MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  神戸大学を目指す方へ

神戸大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真神戸大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。神戸大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声神戸大学に合格した先輩の声

真辺くん
神戸大学法学部合格 真辺くん
夏までに知識の穴を埋めたことで総合点が約150点アップ、
苦手だった数学は86点→167点、志望校判定はE→Aに!
2学期は実践演習と添削指導で解答力がアップし、見事合格!
受験番号があったときは嬉しさで震えが止まりませんでした。

現役時代は志望校に全く及ばず。当然のように浪人が決定…。

現役生の頃の受験はどうでしたか?

現役時代はセンター試験が632点。志望校に全く及ばず、浪人するのが当然という結果でした。

大きく成績を伸ばさなければいけない状況だったのですね。予備校はどのように決めたのですか?

さまざまな予備校を回ってみましたが、大人数の団体授業には魅力が感じられませんでした。それに僕はできる科目とできない科目に大きな開きがあったので、一概に同じレベルの授業を受けるのにも不安がありました。そういうことを感じていたなかで、四谷学院の科目別能力別授業や55段階個別指導のことを知り、入学を決めました。

夏まで知識の穴を埋め続けると9月の模試で150点近くアップ!

実際に授業を受けてみていかがでしたか?

55段階は初歩の初歩から始めることができたので、不安なく勉強できました。できるようになったところにはスタンプを捺してもらうのですが、そのスタンプがたまると「もうここまで進んだのか」というのが確認できて、勉強のモチベーションアップにもつながりました。それからクラス授業では、質が高く問題量も十分なテキストでテンポ良く勉強することができました。

成績に変化はありましたか?

はい、夏まで55段階とクラス授業で知識の穴を発見してつぶすという勉強を続けた結果、9月に受けたマーク模試では過去最高の777点を記録しました!

約半年で150点近く伸びたとは!

特に苦手だった数学は去年のセンター試験では86点だったのが167点と大幅に伸びました。今までずっとEだった志望校判定もAに変わりました。

素晴らしい伸びですね。基礎からしっかり穴を埋めたのが効いたのですね!

2学期は実践演習と丁寧な添削指導で解答力をアップ!

2学期はどのように勉強しましたか?

2学期からは、クラス授業でセンター試験や二次試験の演習が始まりました。55段階では記述問題を丁寧に添削してもらったおかげで、自分の解答の弱点や解答する際のポイントが明確になって、より良い解答を作ることができるようになりました。

自分の受験番号があったときは嬉しさで震えが止まらなかった。

そして見事志望校に合格、おめでとうございます!

ありがとうございます!合格発表で自分の受験番号を見つけたときは、嬉しさでしばらく震えが止まりませんでした。1年間の努力が報われて良かったです。先生方には本当に感謝しています。

将来の夢はありますか?

将来は企業の法務部門で企業に貢献したいと思っています。そのために、大学では法学の基礎をしっかり学びたいと思います。大学合格と同時に新しい目標ができたので、また達成できるように頑張ります!

宮崎くん
神戸大学国際文化学部合格 宮崎くん
偏差値40台、とても神大には足りないレベルからのスタート。
自分のペースで進められる55段階のしっかりとした基礎固めで、総合90点以上アップ!
勉強がどんどん好きになっていきました!

「なんとなく関関同立」から、神戸大学志望に変更!

入学時のことを教えてください。

僕が四谷に入学したのは、高3になる前の春休みでした。入学前は受験のこともよく知らなくて、なんとなく関関同立をめざそうと思っていたんです。

なぜ神大志望に変わったのですか?

四谷学院にきて相談会を受けて、ここで勉強をしたらもっと難しいところにいけるような気がしたんです。だから神戸大学をめざすことにしました。

偏差値40台。とても神大には足りないレベルだった。

入学後はどうでしたか?

最初は本当に世界史も数学も公民も模試での偏差値は40台で、とても神大には足りないレベルでした。それなのに1学期は部活もあり、学校から塾まで50分くらいかかるので、通塾するだけで精一杯でした。でも、塾に一歩入るとスタッフの方がいつも名前を呼んで声をかけてくれて、それがすごく励みになりました。

充実した授業で、勉強がどんどん好きになった。

授業はどうでしたか?

55段階は最初、なかなか進みませんでした。でも、わかるまで先生に質問ができるうえに自分のペースでやれるので、しっかりとした基礎固めをすることができました。これが自分にとって良かったと思います。クラス授業のほうも、先生方の講義がとてもわかりやすく楽しくて、勉強がどんどん好きになっていきました。夏休みも、毎日四谷学院に通っていましたね。

成績の伸びはどうでしたか?

実は、模試ではずっとE判定だったんです。でも、ギリギリまで粘って1点でも多くとろうと、最後まで諦めませんでした。苦手な数学と社会は、11月から個別指導も受け、先生にしっかりとサポートしてもらい、心強かったです。

どのようなサポートでしたか?

二人三脚のように寄り添って親身に教えてもらえました。それがとても力になったと思います。世界史の点数は、27点から87点に伸びました。ゼロからの僕を、神大に行けるまで引き上げくださったことに感謝しています。

「やればできるんだ!」ということを学んだ。

合格を知ったときの気持ちは?

自分の番号を掲示板で見た瞬間は、信じられなくて、何度も見返しました。やがてじわじわと喜びがこみ上げ、「四谷学院で頑張ってきて良かった!」と思いました。四谷では、勉強だけではなく、「目標を高く持って、やればできるんだ!」ということを学べたと思います。

最後に、受験を振り返ってみての感想をお願いします。

すごく苦しいときは、先生方に支えてもらえました。本当にありがとうございました!将来は国際的に活躍する人になりたいです。そのためにまずは留学先を決め、それに向けて勉強をしたいです。後輩の方々、最後まで諦めずに頑張ってください!Believe yourself !

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ