MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  大学受験情報  >  首都大学東京を目指す方へ

首都大学東京を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真首都大学東京に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。首都大学東京に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

先輩の声首都大学東京に合格した先輩の声

山本くん
首都大学東京理学部合格 山本くん
現役時は現状も目標もわからなかったけれど55段階のおかげで現状が明確に。やりがいを感じながら取り組んだ結果、一人では勉強が進まなかった分野が得意分野に!

現役のときは部活を引退してから勉強への切り替えができなくて、時間だけが過ぎてしまいました。大学へ進学して学びたいこともなく、自分の学力がどれだけあるのかも分からず、半ば意図的に挑戦校だけを受験して浪人しようと考えていました。浪人が決まってから大手予備校の説明会には全て参加しました。その中で自分がやりたいと強く思えたのは55段階でした。自分の学力がどのくらいなのか知りたい、基礎から着実に学びたい。その思いからすぐに決断しました。実際に始めてみると、55段階は本当に基礎の基礎からのスタートで、今の自分がどの位置にいるのか、これからどこをどう改善すればいいのかが明確にわかりました。また級が進むにつれ達成感もあるし、単元ごとの復習、生徒一人ひとりの復習テストもあり、とてもやりがいのあるものばかりです。どの先生も親身に教えてくれるし、テキストは基礎から応用問題まで幅広くあるので、ほかの問題集に手をつけるぐらいなら何度も繰り返す方がいいと思いました。実際に自分ではなかなか覚えられなかった化学の有機・無機の範囲は、クラス授業や55段階の反復により、最後には得意分野となり武器になりました。受験を終えた今、浪人生活が終わったという達成感と、家族、友達、先生方への感謝の気持ちが残っています。大学には自分が見つけた学びたいことを学べるという期待があるので、しっかりと学び人としても成長していきたいと思います。1年間支えていただいた全てのスタッフのみなさん、担任の先生、本当にありがとうございました。これから受験するみなさんは、頑張ろうと思っているその気持ちを忘れずにがむしゃらに、気負わず、1年間走り切ってください。その1年はとても素敵なものになると思います。

木下くん
首都大学東京経済経営学部合格 木下くん
クラス授業で解き方を学び、55段階で演習を進める!ダブル教育で、記述もしっかり得点できる力が身に付きました!

部活で、週6でサッカーをしていましたが「大学に行きたい!」という明確な進学目標ができ、予備校を探しました。説明会で四谷学院の学習システムについて聞き、集団授業と個別授業、二つの形態があることが決め手となり、入塾しました。

合格できた要因は大きく二つあると思っています。まずは英語を伸ばしてくれたクラス授業です。文法のクラス授業では、授業で出てくる文法だけでなく、それに関連したものも教えてもらえました。テキストは入試に出やすいものが具体例と一緒に載っていて、情報量は大量ではないのに、いろいろと思い出せる作りでした。授業のテキストに出てくるものを覚えるだけで入試は十分戦えます。文法の基礎を固めることにより、模試で文法問題を間違えることがほとんど無くなり、長文もすらすら読めるようになりました。もう一つは数学を伸ばしてくれた55段階です。55段階は中学生レベルの基礎から始まりますが、級が進むごとに内容が難しくなります。しかし前の級を復習していれば次の級の内容も理解できるようになっており、確実にレベルを上げて進められました。55段階は、指導が1対1だったので、なかなか聞きづらい簡単な疑問や、なんとなく詰まったところでもすぐに質問できることが良かったです。さらに、記述の答案を見てもらえたことも良かったです。二次試験当日は数学の55段階で指導され続けた「途中式をきちんと書くこと」「問題に無い文字を使うときは定義する一文を書くこと」に注意して答案を書くことができました。入学後、得点開示をしたら、なんと英数両方とも8割以上の得点を取れていました。

二次試験はこうして得点を取ることができましたが、実はセンター本番は自信が油断になり、得意な科目で凡ミスをするなど、思うように力を発揮できませんでした。学校の先生には「この点数ならあきらめた方がいい」と言われました。でも、四谷学院の担任の先生に相談すると、「二次で点数が相当必要だけど受けたいなら頑張ろう!」と背中を押してもらいました。あの時、あきらめなくて本当に良かったです。

入江くん
首都大学東京システムデザイン学部合格 入江くん
文系の高校から理系志望へ。現役時センターで30点台だった物理はなんと100点満点!!努力すれば合格できると実感しました。

僕が通っていた高校は文系の学校で理系の授業が全くなかったのですが、そんな中、理系を志望することを決めました。もちろん初めは、誰も教えてくれる人がいないので自分で勉強し、3年生のときある予備校に入ったのですが、合格できずに浪人しました。その後の予備校選びにおいて、僕が一番重要視していたのは質問のしやすさと、基礎の基礎から教えてくれるところでした。なぜなら、学校では習っていないのに、以前通っていた予備校では学校で習っていることを前提で授業をするので理解できず、また、質問したいときにできる環境が現役時代にはなかったためです。

そこで、四谷学院の55段階・クラス授業のダブル教育は僕にはとてもピッタリだと思いました。55段階では高校レベルどころか、中学レベルから学ぶことができ、クラス授業は大手予備校とは比べものにならないほどのアットホームな授業。ここでの先生との距離の近さは僕が求めていたもので、受験勉強において必要なことがたくさんありました。おかげで特に物理は現役のときのセンターで30点台だったのですが、今年は100点をとることができました。

四谷学院での日々は、一日一日を大切にしていけば合格できるということを、しみじみ感じることのできた1年間だったと思います。毎日さぼらないでやれば受かることができるんだなと思いました。努力をして勝ち取った合格は、なんとも言い表せない感情を抱きました。四谷学院の先生方・スタッフの方、皆さんのおかげで合格することができました!本当にありがとうございました!

河野くん
首都大学東京システムデザイン学部合格 河野くん
模試はE判定からA判定へ!勝因は55段階で能動的に学べたこと。いつも気にかけてくださった担任の先生のサポートが何より心の支えになりました。

四谷学院に入学する前は、何とかしなきゃとは思いつつも、部活が忙しい上に、家に帰るとだらけてしまい、テスト前に少し範囲を見直す程度で模試の成績も悪かったです。同じ部活の友達が四谷学院に通っていて勧められ、「ここでなら勉強に打ち込めそうだし、自分の学力を伸ばせる!!」と感じ、入学を決めました。

55段階の先生は指導が細やかで、自分で解くだけでは気づかないような点まで教えていただきました。さらに、自分の予定に合わせて授業を振替えられるので、勉強の予定が立てやすかったです。またテキストは内容がとてもわかりやすい上に、入試問題に応用が利くので、参考書は不要、もらったテキストだけで足りる程でした。55段階があったからこそ、受動的ではなく能動的に勉強するキッカケがつかめたと思っています。テストに合格すると次の級に進めるという仕組みにも勉強意欲を掻き立てられました。入学前にE判定だった模試はA判定に、模試の総合点は1年間で107点もアップしました。成績が伸びたのはやはり、勉強することへの意欲が向上したからだと思っています。また、僕の中で一番大きかったのは担任の先生のサポートです。四谷学院に行くたび、毎回声をかけてくださって、センター前や自分が受験に対して不安に思っているとき、なぜかいつも気づいて「大丈夫?」と聞いてくださったのが、何より心の支えになりました。困ったらまず担任の先生に相談するのが習慣になっていました。

合格を知ったときはとにかくめちゃめちゃ嬉しかったです!信じられなくて受験番号を10回ほど見返したのを覚えています。将来はコンピュータプログラマーとしてAIの研究に携われるように、頑張ります。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ