MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  大学受験情報  >  横浜国立大学を目指す方へ

横浜国立大学を目指すなら、予備校四谷学院!

合格写真横浜国立大学に合格するためにはどんな勉強をすればよいのでしょうか?難しい授業についていくこと?ハイレベルな問題に取り組むこと? いいえ、違います。横浜国立大学に合格した先輩たちは、「何よりも大切なのは基礎!」と口を揃えて言います。それでは基礎をしっかり固めて、なおかつ志望大学に合格するにはどんな予備校を選べばよいのでしょうか?

合格した先輩の声横浜国立大学に合格した先輩の声

井上さん
横浜国立大学理工学部合格 井上さん
センターの総合点が586→715点にアップ!
飛躍的な学力アップを実現するために必要なのは、なぜ間違えたのかをたどり、「考え方」から正すこと。
先生方は最後の最後までサポートしてくれました!


現役の頃にしていたのは「間違った努力」だった。

現役受験はどうでしたか?

現役のときは、とりあえず毎日勉強していれば大学に合格できると思っていましたが、結果はどこにも合格できず浪人することに…。変な頑張り方をしていただけだったと気づきました。

成績を伸ばすためには「正しい勉強」が必要ですね。浪人するにあたって四谷学院に入学したのはなぜですか?

「ダブル教育」があったからです。科目ごとに自分のレベルに合う授業が受けられ、55段階のテストで自分の弱点を見つけられるというところに魅力を感じました。

55段階で自分の手で答案を作成し、その答案と“考え方”を見てもらう。

実際のクラス授業はどうでしたか?

すごくいい授業でした。どのクラスも少人数で、先生は私たちの反応を見ながら授業を進めてくださったので、ついていけないということがありませんでした。それから四谷学院には面白い先生がたくさんいます。面白いだけでなく先生方の専門科目への熱意が伝わってきたので、先生の授業についていこう、頑張って理解しようと思いながら勉強できました。

モチベーションを保ちながら勉強できると、吸収できる知識の量も変わってきますよね。では、55段階はどうでしたか?

55段階のテストではテストをした直後に1対1で解説していただけたので、自分が問題をどのように考えて間違えてしまったのかをたどることができ、すぐに考え方を修正することができました。

なぜそう解答したか記憶があるうちに指導を受けられるか、時間が経って記憶が薄くなってから指導を受けるかでは学べることに大きな差が出ますからね。

本当にそう思います。それから私は55段階のテストで手を動かして問題を解くことの大切さも実感しました。手を動かすことで自分の考えを整理することができ、実際に採点してもらうことで解答の書き方も学ぶことができました。

井上さんは入試の本当に直前まで55段階を受けていたそうですね。

はい、55段階では受験直前になってもテストや指導を受けることができたので。先生方が最後の最後までサポートしてくださいました。

ずっと目指していた大学に合格。浪人して頑張って良かった!

合格を知ったときのお気持ちは?

浪人したからには良い大学に合格しなければと思っていたので、大学の合格発表のページで自分の受験番号を見つけたときは何よりもホッとしました。現役生のときから目指していた大学でもあり、両親にも国公立大学に行ってほしいと言われていたので、とにかく安心しました。浪人してもう1年頑張った甲斐がありました。

井上さんが行きたい大学に進学できて良かったです!

ありがとうございます!先生方やスタッフさんが指導とサポートをしてくださったのでここまで頑張れましたし、志望校に合格することができました。本当に感謝しています。これからも元気で明るく温かい四谷学院であってほしいです。

大井くん
横浜国立大学経営学部合格 大井くん
第一志望は自分の学力よりずっと上、受かる自信はなかった。
それが1年で総合点を189点伸ばして現役合格!
四谷学院のシステムを最大限に利用して継続的に勉強できたことが合格の理由だと思います。


志望校は自分の学力以上。でも、諦めなくて良かった。

見事、第一志望に合格ですね。おめでとうございます!

ありがとうございます!僕は自分の学力よりずっと上の大学を志望校にしていたので、正直受かる自信はありませんでした。それでも最後まで志望校を変えずに勉強し続けて良かったです。四谷学院のシステムを最大限に利用して継続的に勉強できたことが、第一志望大学に合格できた理由だと思います。

クラス授業も55段階も先生がすごく良かった。

四谷学院との出会いのきっかけは?

僕は兄も姉も四谷学院に通っていたので、僕も説明会に行って、それで決めました。それまでまともに勉強したことがなくて勉強の基礎が全然できていなかったんで、55段階なら基礎から学べると思ったんです。あと、クラス授業もあるのでバランスよく勉強できると思いました。

実際の授業はどうでしたか?

四谷学院の授業では、先生にとても恵まれたと思います。僕は特に現代文が苦手で勉強しても伸びないだろうと思っていたんですが、四谷学院の授業を受けてすぐに、今までのやり方や考え方は間違っていたんだって気づきました。先生に教わった通りにやるようにしたら自分ひとりでも解けるようになって。それに授業の内容自体がすごく面白くて、毎週授業が楽しみでした。

学力を伸ばすためには先生の良さってすごく重要ですよね。では、55段階はどうでしたか?

55段階も先生が良かったです!例えば英語の先生は自分の苦手なところとか間違える特徴まで把握してくれて、「この前も同じような問題で間違えてたよ」などと指摘してくれました。単語はどれくらいまで覚えた方がいいとか、効率のいい覚え方とか、そういう勉強方法まで教えてくれて。入試直前も自分が受ける大学を把握してくれていて「この大学はこういう問題が出るよ」って教えてもらえたのが良かったです。古文も、もし55段階がなかったら助動詞から覚える機会なんてなかったと思うので、基礎ができていないまま応用とかやって訳がわからない状態になっていたと思います。

総合点は1年弱で480点→669点にアップ!

学力はどれくらい伸びましたか?

5月のマーク模試では総合点が800点中480点でしたが、夏には542点、秋には605点と順調に伸びて、センター本番は669点をマークすることができました!

四谷学院では勉強の楽しさやこれからも役立つ考え方を学べた。

たった1年弱で189点も伸びたとは!すごいですね。この1年で大きく成長できましたね。

はい!点数だけじゃなく、四谷学院の授業では現代文の面白さやこれからも役に立ちそうな考え方とかも学べたので、充実した勉強ができたと思います。今までの自分は最低限のことしかやらない自分だったんですけど、大学ではいろんな経験をしていきたいです。

合格体験記をもっと見る パンフレット請求をする

ダブル教育四谷学院だけのダブル教育って何?

四谷学院には独自のダブル教育システムがあります。 通常の予備校では、集団授業を受ける形がほとんどですが、授業を聞いてわかったつもりでいても、テストで点が取れない、ということが現実にはよく起こります。これは、理解した知識が自分の中にしっかり定着していない、ということです。
だから、四谷学院では科目別能力別の集団授業と、問題演習を行いマンツーマンで指導してもらう「55段階」の2つの勉強形態を用意しました。この2つを組み合わて勉強することで、授業では理解し、55段階では得点力を伸ばし…という好循環が生まれ、学力が飛躍的に伸びるのです。この他にはない「ダブル教育」こそが、四谷学院が多くの受験生に支持される理由です。
  • 科目別能力別授業

    科目別能力別授業 四谷学院では、「学力診断テスト」で科目ごとにきめ細かくクラス分けされます。得意な英語は選抜クラス、苦手な数学は基礎クラス、だから授業の内容がきちんと理解できます。レベル診断テストは毎月実施。いつも最適なクラスで授業が受けられます。
    さらに、100名などの大人数クラスはありませんので、先生がみんなの表情を見て授業を進められるから、程良い緊張感と同時に質問しやすい雰囲気で、アットホームかつ授業に集中できる環境が整っています。
  • 55段階個別指導

    55段階個別指導 クラス授業で「わかった」ことを、「点が取れる力」に高めるのが55段階個別指導です。科目ごとに中学レベルから東大レベルまで55段階の細かな項目を一つひとつ確認していくことで、入試で得点できる学力を効率よく身につけていきます。自分では気づかなかった弱点や、あいまいに理解していたところは、プロの講師がその場で個別に指導してくれます。しかも自分のペースで進めることができるから、得意科目はドンドン先に、苦手科目はじっくり進めて、確実な学力をつけていくことができます。

こだわり四谷学院はこだわり続けます。

夏期講習のひとコマ四谷学院は30年以上にわたって、どうすれば学力が伸びるのか、楽しく勉強するにはどうしたらよいかを研究し、独自の学習カリキュラムを開発してきました。四谷学院にはまったく勉強のできなかった人を、たった1年で志望大学に合格させるノウハウがあります。
「できない」のは、才能がないからではなく、能力を引き出す正しい勉強法で学習していないから。「誰でも才能を持っている」これが昔から変わらない四谷学院の理念です。 だから、これからも成績の良い生徒を無料にする特待生制度はありません。 あくまでも学習システム自体の良さで結果を出す予備校であることにこだわり続けます。

△このページのトップへ