MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  筑波大学を目指す方へ

筑波大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真筑波大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。筑波大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声筑波大学に合格した先輩の声

髙橋
筑波大学人文・文化学群合格 髙橋
55段階で“「できる」のその先”が見えてきた。センター本番では自己最高点を更新。英語の偏差値は73.4まで上昇!四谷学院は、志望校合格を勝ち取るのに最適な環境でした。

「なんで私が!?」が現実に。でも、納得感があった。

筑波大合格、おめでとうございます!

「なんで私が、筑波大に!?」これに尽きます。本当に現実になりました!ただ、それだけではなくて、「これだけやったんだからそりゃ受かるよな」という納得感もありました。

髙橋君は、四谷学院の55段階に魅力を感じて入学してくれたんですよね。

はい。問題演習をその場で採点、添削してもらえることで、基礎の穴も見つけられるというシステムに魅力を感じました。しかし、55段階を実際にやり始めてみると、魅力がそれだけではないことがわかったんです。

固めた基礎を活かして応用へ。数をこなせるから「手が覚える」。

感想を詳しく教えてください!

55段階は、最初のほうの問題で基礎を固めていったら、最後のほうの難しい問題でそれを活かすといった感じで進めていけるので、難しい問題にも的確な根拠を伴ったアプローチをかけることが可能になりました。より深いところまで、知識を掘り下げることができたんです。また、数をこなしていくことによって問題に慣れていくので、試験本番の緊張した状態でも、かなり落ち着いて取り組むこともできました。手が覚えてるんです。

なるほど。しかも添削はプロの先生で1対1だから、心強いですよね。

はい!55段階の先生方の指導は、非常にきめ細やかで丁寧かつ親切でした。おかげで、1人でやっているだけでは決して見えてこない“「できる」のその先”が見えてきて、勉強が楽しくなりました。ここまで身につけられる環境を準備できるのは55段階ならではだと思います。

英語偏差値は73.4まで上昇!難問への恐怖がなくなった。

クラス授業はいかがでしたか?

充実していました!問題の解き方やアプローチのかけ方、答案の仕上げ方まで丁寧にわかりやすく教えてもらえたので、難問に対する恐怖もなくなりました。また、そういった難問の類も結局は基礎の組み合わせであることを認識させてくれて、目からウロコだったことが印象的です。

成績の伸びも教えてください。

英語の偏差値が一番伸びて、最高で73.4を出したことがあります。そしてセンター試験本番では総合点で自己最高点の662点でした。志望校判定は最高でB判定まで伸びました。

素晴らしい伸びでの合格でしたね。おめでとうございます!四谷学院での1年間、いかがでしたか?

四谷学院には最後まで頑張り抜くために必要な要素が十分に備わっていました。志望校合格を勝ちとるのに最適な環境でした。私が第一志望に合格できたのは、またそれに向かって頑張り続けることができたのは、先生方、スタッフの方々のみなさんのサポートあってこそだと本当に感謝しています。ありがとうございました。

最後に、後輩のみなさんへメッセージをどうぞ!

たった1年の浪人生活、思う存分楽しんでください!応援してます!

数野
筑波大学理工学群合格 数野
受験校全落ちだった現役時代・・・。そこから1年で苦手だった物理は40点以上アップ、総合点は150点以上アップして第一志望に合格!学力が伸びていくのを実感しながら勉強できました。

センターはボロボロ、受験校は全滅…。本当にゼロからのスタートだった。

現役時代の受験はどうでしたか?

現役時代はセンター試験が総合で532点とひどく、私大も国立大も全て落ち、浪人することになりました。今思うと、四谷学院に入った当初は本当に学力ゼロからのスタートだったなと思います。

かなり成績を上げなければならない状態からのスタートだったんですね。

疑問点はすぐに解消できる。他のどの予備校にもない利点だと思う。

四谷学院での勉強はどうでしたか?

現役のときも1年間受験勉強をしていたにも関わらず、四谷学院で学ぶ知識は初めて知ることばかりでした。四谷学院に入って特に良かったと思うのは、やっぱり55段階指導です。先生は本当に基礎基本から教えてくれましたし、1対1での指導だったので生徒一人ひとり違う弱点を懇切丁寧に指摘してくれました。それに、どの科目でも疑問点があればすぐに質問ができました。これは他のどの予備校にもない利点だと思います。

毎回「疑問を残さない」というのは、学力を伸ばすうえで不可欠ですよね。それではクラス授業はどうでしたか?

クラス授業は科目別にレベルが分けられていたのが良かったです。扱われる問題は難易度が高いものもありましたが、取り組みがいのあるものばかりでした。また、クラス授業も授業後に質問ができたので、その日教わった知識をすぐに自分のものにできたと思います。

物理は37→78点にアップ!総合点は532→683点にアップ!

この1年間、伸びを実感したことはありましたか?

はい、模試の結果を見て着実に学力が伸びているのを実感しながら勉強できていました。特に苦手だった物理は37点→78点まで伸び、昨年のセンター試験では532点だった総合点は9月の模試で630点、今年のセンター本番では683点と150点以上も伸びました。

1年間で150点アップとは!すごい伸びですね!合格したときはどんなお気持ちでしたか?

僕は入学当初から国立一本で私立に行くつもりはなかったのですが、正直前期で合格できるとは思っていませんでした。自分の受験番号を見つけたときは嬉しさよりも驚きの方が大きかったです。自分の目を疑い、受験票とパソコン画面を何度も照らし合わせて確認しました。

四谷学院で勉強するうちに自分がなりたい教師像が変わった。

第一志望合格、本当におめでとうございます!最後に今後の抱負を聞かせてください。

僕は中学の頃から教師になりたいと思っていました。だから現役のときは教育学部を第一志望にしていましたが、浪人して四谷学院に入り、クラス授業や55段階指導を受けているうちに、まずは理系学部に行って理系分野を専門的に勉強してから教師になりたいと思うようになりました。大学では四谷学院で毎日勉強し続けた経験を活かし、今まで以上に勉学に励みたいです。

岩佐
筑波大学社会・国際学群合格 岩佐
生徒一人ひとりに合った指導で英語の偏差値10アップ!ステップを踏んで勉強できる55段階で国語は103点→センター本番178点にアップ!高倍率だった第一志望に現役合格できました!

5.1倍の狭き門を突破し、第一志望の筑波大に現役合格!

まずは筑波大に現役合格おめでとうございます!

ありがとうございます!筑波大の合格掲示板で自分の受験番号を見たときは、感動のあまり泣きそうでした。今年の筑波大の競争倍率は5.1倍と高かったので、狭き門をくぐり抜けられて嬉しいです。

合格するのに十分な実力がついていたということですね!ところで、岩佐くんが四谷学院に入学したきっかけは?

四谷学院に入学したのは親に勧められたのがきっかけです。55段階を知って四谷学院がいいんじゃないかって。僕の周りの友達は大手予備校に通っている人が多かったので僕も最初は大手に行こうと思っていたんですが、大手だとマイクでの大人数授業ですし、四谷学院には少人数のクラス授業と55段階があって生徒一人ひとりに対して丁寧に指導してくれそうだと思ったので、四谷学院に決めました。

自分の弱点を直してもらうことで英語の読み方が劇的に変わった。

実際のクラス授業はどうでしたか?

実際、クラス授業は少人数で、先生は生徒の習熟度や理解度を把握してくれて、「あなたはここがわかっていないね」というように一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれました。

伸びた科目はありますか?

特に伸びたのは英語です。それまでは適当に区切りながら読んでいたのですが、構文をしっかりと教えてもらうことで英文の読み方が劇的に変わりました。高2の頃は偏差値が55くらいでしたが、高3の8月には67.1まで上がりました。

偏差値10以上の伸びとはすごいですね!


55段階の大きな利点は習った知識が定着すること。

では、55段階はどうでしたか?

55段階も良かったです!55段階は一つひとつステップを踏んで勉強できます。つまずいたところはもう一度できるし、一定のところまで進むとそれまでのところをまとめて復習できるので、知識が定着するのが大きな利点です。55段階で特に良かったのは国語でした。

どんなところが良かったですか?成績は伸びましたか?

はい、古文はまず文法をしっかり固めることで、初見の問題でも解けるようになりました。現代文は読解に必要な知識、例えば「アイデンティティ」など言葉の意味を理解しているのとしていないのとでは読解の理解度が変わります。そういった知識まで55段階でしっかりと身につけられたのが良かったです。国語は高3夏の時点ではマーク模試103点しかとれませんでしたが、センター本番では178点をとることができました!

大学では経済の知識を極めたい。

学力が大きく伸びて、第一志望にも合格できて、充実した1年でしたね。最後に大学での今後の抱負を教えてください。

大学では経済の知識を極めたいと思っています。また、留学を通じてグローバルな視点を身につけ、物事を客観的に見極める力を養うとともに、現代の日本の参考にできることを探していきたいです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ