることができました。ある一定の級まで進めると四谷学院のオリジナルグッズがもらえて、それも嬉しかったです。

自習室の環境は、他の予備校よりも良いと思います。イスがふかふかで座り心地が良く、長時間勉強していてもお尻が痛くなることがありませんでした。いつでも空いている席があるので、勉強する場所に困ったことがありません。学校帰りに通って、毎日9時まで勉強しました。わからないことがあれば先生に質問でき、他校の生徒もいるので刺激的で、勉強だけに集中することができたと思います。また、他の予備校と比べてアットホームで、顔や名前をすぐに覚えてもらえたので良かったと思います。担任の先生がいるので勉強についての悩みを相談でき、すぐに解決できるので一生懸命勉強に励むことができました。みなさんも四谷学院で第一志望に合格してください。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ