MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  立教大学を目指す方へ

立教大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真立教大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。立教大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

先輩の声立教大学に合格した先輩の声

森村さん
立教大学文学部合格 森村さん
55段階は綺麗事でなく、受ける価値がある学習システム。正しい学習法で効率良く勉強できました。心の底から「浪人して良かった!」

四谷で良かったのは、55段階で基礎から学び直せたことです。先生は良い人ばかりで相談しやすかったし、質問もしやすくて、モチベーションをもらえる一番の支えでした。担任の先生もいつも親身になって悩み事を聞いてくれたり、相談したことを調べてくれたりしました。現役の時はひたすら勉強をしていればなんとかなるかなと軽い気持ちで臨んでいた部分があったのですが、今年はしっかり先生のアドバイスを聞いて正しい学習法で勉強することを意識しました。「効率の良い勉強なんて自分にはできない」と思っていましたが、先生としっかり話し合って自分に合う勉強法、志望校に合う勉強法を意識するだけで、明らかに去年とは違う効率の良い勉強ができたと思います。世界史は6月の模試で63点だったのが、センター本番では81点まで伸ばすことができました。

初めて55段階の評判を聞いたときは綺麗事なのかなと思いましたが、実際受けてみると本当に良くて、信じて四谷に来て良かったと思いました。当初浪人するのはすごく不安でしたが、合格して喜んでくれた両親や友達を見て、「浪人して良かった」と心の底から思いました。四谷に通わせてくれた全ての人に感謝しています。将来は外国語を活かした職業につきたく、ドイツに留学したいと考えています。早くから目標を決め、コツコツと努力し、本当の意味で「浪人して良かった」と言えるようにしたいです。

有井くん
立教大学社会学部、法学部合格 有井くん
他にはない55段階の質の高さと先生との距離の近さが合格の鍵。「目標に向かって頑張り、結果を出す」という貴重な経験ができました。

四谷学院に入学したのは中学3年生で、この時は完全個別指導でお世話になりました。以前から科目別能力別授業と55段階個別指導という他予備校にはない独特の指導法に惹かれていたこともあり、高校生になっても四谷学院で頑張ろうと決心しました。

成績が伸びた要因として真っ先に思い浮かぶのは55段階個別指導です。45級から10段まで細かく丁寧にポイントが分けられているので、1周やり終えた時には相当な実力がついていると実感できました。55段階にはオリジナルのテキストがあるのですが、その質の高さも素晴らしいと思います。実際入試本番でも「お?これ55テキストに載ってたぞ?!解ける!」という場面がありました。問題の解説だけでなく、理解できない箇所をすぐに質問できる点も助けられました。これはクラス授業にも当てはまることだと思います。先生との距離が非常に近く、先生からも気軽に話しかけて気にかけてくださるので、とても心強かったです。

僕は、勉強は四谷学院でして家はご飯を食べて寝るだけ、と決めていたので高3の1年間は毎日四谷学院の自習室で勉強をしていました。個別の机に分けられている座席指定制の自習室は勉強するには最高の場所だと思います。周囲もみんな本気で勉強しているので「勉強しないと!」という気持ちがより一層高まりました。

1つのことをこんなに頑張ったのは人生で初めてでした。E判定からの挑戦で辛かったときもありましたが、今となっては志望校に合格できて良い思い出です。将来の夢を大学で決めるために幅広く学べる社会学部を選びました。これからの大学4年間で人として社会に出ることを学び、新たにできる友達と今まで以上の思い出を作っていきたいと思います。

樋口くん
立教大学社会学部合格 樋口くん
総合偏差値が36から28.9もアップ。55段階個別指導で基礎を固めて高校中退の僕がE判定だった立教に合格!四谷学院には感謝しかありません。

僕は学校で全くと言っていいほど勉強をせず、不真面目な高校生活を送っていたため、高校2年生の冬に学校を退学になってしまいました。そこで四谷学院のスリーハーブズコースに1月から3月まで通い、4月から高卒生と混ざって高卒生コースで勉強を始めました。全く勉強をしてこなかった僕は、最初は勉強の方法がわからず、基礎もできていませんでした。しかし、四谷学院の55段階システムは基礎からやり直すことができたので、しっかりと基礎を固められ、勉強習慣もつけることができました。苦手だった古文と数学は55段階で特に大きく伸びた科目です。55段階では1対1で質問ができるため、わからなかったところをすぐに聞けたのがとても良かったです。受験前の12月、1月は過去問の質問も多くでき、それが役に立ったと思います。おかげで、国語と数学の偏差値を約30も伸ばすことができました。

また僕にとってすごく良かったのは、指定席自習室です。僕は集中力がなく、すぐに携帯をいじってしまい、勉強が捗らないということが多々ありました。指定席自習室のような勉強のための空間にいることで「勉強しないと!」と思い、勉強に集中することができました。僕は高校中退のため大学に行けなかった場合、中卒になるというとても追い込まれた状況でしたが、四谷学院で必死に勉強し、最低でもMARCHには行こうという目標を達成できました。最初に受けた模試では総合偏差値が36.7というとても低いものでした。そこから、四谷学院で勉強して11月のマーク模試では総合偏差値が65.6までアップし、実際に合格できたのはとても嬉しいです。ずっとE判定で、一番良くてもC判定しかでなかった立教大学に合格した時はホッとし、とても嬉しかったです。

スタッフの方々、講師の方々がとても親身になってくれ、本当にいい環境の予備校でした。四谷学院には感謝しかありません。

村上さん
立教大学観光学部合格 村上さん
クラス授業と55段階個別指導のダブル教育で、総合点が122点もアップ!E判定から志望校に合格できたのは、四谷学院のシステムと先生方のサポートがあったから。

私が志望校に合格できたのは四谷学院のシステムと先生方のサポートがあったからです。四谷学院には、クラス授業と55段階個別指導があります。授業だけでは、知識のインプットだけで終わってしまいますが、それを55段階でアウトプットすることで、自分ができないところを理解し、復習できたので、ダブル教育が良かったと思います。特に55段階では、1対1で納得するまで徹底的にプロの講師に教えていただけたので、わからない部分を1つずつ解決することができました。55段階の先生は授業時間外にもわからないところを聞きに行くと丁寧に教えてくれました。クラス授業の先生は、重要なポイントを分かりやすく教えてくれました。また、担任の先生や受付の先生はたくさん相談にのってくれました。私は大学受験について全く知識がなかったので、受験期は不安でしたが、四谷学院の先生方に志望校や勉強法について相談できたことで、気持ちを安定させることができました。

立教大学は英語に力を入れている大学なので、特に英語の勉強には力をいれていました。その結果、マーク模試では、英語は82点もアップ、総合点で122点も伸びました!

実際に合格を知ったときは驚きすぎて、実感がわきませんでした。模試の判定は直前までEやD判定で自信が無かったので、驚きと嬉しさとでいっぱいでした。両親と先生に合格を報告したら、とても喜んでくれ、本当に頑張って良かったなと思いました。

多くの頼れる先生方や一緒に勉強を頑張った友達に支えられながら、四谷学院で勉強できて、本当に良かったと思います。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ