MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  大阪大学を目指す方へ

大阪大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真大阪大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。大阪大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声大阪大学に合格した先輩の声

金﨑
大阪大学法学部合格 金﨑
「どんな難関大も基礎の組み合わせ」そう気づかせてくれた55段階は唯一無二のシステム!
予備校大嫌い、E判定だった僕でもA判定まで急上昇。
問題集より55段階をやった方が絶対にいいですよ!!


塾や予備校が大嫌い!そんな僕が四谷学院を選んだのは…

金﨑くんは予備校嫌いだったとか?

はい。僕は、塾や予備校で時間を縛られるのが昔から大嫌いでした。高校でもその傾向が続いて塾に通わなかった結果、浪人が決定。何が悪かったのか考えてみると、学校の勉強では足りない「+αの対策」までまわっておらず、何をすべきかもはっきりわかっていない状態でした。基礎固めが微妙なまま、ただ漠然と問題集を解いたり、参考書を読んだりしているだけだったんです。

それは大事なポイントに気づきましたね。

そうですね。そして、それを解決してくれる予備校はどこだと探し、見つけたのが四谷学院でした。

どんな難関大も基礎の組み合わせ。55段階は秀逸なシステムです!!

四谷学院の何が良かったですか?

四谷学院が第一に優れているのは、やはり55段階です。苦手を一つひとつしらみ潰しにしていき、しかもその解説をすぐその場で受けられるという、他予備校の追随を許さない素晴らしいシステムだと思います。

55段階を絶賛してくださって嬉しいです!どうして「苦手潰し」が重要なのでしょう?

目指している大学がどこであれ、入試問題には「受験生が絶対に解けないような問題」はほぼ出ませんので、どの問題も極論を言えば「基礎の組み合わせ」なんです。そのことを忘れて、基礎固めも不十分なまま「難関大を受けるから難しい問題集をやる」という人もいますが、そんな問題集をやるより、55段階で基礎をゆるぎないものにした方が絶対に良いですよ!

金﨑くんはフォローアップテストも使ってくれていたんですよね。

はい。間違えたところだけをもう一度解き直せるバックアップ体制によって、効率的に復習ができたのも良かったです。

実力アップが形になる授業は上をめざすのに最適なクラス分け!

クラス授業については、いかがでしたか?

個人的に良かったのは、自分の実力に合ったクラス分けです。他の予備校だと例えば「東大クラス」「京大クラス」といったクラス分けで、途中変更が困難なことも多々ありますが、四谷学院だと上を狙う人はどんどん上に行けるし、学力向上の目標になるんですよね。春の時点で今年の志望校が明確でなかった僕にとっては、安心できるものでした。

合格の結果を知ったときは、どうでしたか?

去年はE判定で前期も後期も阪大に落ちていたので、今回の合格は本当に嬉しく、思わず泣いてしまいました。第一志望に見事合格することができ、今まで支えてくださったみなさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に将来への展望をどうぞ!

将来の夢はまだぼんやりしたイメージなのですが、この1年で味わった苦労を忘れずに、臥薪嘗胆、日々精進していきたいと思います!

西田
大阪大学工学部合格 西田
勉強嫌いでサボりまくり、鬼のように成績の悪かった僕が55段階にはハマった!!
絶妙なレベル設定+期待をはるかに凌駕する先生の指導で総合偏差値は50台→65まで上がりました。


姉も大絶賛の四谷学院。講師陣の質が高すぎて驚愕!

現役のときはどんな状態でしたか?

勉強嫌いでサボりまくり、今年の滑り止めにすら受からないレベルでした。当然ながら志望校の偏差値ばかりが高く、成績は鬼のように低い。そんな僕を救ってくれたのが四谷学院でした。

西田くんの今の姿からは想像もつきませんね!入塾の決め手は何ですか?

以前に姉もお世話になっていて、絶賛していたんです。僕も四谷学院には、良い意味ですごく期待を裏切られました。

どんなところが期待以上でしたか?

まず、先生です。講師陣のレベルの高さを売りにする大手予備校には劣るだろうと思っていましたが、先生方の質の高いこと高いこと!問題を見てからの方針の立て方、考え方から答えに至るまでのプロセスの美しさは素晴らしかったです。基礎を用いた展開の仕方は、現役時の僕に一番足りないものでした。

55段階は僕の期待をエベレスト並みに超えました。

先生方はそんなにレベルが高かったですか。

高かったですね。あと、四谷学院の素晴らしいところは55段階に違いありません。55段階は僕の期待を富士山、いやエベレストばりに超えました。

それはすごい(笑)!具体的に教えてください。

最初の方はすごく簡単なのでドンドン進みますが、これがもう快感!完全に四谷学院の思惑にはまり、自ら勉強するよう変貌しました(笑)。おかげで総合偏差値は50台から65までアップ。中盤になると、基礎を使った少し難しめの問題です。去年までは手が出せなかった問題を、しっかり解ききる自分に出会えます。終盤になると大学別で難しくなりますが、そこは四谷学院!基礎に忠実にやれば解ける問題と、限界を超えて柔軟に考えなければならない問題とのバランスが素晴らしい。ここはじっくり考え、今まで学んできたことを活かすべきです。

じっくり答案に取り組むことは重要ですか?

重要です!じっくり考えて己の限界に挑戦した人と、とりあえずやっただけの人との差は、入試当日に現れます。このように55段階は、しっかりレベルに合わせて問題を解いていけるので、本当にストレスなく楽しく学習できました。

努力が報われた幸福感でいっぱい。ぜひ、四谷学院をフル活用して!

西田くんが55段階をとても気に入ってくださり、嬉しいです!将来の夢などはありますか?

自分は機械工学に入ったので、いつか世の中の役に立つ機械を作ったり、子供の頃に憧れた宇宙開発のロケット開発などに携わっていきたいです。そのためにも大学では、積極的に自分の興味や強みを作っていきたいです。

ぜひ頑張ってくださいね!最後に、後輩へのメッセージをどうぞ。

四谷学院を活用することは、みなさんの学力を底上げしてくれます。周りに感謝の気持ちを持ちながら、めいっぱい利用して、どんどん学力を上げていってください!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ