MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > ゼロから大逆転 > 髙野くん

ゼロから大逆転

本人も驚く感動の合格ストーリー!

国公立理系

髙野
髙野 (県立仙台第一)
  • 東京大学理科一類
  • 早稲田大学先進理工学部

D判定だった東大模試でA判定連発!自分の求めていた学習ができるのは四谷学院のダブル教育だけでした。

私は高校生のころから東大を目指していましたが、現役時・一浪時は予備校に通わず、通信教材を用いて勉強していました。しかし、どちらの年の受験でもセンター試験ではそれなりに得点できたのですが、二次試験となるとまるっきり歯がたたず、自分には根本的な基礎の理解と絶対的な演習量が足りていない、と痛感しました。
そこで、東大に再挑戦するにあたって必要だと考えたのは、基礎の本質を学び直した上でたくさんの問題をこなし、気軽に質問できる先生がいる学習環境だったのですが、この難しい要求に全て応えてくれたのが四谷学院のダブル教育だったのです。
55段階で基礎の土台を固めつつ、並行してクラス授業で二次力をつける。そして気さくで質問しやすい先生方に見守っていただきながら疑問点は即座に質問・解消してその問題を自分のモノにする。この手順を習慣化して地道に繰り返すことによって徐々に難しい問題に対応できるようになり、一浪時まではD判定だった東大模試でA判定を連発するようになりました。さらに、先生方やスタッフのみなさんの温かい激励のおかげでモチベーションもうなぎ登り。最後まで気が緩むことなく、課題だった二次試験の弱さを克服し、悲願の東大合格をつかむことができました。
合格を手にしたいま、自分自身もちろん大喜びしていますが、ずっと支えてくださったみなさんにこの報告をお届けできることに安堵し、幸せな気持ちです。ご指導・ご支援、本当にありがとうございました。

△このページのトップへ