MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  名古屋大学を目指す方へ

名古屋大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真名古屋大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。名古屋大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声名古屋大学に合格した先輩の声

矢倉
名古屋大学経済学部合格 矢倉
自分に合わない問題集で成績が伸びないのは当然。
大切なのは「身の丈に合った問題」で基礎固めをすること。
センターも二次試験もカバーする55段階で苦手な数学が偏差値55→68の得意科目になりました!


難解な問題集で成績伸びず。もう何がなんやら状態でした(笑)。

入学前の状況を教えてください。

私立の学校だったため、以前の塾では1つ上の学年に入れられてしまいました。周りに追いつこうと自分に合わない問題集ばかりに手を出した結果、成績は一切伸びず。もう本当に、何がなんやらという状態でした(笑)。

それはつらかったですね。四谷学院を選んだ理由は何ですか?

先生と良い距離を保ちながら教えてもらえる55段階に、魅力を感じたからです。他予備校のような集団授業だと周りが気になってしまうし、自分に対して説明してくれる感じがしなくて眠くなっちゃう。その点、55段階はすごくやりやすかったです。

名大を狙うなら「基本」が大切!数学の偏差値が55→68に。

矢倉さんは55段階で数学がとても伸びたとか。

はい。偏差値55→68と、10以上上がりました。55の先生と相談しながら、「身の丈に合った問題」に取り組んでいったことが成績アップにつながりました。

基礎固め重視でも、名大の試験に太刀打ちできますか?

できます!むしろ、基礎を大切にするべきです。名大の問題は実はそれほど難しくなくて、問題の中の「本当に大事なポイント」を見逃さないようにすることが大切です。例えば最小値を問われているのか最大値を問われているのか、大事に問題文を見ていって、作成者の意図をつかむといったことですね。だから、難しい問題に触れるよりもずっと大切です。

なるほど。それは確かに「基本」を押さえるべきですね。

そうなんです。そして、そのポイントを見抜くためには問題数をこなす必要があります。数を重ねていくと「あ、ここ重要ポイントだ!」というのが直感でわかるようになるし、万が一気づけなかったとしても、小まめに問題文を追っていけば、やはり問題は解けるんですよね。

センターから二次試験まで、全ての対策ができる55段階。

記述力については、どうやって鍛えましたか?

記述も55の先生が細かく採点してくれて、入試で書くべきところ・要らないところをしっかり教えてくれました。例えば、確率の説明などで何度も同じことを書いていたら「ここはまとめた方がいいよ」とか「この条件は書いた方がいいよ」とか。それによって、記述が本当に上手になりました。記述は内容をきちんと理解していないと書けませんから、記述の練習は直接的にセンターの点数アップにもつながって、55段階は良いこと尽くめでした。

合格を知ったときのお気持ちは?

ずっと行きたかった大学なので、もう本当に嬉しいとしか言いようがありません。一番苦手だった数学が得意になって入試でも活躍してくれたので、真面目に取り組んできた甲斐がありました。私のモチベーションを保ちつつ、受験において大切なことを教えてくださった先生方には、本当に感謝しています!

角谷
名古屋大学理学部合格 角谷
「俺ってこんなに頭良かったっけ!?」
正しい勉強法を学んで、E→A判定の逆転合格。
55段階はあらゆる受験生にお勧めの最強学習システムです!


基礎も固めず難問に挑戦。E判定のオンパレードでした。

現役時代の状況を教えてください。

自分で言うのもなんですが、めっちゃ馬鹿だったんですよ(笑)。映像の塾には通っていましたが、名大志望というだけで難関クラスの内容を視聴。基礎も固めず、復習もしないまま難問を解き続けていたので、入試問題なんて当然できず…。模試はE判定のオンパレードでした。

55段階は最強の学習システム!6月にはもうA判定になりました。

せっかく勉強していたのに、それはつらかったですね。四谷学院の学習法はどうでしたか?

55段階は毎回の範囲が決まっているため「何をやるべきか」が明確で、予備校で与えられたものが身になっている実感を毎日得られました。復習もしやすく、どんどん力がつくのを感じました。とことん基礎固めを行ない、演習を続けた結果、知識や記述力が飛躍的に伸び、6月にはすでにA判定が。秋には「俺ってこんなに頭良かったっけ?」と思える程になりました。55段階には本当に感謝しています。どんな受験生にもお勧めの最強システムです!

習ったことが試験でどんぴしゃ!思考力も鍛えられる授業でした。

「最強」の称号をいただけて嬉しいです!クラス授業はどうでしたか?

現在の自分のレベルに合わせたわかりやすい授業を受けられ、1ヵ月ごとにレベルアップの機会があることが魅力でした。別の予備校に行った友達は、ハイレベルクラスに入ったらしいのですが「基礎は自分でやって」と言われて泣きそうになっていました。でも、四谷学院ではそんなことが全くありませんでした。

生徒のみなさんに理解してもらうことが授業の本当の目的ですからね。

先生方の解説は単に知識を詰め込むものでなく、「どうしてそうなるのか」というつながりを重視したものでした。毎回「ここを聞かれたらどう書く?」という問いかけをしてくれて、おかげで記述問題でも完答できる自信がつきました。しかも名大の二次試験で、授業中に先生が言ってたことがどんぴしゃで出たんです。「キター!!」と思いました(笑)。知識の詰め込みは1人でできるかもしれませんが、その知識を実際に問題でどう活かすかは1人じゃできない。授業を通じて、そんなことを学びました。

正しい勉強方法を知ったから、今度は自分が伝えたい!

それは素晴らしい気づきを得られましたね。何か将来の展望はありますか?

僕は将来、予備校の先生になりたいと考えています。自分は本当に勉強のできない子の気持ちがわかるので、受験生のために人生を捧げたいです。何が大事かわからないまま、無意味なことにも均等に時間をかけている。そんな子たちを救えるように頑張ります!

ぜひ頑張ってくださいね!最後に後輩へのメッセージをどうぞ。

僕は四谷学院で「正しい勉強の仕方」を身につけました。みなさんもぜひ、四谷学院を信じて日々精進してください。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ