MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  慶應義塾大学

慶應義塾大学に本気で合格したいあなたへ慶應義塾大学に本気で合格したいあなたへ

私立最難関・慶應義塾大学の入試をいかに攻略するか

一口に「慶應の入試問題」といっても、科目によって、また学部によって難易度や出題傾向には大きなばらつきがあり、一律に論じることはなかなか難しい。しかし、総じて言えることとして、「学生に対して高い情報処理能力を期待している」点を指摘することができるでしょう。時間に比して問題文が長く、素早く文意を読み取って素早く判断する能力が、どの科目においても要求されます。

実例として、2018年度の理工学部数学の出題を、同じく2018年度の早稲田理工の出題と比較してみてみましょう。大問数は5、時間は120分で、これは早稲田理工と同じです。出題の内容は

大問1 複素数と方程式
大問2 確率
大問3 定積分・数列と極限
大問4 ベクトル
大問5 極方程式・曲線の長さ・面積

で、数Ⅲ範囲から2問、他は図形・複素数と方程式・確率とバランスの取れたセットで、これも早稲田理工とほぼ同様(早稲田は数Ⅲから2問、他は図形・整数に関する論証・確率)です。最も大きな違いは、穴埋め形式が中心であること。すべて記述形式であった早稲田理工とはきわめて対照的です。ただし、穴埋め形式とはいえ、各設問に対して最終的な解答のみを主に答えさせている点は、解法を誘導する傾向の強いセンター試験などとも大きく異なります。また、大問1と大問3に記述として証明問題がある点も大きな特徴で、数学の力として論証力を重視することも忘れていません。

実際の問題を見てみましょう。大問1は、実質的には独立した3つの小問からなっています。

(1) 複素数 x x4 - 2 x3 + 3 x2 - 2 x + 1 = 0 を満たすとする。 y = x + 1 x とおくと y の満たす2次方程式は(ア) = 0 である。
したがって元の方程式の解を複素数の範囲ですべて求めると(イ)となる。

(2) 実数 x , y x3 + y3 + x y - 3 = 0 を満たすとする。 s = x + y , t = x y とおくと, t s を用いて t = (ウ)と表せる。
さらにこのときsのとりうる値の範囲は(エ)である。

(3)  3 で割った余りが 1 となる自然数 n に対し, ( x - 1 ) ( x3n - 1 ) ( x3 - 1 ) ( xn - 1 ) で割り切れることを証明しなさい。

この問題以降に重量級の問題が控えていることもあり、この大問1については「問題を見た瞬間に手が動き始める」というレベルでないと合格ラインの到達はおぼつかないでしょう。
とはいえ、(1) の相反方程式(係数が 1, -2, 3, -2, 1 のように対称になっている)は定石化された解法があるものの最近は出題例にとぼしく、(2) の「基本対称式→解と係数の関係」もしっかりと基本が定着していないとスムーズに解けないでしょう。(3) の証明問題では因数定理の利用と 1の虚数 3乗根 ω の利用に思い至るかどうか。
総じて、ヌケ・モレのない万全な基本事項の理解と確かな計算力が要求されると言えます。

慶應の入試で時折、類例の少ない問題が出題されることがあるのは確かです。そのことが慶應入試に対する敷居を高く感じさせ、また「慶應に特殊な対策」を必要と感じさせてしまうところがあるかもしれません。しかし、受験勉強のスタートからゴールまでを仮に100とするならば、「慶應入試への独自対策」が必要な部分は最後の5~10程度でしょう。目標をしっかりと見定めつつも、基本からしっかりと実力を蓄えていく正攻法の学習こそが、慶應合格への王道です。

四谷学院の慶應義塾大学対策

四谷学院のカリキュラムは、勉強の効率を最も高める

  • 科目別能力別授業
  • 55段階個別指導

を採用しています。

科目ごとに学力別クラスがある「科目別能力別授業」

科目別能力別授業 授業風景

クラスのレベルが自分に合っていないと、勉強効率は上がりません。慶應に合格できるだけの学力を身につけるには、単にレベルの高いクラスで勉強すれば良いのではなく、自分の学力に合った授業を受けることが大切です。

四谷学院は、クラスを「科目ごとに学力別」で分けています。

誰にでも、得意・不得意はあるものです。四谷学院なら得意科目は高いレベルのクラスで、不得意科目は、より基礎的なクラスで、それぞれ自分の学力に合った授業を受けられますので、勉強の効率が高まります。さらに毎月レベルアップテストを実施し、上のクラスに途中から上がることができますから、常に自分にぴったりな授業を受けることが可能です。

また、四谷学院のクラスは、マイクを使った百人単位の大教室授業ではありません。一般の高校と同じような教室で、講師と生徒が相互にコミュニケーションを取れますので、講師は生徒の理解度を確認しながら授業を進めていくことができ、生徒はより理解度が高い授業を受けることができます。

55段階個別指導

55段階個別指導 授業風景

四谷学院は、55段階個別指導を行っていることが大きな特徴です。基礎レベルから難関大レベルまで、55段階の指導を受けることにより、学力を徐々にステップアップさせていくことができます。

55段階のカリキュラムは、慶應に合格するために必要な「基礎」を全て網羅しています。したがって、指導を繰り返し受けることで、穴のない幅広い基礎知識を身につけることが出来ます。

また、55段階個別指導では、どんな些細な疑問でも講師に遠慮なく質問することができます。それにより、単に知識を暗記するのではなく、より根本的な理解に到達することができます。

大量の演習を繰り返し、答案をプロ講師に添削してもらうことで、慶應入試に必要な、高難易度の問題をスピーディーに解答していく解答力も高まります。講師は生徒のがんばりを常に見守り励ましてくれますので、学習意欲やモチベーションを高く保つことができます。

四谷学院の早慶理系コースのご紹介

慶應・早稲田の理工学部の難度は、私大理工系の中では群を抜いています。全科目において極めてハイレベルな学力を要求され、いずれの科目で学力が欠けていても、合格を手にすることは不可能です。
しかし、一足飛びに難問にチャレンジしようとするのは禁物です。早慶の理系科目を攻略するには、膨大な数式の前に立ってもひるまず平然と計算をこなせるだけの“腕力”が必要不可欠。また、理工系上位者の中には英語に苦手意識をもつ人が少なくありませんが、長文読解力を最終的に身につけるには、豊富な語彙力と確かな文法理解をまず獲得しなければいけません。
まずは55段階個別指導の1stステップで基礎をしっかり固めながら、クラス授業の中で理解力を伸ばしていきましょう。その上で、ハイレベル講義で普遍性の高い解法原理を身につけ、55段階早慶対策で解答力を磨いていけば、早慶が繰り出すどのような難問にでも対応できる「骨太な学力」を身につけることができます。四谷学院の完成されたシステムだから、寄り道をすることなく一直線に最難関に向かって進むことができるのです。

55段階対策例
早慶理系英語演習
早慶理系数学演習
早慶物理演習
早慶化学演習
冬期・直前講習例
早慶英語
慶應英語
早稲田英語
早慶理系数学

四谷学院の早慶文系コースのご紹介

ご存知の通り、慶應・早稲田は私大の最高峰です。その難度は、文系の場合は英語のレベルの高さに端的に現れています。
ただし、「早慶の英語には単語帳に載っていない語彙が出ることがある」といった表面的な次元にとらわれて、単純な詰め込み型学習に陥ってしまってはいけません。もちろん、広い範囲にわたった知識は必要ですが、受験生に求められているものは、極言すれば、“総合的な読解力”、この一点に尽きます。単調な暗記や反復演習のみでは得られないこの“読解力”を問うているからこそ、早慶の難度は他から隔絶しているのです。英語長文を読むための基盤をしっかりと作ること。
55段階で頻出の単熟語と構文、そして基本の英文法をしっかりと押さえつつ、クラス授業で英語長文がどのような論理構造をもっているか、長文の主題をいかにしてすばやく見抜くか、その方法をしっかりと身につけましょう。その上で、早慶英語演習でこれまで学んだ個々の要素を統合します。土台となる学力を完成させた上にこうした対策演習を組み合わせることで、早慶に対応できる理解力と解答力を養成すること、これが四谷学院の早慶対策です。

55段階対策例
早慶文系英語演習
早稲田国語演習
早慶日本史演習
早慶世界史演習
早稲田政経演習
冬期・直前講習例
早慶英語
慶應英語
早稲田英語
早大現代文
早大古文
慶應小論特講
慶應・上智日本史
早稲田日本史

慶應義塾大学に合格した先輩の声

日高
慶應義塾大学文学部 日高
部活を最後までやりきり、第一志望に現役合格!
出身校からの現役慶應合格者は3年ぶり。偏差値50台前半から逆転した経験は、僕にとって宝物です。
四谷学院だったからこそ、僕は慶應に合格できました。


偏差値50台からたった1年で第一志望の慶應へ現役合格。

まずは慶應に現役合格、おめでとうございます!

ありがとうございます!部活を高3までやりきって慶應にも現役合格できたこの経験は、これからの人生の宝物になると思います。

日高くんは成績を大きく伸ばしての合格でしたからね。

はい、四谷学院に入学する前は部活を言い訳にして定期試験前しか勉強しておらず、偏差値は50台前半くらいでした。受験勉強を始めて改めて自分の馬鹿さ加減に気がついて、塾を探し始めました。

その中でなぜ四谷学院に?

友人に勧められたのがきっかけです。僕も少し自分で勉強してみて基礎力が足りていないのではと思っていたので、四谷学院の基礎から固められるカリキュラムにひかれました。

学力を伸ばすために重要なのは基礎から固めることだった。

実際に55段階を受けてどうでしたか?

正直最初は「めっちゃ簡単じゃん!!自分でもこんなんできるし… 」と思っていました。文法とか「大丈夫だろ」って。だけどやってみると意外と間違える問題があって、基礎が固まっていないことがわかりました。基礎学習の重要性を教えてくれたのは、55段階と言っても過言ではありません。

知識の穴はなかなか自分では気づけませんからね。

はい、それは記述対策もそうだと思います。特に慶應文学部の英語は記述が多いので、55段階の先生に和訳や論述のコツを教えてもらいました。11月くらいからは赤本を見てもらって慶應の入試傾向も教えてもらいましたね。

毎週、四谷学院の授業に出るのが楽しみでした。

では、クラス授業はどうでしたか?

クラス授業は少人数だったのが、僕にはすごく良かったです。生徒が多いと、先生も生徒一人ひとりに目が届かないと思いますし。先生との距離が近かった分、とても親身に指導してもらえました。

先生からどれだけ内容の濃い指導を受けられるかで成績の伸びは大きく変わりますからね。

はい!入塾前は3科目の総合点が298点しかとれていなかったのですが、11月には168点アップの466点にまで上がりました!特に英語は250点のうち227点をとることができ、大きく成績が伸びたと思います。

慶應の現役合格は出身校で3年ぶりの快挙。

なんと、出身校の現役慶應合格者は3年ぶりだそうですね!

そうなんです。合格発表の日は結果が発表される1時間前からパソコンの前に座り座禅を組んでいました。合格がわかったとき、喜びすぎて鼻血が出ました。高校の先生に「慶應合格者は3年ぶり(笑)」と言われ、本当に嬉しかったです。

最後に、受験を振り返っての感想を聞かせてください。

志望校を最後まで下げず第一志望に合格できたのは、先生方のおかげです。感謝してもしきれません。受験は決して1人だけの力では果たせるものではありません。僕は四谷学院だったからこそ慶應義塾大学に合格できたのだと思います。いや、そう断言します。

乙間
慶應義塾大学理工学部合格 乙間
四谷学院は先生・友達・スタッフに恵まれた素晴らしい環境。
模試の判定はD→Bへ、化学の偏差値は75.9へアップ!
1学期は恥ずかしいくらいできていなかった自分を四谷学院が慶應合格まで引っ張りあげてくれました。


四谷学院で徹底的に指導されたのは「基礎力定着」と「演習」だった。

振り返ってみて、四谷学院で過ごした1年間はどうでしたか?

四谷学院へは、浪人が決まったとき友達に誘われて、最初は近くて新しいからという理由で入塾しました。でもいざ入ってみると、スタッフや先生方がすごく親身になってくれて、切磋琢磨できる友達と共に、とても充実した1年間を過ごせました。

それは、四谷学院に誘ってくれた友達に感謝ですね(笑)!

そうですね(笑)。四谷のスタッフの方々はすごく温かくて、僕の名前を覚えてくれたし、誕生日には「おめでとう!」と声をかけてくれました。他にも勉強や進路の相談にのってくれて、距離が近いところが良かったです。

勉強面も充実していたのではないですか?

僕は四谷学院で「基礎力定着」と「演習」を徹底的に指導してもらいました。基礎力を身につけて繰り返し演習したことで、まず問題を解くスピードが上がりました。それから初めて見る問題も、基礎に基づいて考えることで解答できるようになって、現役の頃は勉強を何もわかっていなかったと思いました。

模試の判定がDからBへ上がり、40台だった化学の偏差値は75.9へ!

基礎学習を徹底したことで、模試の成績も上がったのではないですか?

はい、志望校の判定がDからBに上がって、総合偏差値も68.0を出すことができました!特に入学前40台だった化学の偏差値は、75.9にまで上がり、基礎の大切さを本当に実感しましたね。

55段階は1対1の指導だから自分の弱点を徹底的に克服できた。

クラス授業はどうでしたか?

クラス授業は、いつも明るい雰囲気だったので、気持ちよく勉強できました。生徒同士仲が良くて、先生との距離も近かったので楽しかったです。

では、55段階はどうでしたか?

55段階は、中学の内容からやるので正直最初はなめてかかってました。でもやってみたら、自分の弱点がたくさん見つかり、現役の頃の自分の勉強は穴だらけだったことに気づかされました。あと先生が1対1で教えてくれるので、自分の弱点を徹底的に克服することができました。

四谷学院の仲間は、かけがえのない存在であり、勉強の原動力。

受験生活での思い出などはありますか?

一緒に受験を乗り越えた友達ですかね。正直浪人はつらかったですが、四谷学院には一緒に成長できる友達がいたので、自分の意識を高く保てました。四谷学院の仲間は、僕にとってかけがえのない存在であり、原動力でもありました。

良いですね!では、最後に先生や後輩に向けて、メッセージをお願いします。

優しく、そして厳しく指導してくださった先生方、振り返れば1学期には恥ずかしいぐらいできなかった自分を、慶應合格まで引っ張り上げてくれてありがとうございました!これから四谷学院に入るみなさん、四谷学院は先生にもスタッフにも友達にも恵まれた素晴らしい環境です。四谷学院の基礎に忠実である方針を最後まで貫いて、合格を勝ち取ってください!

合格体験記をもっと見る
  • 四谷学院の『ダブル教育』とは?四谷学院の『ダブル教育』とは?
  • 無料 資料請求はこちら無料 資料請求はこちら
  • 無料個別相談会はこちら無料個別相談会はこちら

△このページのトップへ