MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  東京外国語大学を目指す方へ

東京外国語大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真東京外国語大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。東京外国語大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声東京外国語大学に合格した先輩の声

伊澤くん
東京外国語大学言語文化学部 伊澤くん
文転して東京外国語大学に挑戦!入試本番まであと1年弱。
どの予備校でも「合格は難しい」と言われたけど、四谷学院だけが「どうすれば合格できるか」を考えてくれた。
おかげで周りも驚きの合格を実現できました!


どこの予備校に相談しても「それは難しいよ」と言われた。

四谷学院に入学したのはなぜですか?

最初は大手予備校を含めていろいろな塾を回りました。でも僕はそれまで理系だったのを文転して東京外国語大学を受験しようとしてたので、どこに行っても「それはなかなか難しいよ」って言われました。でも四谷学院は僕の話を真剣に聞いてくれて、「それならこういう方法で進めていこう」と具体的な計画を立ててくれて。それで四谷学院に決めたんです。

「解き方」を身につけたことで数学の点数が5割→8.9割に伸びた。

実際の授業はどうでしたか?

僕は数学が苦手だったんですけど、四谷学院のクラス授業で教えてもらって、数学は自分で1から10まで考えて解いていくものじゃなくて、いくつかの解き方を組み合わせて解けばいいんだっていうのがわかりました。

点数の伸びにはつながりましたか?

はい!授業で解き方の引き出しを増やしていくと、この問題見たことあるなっていうのが増えてきて、去年は5割いかなかった得点が安定して8割、ときには9割とれるようになりました。

55段階のおかげで良問だけに時間を使えた。

55段階はどうでしたか?

55段階は、「クラス授業で学んだことを実践できる場所」でした。学んだことをすぐ実践できるというのが良かったです。それから英語はいろんな英文をたくさん読むことができたので、速く正確に読む力が身につきました。自分で問題集を買わなくちゃいけないとどれを買っていいかわからないし、なかには悪い問題集もあると思うので、そういうことに悩む時間を使わずにいい問題だけに時間をかけられたのが良かったです。55段階で先生が教えてくれたこともいろんなところで活かすことができました。

僕の外大合格に高校の職員室がざわついた(笑)。

成績はどれくらい伸びましたか?

偏差値が総合で47から70まで伸びました!

驚異的な伸びを果たしましたね!では、入試本番はどうでしたか?

実はセンター試験で時計を忘れてしまって…。焦りましたけど、時間に余裕を持って終わったので良かったです。四谷学院で出された問題は全部やったので、自信を持って全ての試験に臨めました。

合格したときのことを教えてください。

合格がわかったときは飛び上がりました。すぐ担任の先生のところに行って「受かりました。ありがとうございました」って言って泣きました。授業の先生方も駆けつけて喜んでくれました。高校にも電話したら後ろの方で先生たちが驚いてザワザワしてました。僕、高校のときは偏差値50を切ってましたし、数学なんて偏差値30くらいだったんで(笑)。

最初の時点で諦めないで本当に良かったですね!この1年で自分が変わったなと思うところはありますか?

今まで受験勉強は実生活では役に立たないと思っていましたが、四谷学院で勉強することで「考え方」が身につきました。そして今年身につけたことは、これから大学での勉強や将来にも役立つと思います。

吉川さん
東京外国語大学言語文化学部 吉川さん
成績が伸びていた友達に勧められて四谷学院に入学、私もたった半年で世界史の点数が約30点もアップ!
自分ひとりだったら絶対にここまで伸ばせていないと思います。将来は東南アジア地域の子どもたちに貢献したいです。


成績を伸ばしている友達を見て私も授業を受けてみたいと思った。

四谷学院に入学する前はどんな状況でしたか?

私は習い事でマリンバをやっていました。部活ではなくて習い事だったので、学校の定期テスト期間も関係なく練習がありました。机に向かう習慣は全くなくて、特に苦手なのは世界史でした。

四谷学院に入学するきっかけは?

友達が「まだ塾行ってないの?」って声をかけてくれたんです。それで四谷学院の世界史の授業をお勧めされました。その子は実際に四谷学院に通って世界史が伸びた子だったんで、四谷学院の授業はいいんだろうなって思って。数学もやばかったので世界史と数学を受けることにしました。

自分でも驚くことに世界史の勉強が楽しくなった。

実際、世界史の授業はどうでしたか?

先生の教え方がとても良くて、今までわからなかった世界史の流れを初めてしっかり押さえることができました!一度流れをとらえられると細かい名前や事柄もすらすら覚えることができて、自分でも驚くことに世界史の勉強が楽しくなっていました。人物とか遺跡の写真って、入試本番でも意外と出るんですよ。世界史は半年だけで30点くらい伸びました。自分ひとりだったら絶対にここまで伸ばせていなかったと思います。

数学は正解へのアプローチが増えた。先生方に出会えて良かった。

それでは数学はどうでしたか?

数学はクラス授業と55段階をダブルで受講していたんですが、クラス授業では先生が「こういう解き方もあるんだよ」っていろいろな解法を教えてくれたおかげで、正解へのアプローチの数を増やすことができるようになりました。今まで直線でしか考えられなかった問題が、多面的に解き方がわかるようになった、そんな感じでした。

そうなると初見の問題にも対応できるようになりますよね。では、55段階はどうでしたか?

55段階では問題を解くときも時間配分を考えながら緊張感を持って解いていたので、1人で解くよりも絶対に良かったと思います。級ごとに細かく範囲が分かれているので、ここまではできた、ここからはまだできていない、などと明確にできたので復習もしやすかったです。55段階がなかったら、きっと何がわからないのかもわからないで終わっていたと思います。

どの授業も充実していたんですね。

はい!四谷学院の先生の教え方はとても新鮮で効率もよく、この先生に出会えて良かったと思える授業ばかりで、感謝でいっぱいです。

将来の夢を叶えるために、大学ではカンボジア語を頑張ります!

将来の夢はありますか?

将来は音楽療法が盛んなドイツかアメリカに留学して、語学と音楽の勉強をしたいと思っています。また、そうして学んだ技術を東南アジア地域の子どもたちのために活用していきたいので、大学ではカンボジア語の勉強を頑張ります!

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ