MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  東京理科大学を目指す方へ

東京理科大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真東京理科大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。東京理科大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

先輩の声東京理科大学に合格した先輩の声

木村くん
東京理科大学薬学部合格 木村くん
合格する訳ないと思っていた理科大薬に受かるなんて涙が出るほど嬉しかった!!コツコツ基礎からやり直し、授業は徹底的に理解度重視。四谷学院でなければこの結果はありえませんでした!

現役時全落ちだった僕がまさか理科大薬に受かるとは!

合格おめでとうございます!

ありがとうございます。まさか届く訳ないと思っていた理科大薬学部に合格できて、涙が出るほど嬉しかったです。

昨年は理科大なんて考えられなかった?

はい。現役時は工学部と薬学部を何個も受けたのですが、英語が全くできず全落ちでしたから…。

今年はどうして四谷学院に?

以前は受身の集団授業で見栄をはって上のクラスにいたのですが、予習どころか復習もできず、全然成績が伸びませんでした。その失敗を踏まえて、選んだのが四谷学院です。苦手な英語は55段階で基礎からコツコツやり直し、授業も自分の実力に合ったところで受けたいなと。

英語が130→170点にアップ!

実際に55段階を受けてみてどうでしたか?

できなかった問題は「僕がどう考えて解いたのか」聞いてから解説をしてくれるので、なぜ間違えたかがすぐわかるようになりました。英文法も一つひとつ理由をつけて解けるようになり、構文を分解して正確にとらえられるようになった結果、的外れな和訳がなくなりました。

着実なステップアップが伸びにつながったんですね!

そうですね。最終的にはセンター英語が130点から170点まで伸びて、本当に基礎から始めて良かったと思いました。

得意科目をさらに得意に、苦手科目は底上げしてくれる。

クラス授業はどうでしたか?

科目ごとの実力を測ってレベルを決めてくれるので、得意不得意の差が激しい自分にぴったりでした。得意な数学・化学はさらに力を伸ばし、苦手な英語を底上げする形にした結果、繰り返しになりますが、まさか受かると思っていなかった理科大に届いて嬉しかったです。

無理な背伸びをせず、着実に理解していくことが重要ですよね。

本当にそう思います。それに、先生方も良い方ばかりでした。テストや模試の結果を毎回気にかけて、できなかった問題を丁寧に教えてくれましたし、添削プリントも毎回チェックしてくださって、記述問題がすらすら解けるようになりました。成績が爆発的に伸びたのは、まず生徒に答えさせて考えさせながら進めるという、四谷学院の授業スタイルのおかげだと思います。

勉強が楽しくなった1年。四谷学院を選ばなければこの合格はありえませんでした!

最後に受験生活を振り返って、感想をどうぞ!

この1年は55段階で納得するまで先生に質問し、授業が終わった後は自習室で復習して帰る日々を過ごしました。自習室は長時間いても快適で、その結果、成績が伸びても「たまたま」でなく「しっかり実力がついた結果」だと感じることができました。四谷学院を選ばなかったら、この素晴らしい結果はなかったです。ありがとうございました!

野田くん
東京理科大学薬学部合格 野田くん
英語38 → 68、数学40 → 60、化学42 → 64総合45 → 64。これ全部、偏差値の推移です。どんな質問にも答えてくれるレベルの高い四谷学院の先生方を信じれば必ず合格できますよ!

すべての科目が偏差値40前後。勉強習慣がなく、成績は下降していました。

入学前の状況を教えてください。

もともと勉強の習慣がなく、成績も低下気味だったのですが、四谷学院に入学してからはその習慣ができ、効率良く勉強できるようになりました。

どうして勉強習慣が身についたんでしょう?

55段階のおかげです。まず、好きな曜日に気軽に先生へ質問できるのが55段階の最大の利点です。部活などで忙しいときは振替もできるし、夏や冬の長期休暇には一気に進めることができました。

クラス授業でインプット、55段階でアウトプットできるのが「ダブル教育」の一番の良さ。

確かに夏や冬は集中して勉強するチャンスですよね!

そうなんです。55段階は普段のクラス授業だけでは難しい「知識のアウトプット」ができるので、そのダブル教育最大の利点を自分の思いのままに利用し、計画的かつ大量に進めることができました。おかげで効率良く知識を定着させられましたね。

テキストはどうでしたか?

55段階のテキストはバランスが良く、基礎の定着に最適でした。これに従って一つひとつ合格していけば、モチベーションも上がるし、着実に力をつけることができると思います。

高いレベルの講師・担任に囲まれ、安心して勉強に専念できました。

クラス授業の先生はどうでしたか?

どんな質問にも納得のいくように答えてくれるので、そのレベルの高さのおかげで疑問点はすぐに解消できました。

担任の先生ともよく相談されたそうですね。

はい。担任制度はとても良かったです。自分の時間割やスケジュールに合わせて、柔軟に勉強計画を立てるのを手伝ってくれました。また、勉強に行き詰まったときや模試の成績が振るわなかったときなど、一緒に解決策を考えてくれたことがありがたかったです。

お気に入りの施設はありましたか?

四谷学院の自習室は必ず席を確保できるので待ち時間がなく、受験生にとっては時間のロスがなくて大助かりでした。

30点だった化学がセンター本番で100点!もう最高の気分でした。

今年1年を振り返ってみて、いかがですか?

僕は受験生の中でもかなり苦労した部類なのではないかと思いますが、何とか乗り越えることができて良かったです。特にセンター試験本番で化学100点がとれたときは、本当に最高の気分でした。

満点はすごいですね!それでは最後にメッセージをどうぞ。

先生や受付スタッフのみなさま、合格まで支えていただき本当に感謝しています。みなさまの協力や励ましのおかげで乗り越えることができました。後輩のみなさん、先生やスタッフを信じていけば必ず合格します。何より自分を信じて、頑張ってください!

石井くん
東京理科大学薬学部合格 石井くん
数学は偏差値72、化学は74をマーク!四谷学院の1年で身につけた「基礎力」そして「あきらめない力」は、今後の人生に役立つ素晴らしい経験でした!

四谷学院の最も良い所は、やはり他の予備校にない55段階というシステムだと思います。先生にいつでも気軽に質問できて、きっちり理解できるまで教えてくれるので、取りこぼしのない状態を維持することができました。また55段階のテストを行う際には、わからなかったらすぐに先生に提出してしまうのではなく、本当にどうしてもわからないと思うまであきらめずに問題を考えるという事が重要だと思います。そういう事を日ごろからやっていけば、自然と「あきらめないでやり切る力」というものが身につきます。

僕は現役の時に入試問題で全くわからない問題が出て、頭が真っ白になり、あきらめて考える事を放棄してしまいました。でも浪人してそういう力を身につける事で、あきらめずに問題を解ききる事を何度も実現することができ、それが志望校合格にもつながったのだと思います。またクラス授業は少人数で、テキストも基礎を固めつつ発展をやっていく形式だったので、非常に効率良く応用力をつける事ができました。

四谷学院での一年間は、志望校に受かるための一年間としてだけでなく、今後の人生に役立つ素晴らしい経験であったなと思います。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ